1. TOP
  2. 40代女性(更年期)性欲あれこれ|男性がアーシングすると?

40代女性(更年期)性欲あれこれ|男性がアーシングすると?

 2017/08/23 40代からの若返り この記事は約 8 分で読めます。 54,768 Views
性欲

女性の場合、40代(更年期)になっても性欲が強いことを気にする人がいます。

でも、性欲が強いってことは決して恥ずかしいことではありません。

 

何故なら、性欲が弱くなると、男も女も脳や内臓など全身が老ける原因になるからです。

逆に性欲が強ければ、40代からのシワ・メタボ・ボケ・更年期障害なども退くのです。

 

もし、あなたが性欲の衰えを感じたら、アーシングと日本山人参という薬草をお勧めします。

 

あなたの性欲の強さチェック

性欲が強い

出典:doctors-me.com

性欲は、円滑な男女関係にとって欠かせないエネルギーです。

それだけでなく、性欲は活動の原動力にもなるのです。

 

40代からの若返りという点からも、常に異性への関心を持ち続け、性エネルギーを高める必要があります。

 

上のDoctors Meで”性欲の強さ診断”ができますので、是非あなたもチャレンジしてみてください。

 

性欲の衰えを感じたら・・・・

精力増強剤とは根本的に違う!40代からの性の衰えには・・・

あなたの性欲の診断結果はいかがでしたか?

もし、性欲が弱いようでしたら、日本山人参という薬草を飲みながらアーシングすることをお勧めします。

 

日本山人参という健康茶は、飲んでみればわかるのですが、性機能を活発化させる働きがあります。

女性に対しても同様の働きがあり、たとえば閉経期の女性が他の目的で日本山人参(ヒュウガトウキ)の服用を始めたところ、生理が再開して慌てたというケースが多数報告されています。

 

男性の場合は、日本山人参を飲むようになってから、精力が増したというのは、良く聞きます。

ただ、女性の場合、そいうことを言う人はいませんので、はっきりしたことはわかりません。

 

また、日本山人参(ヒュウガトウキ)は、「ストレスによる心因性のインポテンツには、副作用もなく、もっとも安全に反応する生薬であると考えられます。」と、ヒュウガトウキ研究の第一人者である水野修一先生は、本の中で書いておられます。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)には、ストレスを緩和する働きもあるのです。

更年期のイライラ解消にもなります。

性の衰えには○○、でも精力増強剤とは根本的に違う!

 

男性がアーシングすると

朝勃ちしないことから始まる男性の更年期?

この事実は、アーシングという本に載っていたものです。

アーシングをして夜眠った結果として、「よく勃起するようになった」と何人かの男性が伝えています。

これは循環がよくなったことによる1つの結果です。

年配の男性たちも夜中にトイレに行くことが少なくなったと報告しています。

これはおそらく、前立腺炎症が改善されたか、睡眠が深くなったからでしょう。

アーシングって何?

 

性欲が強いことは若々しさの象徴?

性欲が沸かないワケ

出典:NANEA

上のNANEAの記事は、健康と美を追求する女性のこだわり整体師が綴ったものです。

若い人でもしたいと思わなくなるワケについて、思わず”なる程”と思ってしまいました。

 

でも、性欲は若々しさの象徴です。

女性の本音の動画によると、女性でも性欲が湧いたら、実に70%近くの人が、○○をしているとのことです。

 

それは、性欲が生きる上で必要不可欠の欲望だからです。

食欲や睡眠欲基本的には何ら変わることはないのです。

また、性欲は次のような効果もあり、若返りには欠かせない欲望と言えます。

 

ドーパミン、セロトニンといった脳内ホルモンが増える

脳内ホルモン

出典:ohara-ch.co.jp

性欲が衰えず、強いと脳内ホルモンも増えます

脳内ホルモンが増えるということは、脳の神経細胞が活気づいている現われです。

脳の機能がアップし、物忘れやボケを退けるのに役立つのです。

 

自律神経のバランスの乱れが整って、免疫力も高まる

自律神経のバランス

出典:health.suntory.co.jp

性欲が強いと自律神経のバランスが整って、ストレスに強い体になります。

そして、血流や内臓の働きがよくなり、ウツ・不眠・めまいから、高血圧・高血糖・ガンまで退けるのに役立ちます。

さらに、満腹感を得やすくなり、メタボ防止にもいいのです。

 

