google-site-verification: google8481b13aeb28de24.html

高血圧とヒュウガトウキ

 

血圧(高血圧)・血糖を下げたい人(糖尿病)のスペシャリスト~薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)

薩摩藩の門外不出の秘薬~神草ヒュウガトウキ(日本山人参)

薩摩藩の門外不出の秘薬~薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)

高血圧のことを、別名”静かなる殺し屋”ともいいますが、それは何の自覚症状もなく、突然に心臓病や脳卒中で死に至る病気になるからです。ただ高血圧はそのまま放置せず、初期の段階から生活習慣の見直しを行いながら、薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)を飲むようにすれば、怖がることは全くありません。

なぜなら薬草 ヒュウガトウキ(日本山人参)は、動脈硬化など根本原因を改善しながら、高血圧や糖尿病で苦しんでいる人の血圧・血糖を下げてくれるからです。いわば血圧・血糖を下げたい人のスペシャリストだといえます。(※血糖値の改善の記事は「糖尿病」をご覧ください。血圧を下げる薬や健康食品とは働き方が全く違うのです。しかもいくら飲んでも副作用の心配もありませんから、安心です。

血圧を下げたい高血圧の人にとって、薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)は動脈効果も防いでくれるのです。

 高血圧の初期の段階は、最低血圧が上がり、最高血圧はあまり上がらないというのが特長です。それは動脈硬化などで毛細血管(抹消の血管)の抵抗が増しているからです。
年齢的に特に気をつけないといけない時期は、男性は40歳代、女性は50歳代です。この時期から血圧が高い人が急速に増えはじめます。
血圧を下げたい人にとって、薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)は動脈効果も防いでくれるのです。

  

高血圧症の人で血圧を下げたいと思ったら、
まず自律神経のバランスを!

高血圧症の人で血圧を下げたい人は、まず自律神経のバランスを整えることです。自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位の状態になると、血管の収縮が強まり、血圧も高くなります。そして、それが持続すると高血圧症になってしまいます。

日本山人参は朝鮮人参?

日本山人参は朝鮮人参?

 

 

驚いたことに薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)には副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整える働きまであるのです
ストレス・運動・肥満・飲酒・喫煙・減塩(余分な塩分を対外に排出するカリウムの摂取)などに注意していくことが、一般的に言われる血圧を下げる秘訣ですが、薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)を飲用すれば、さらに効果が期待できます。

 

高血圧症の人が血圧を下げるには、
まず血液をサラサラ状態に!!

高血圧症の人で血圧を下げたいと思ったら、継続して飲み続けることによって、血栓を防いで、しかも血液の流れをよくし、動脈効果を防いでくれる健康食品や薬草があれば、それが一番だと思いませんか?

同時にインスリンの分泌を促す健康食品があれば、糖尿病患者で高血圧の人には理想的だと思いませんか?

ヒュウガトウキ(日本山人参)はそんな人の切実な願いをかなえるのに最も適した薬草なのです。

血圧を下げる薬は、下げるという1点においては、有効ですが、高血圧の原因を取り除くことはできません。しかも副作用の心配で、血圧を下げる薬を飲み続けることにより、自律神経の働きを狂わせて、免疫力を低下させますので、合併症などの副作用が心配です。
ヒュウガトウキ(日本山人参)は、いくら飲んでも副作用の心配もなく、
血液をサラサラ状態にしてくれます。そして結果として血圧も下がってくるのです。

特に高齢者の場合は急に血圧を下げ過ぎると良くないので、まず血流をサラサラ状態にして、結果として血圧を下げてくれるヒュウガトウキ(日本山人参)の方が安全といえます。

 

医者にはかかりたくない!

医者にかかりたくない人はヒュウガトウキ(日本山人参)で!

血圧降下剤としてACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬という薬があります。このACE阻害薬は、腎臓に働いて血管を広げ、血圧を低下させる物質(ブラジキニン)が欠乏しないようにする血圧降下剤です。

 

なんとヒュウガトウキ(日本山人参)は、アンジオテンシン変換酵素阻害物質まで含んでいるのです。

 

まだ信じられない人は、たまたま私が見つけた「民間生薬研究会 最前線レポート」を読んでみてください。薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)が血圧を下げたい人にとっていかに有用な薬草であるか、よーくわかって頂けると思います。

 

民間生薬研究会 最前線レポートより】

 「人は血管から老いる」といわれるように、血管内をスムーズに血液が流れる状態を保つことが健康の条件といえるでしょう。
この血管内皮細胞に傷が入ると血栓ができ、加えて老化現象や生活習慣病、病気の原因となる活性酸素も発生します。さらに血小板の凝集によって血液の内腔が細くなると、動脈硬化を引き起こします。また動脈硬化は高血圧の一因にもなります。
ヒュウガトウキを服用することにより、体内物質「PG(プロスタグランディン)」がスムースに働くようになります。この体内物質PG(プロスタグランディン)には血管拡張作用、血小凝集抑制作用、局所の血流増加作用、睡眠誘発作用、動脈を開く作用などがあり、特に「PGI2」と呼ばれる物資は動脈硬化の危険因子を抑制する働きをします。これらのPGが活発に働くことにより血液の循環は改善され、結果的に血圧が下がります。また過酸化脂質も減少し、血小板を凝集させにくくする働きもあります。

※薬草ヒュウガトウキには、過酸化脂質を低下させる作用があることもわかっています。

 

 薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)には、血圧・血糖を下げる効果のほかにも、下のようなさまざまな効果があります。成分なども含めた具体的情報を知りたい方は、「医学博士公認ヒュウガトウキ!」をご参照ください。

Hyugatokikounou_3

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)

 

また下記のフォーマットかお電話でお気軽にご連絡ください。誠意をもって対応いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

お電話は何でもお気軽に!

お電話は何でもお気軽に!