男性ホルモンや女性ホルモンが増える

男性ホルモン、女性ホルモン

出典:01jun.net

性欲が強く男性ホルモンが増えると、筋肉や骨を強めます。

女性ホルモンは特に肌の老化を防ぐ効果が大きいです。

 最近、男性にも増えている更年期障害を予防・改善するのにも役立ちます。

 

性感で感じる快感は、脳の重要な器官を刺激する

性欲は下図のように男と女ではそのピークに大きな差があります。

でも、中高年になると、男も女も急速に性欲は弱くなります。

性衝動の経年変化

 

また肉体的にも、男性なら充血力がなくなってきたり、女性なら潤いが不足したりして、性的なことから遠ざかってしまう傾向にあります。

実はこれらの性欲減退は、私たちが若々しく元気に生きていくためにはあまりいいことではないのです。

 

もちろん、充実した仕事、親しい友達との交流、没頭できる趣味なども若々しく元気に生きるために欠かせません。

しかしながら、性の若さ、つまり性欲の強さはもっと欠かせないのです。

 

これは、医学的にも説明がつきます。

端的に言えば、性欲が弱くなると、脳内ホルモンや性ホルモンが減ったり、自律神経のバランスが乱れたりするため、脳や内臓、肌などの全身が老けてしまうからです。

 

性欲=目合う(まぐあう)こと

性欲=セックスではありません。目合うことなんです。

目合うとは、目と目を見合わせて愛情を通わせるという意味もあるんです。

 

性欲があると、

H動画をみたいという衝動に駆られることもあるでしょう。

それだけでなく、恋愛感情も生まれます。

ただただ、異性への関心を持ち続けることだってあります。

 

うれしく思ったりウキウキした気分になったりして、いわゆる「快感」という刺激を感じると、それが脳の視床下部という部分に伝わります。

この視床下部は、とても重要な脳の器官なのです。

ホルモンや自律神経、免疫の中枢が集まっているのです。

 

そして、心地いい刺激により視床下部から全身にいろいろな指令が出ます。

そのさい脳から快楽ホルモンと呼ばれるドーパミンが分泌されます。

男なら睾丸から男性ホルモン、女なら卵巣から女性ホルモンの分泌が増えたりします。

 

自律神経や内臓にもいい影響が

性欲が強く、異性への関心を持ち続け目合うと、脳だけでなく、自律神経や内臓にもいい影響を与えます。

 

乱れがちな自律神経のバランスが整ってきて、心臓の拍出量(心臓の拍動によって全身に送り出される血液量)が増えたり、血管が拡張したりして血流が増えます。

 

それとともに、内臓の働きも活発になります。

こうして体内の状態が活気づくことによって、血液中の白血球なども増え、免疫力が自然に高まるのです。

 

40代から女性の性欲が高まるワケとは?

女性の場合、逆に40代から性欲が高まる人がいます。

でも、これも実は、ホルモンのなせるワザなのです。

 

性欲は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量に左右されています。

40代になると女性ホルモンのエストロゲンは急速に減少していきますが、テストステロンの分泌量はあまり減らないのです。

それで、相対的にテストステロンの分泌量が優位になるため、性欲が高まるのです。

人によっては、このことを悩む人もいますが、悩む必要など全くありません。

好ましいことです。

むしろ性欲が弱くなることの方が問題が多いのです。

 

女性アスリートは性欲がハンパない?(Yutube動画)

女性アスリート

女性アスリートは普通の女性よりも性欲がハンパない?とのことです。

下記のYutube動画をまず見てみてください。

「性欲がハンパない?女性アスリートの真実」

 

なぜ女性アスリートが性欲がハンパないのか?

やはりアスリートは筋トレをしているからだと思います。

筋トレをすると、血液が全身をくまなく巡るようになるから、若返ることができるのです。

そして、結果として性欲も強くなるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

性欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 総コレステロール値が低いと早く死ぬ?なぜ基準値超の250でも健康体?

  • 咳が止まらない、長引く原因は?なぜか大人のぜん息が急増!

  • 肥満を防ぎ、血糖値を上げない食習慣と血糖値を下げる薬草茶

  • 糖質の高いキャベツが夜だけ糖質制限にベストなワケ

関連記事

  • 野菜の栄養成分を余すところなく引き出す5つのポイントと4つの裏技

  • お肌を守りかゆみを防ぐ40代からの冬のスキンケア

  • 40代からの老化防止に効果的な食べ物

  • 40代若返りに必要不可欠な6つの秘策とは?

  • 寒さに弱い!60代には4割が減少!そんな毛細血管を増やす方法とは?

  • 65歳以上でも楽しめ、若返る!演歌サイズ、歌謡エクササイズとは?