1. TOP
  2. 野菜の栄養成分を余すところなく引き出す5つのポイントと4つの裏技

野菜の栄養成分を余すところなく引き出す5つのポイントと4つの裏技

 2015/07/23 40代からの若返り
この記事は約 5 分で読めます。 377 Views
若返り

40代からの若返りの基本は、生野菜や発酵食品、ミネラルや植物性タンパク質をを含む栄養成分、そして料理には欠かせない調味料など、老けない体づくりに適した食材をとり入れていくことが大切です。

 

何故なら、野菜の栄養素を余すことなく取り入れることによって、”体をサビさせない”、つまり体の酸化を防ぐことができるからです。

 

もっと大切なことがあります

それは”体をコゲさせない”、つまり体のAGE化を防ぐこともできるのです。

AGE化が進むと肌の老化を早めるばかりでなく、早死にしてしまいます。

詳しくは、
「AGE化(糖化)が進むと肌の老化を早め、早死にする?」
の記事をご覧ください。

 

そこで、40代なら知っておくべき野菜の栄養成分「若返り成分」を紹介します。


野菜の栄養成分を余すところなく引き出す5つのポイント!

野菜の栄養成分野菜の本来持っている栄養成分を余すところなく引き出すためには、下の5つのポイントをしっかり抑えることです。

若返り成分をまるごとチャージできます。

 

酵素の力を余すところなくとり入れる!

野菜を加熱せずに生のまま食べると、たくさんの「酵素」をとり入れることができます。

 

たとえば生の大根には、消化を助ける「ジアスターゼ」や「ステアーゼ」、活性酸素を分解する「カタラーゼ」などの酵素が含まれています。

 

生野菜は、食事の最初に食べることで「消化補助」と「AGE化防止」のダブル効果があります。

 

ちなみに、野菜をすりおろしたジュサーにかけたりすると、酵素はさらに活性化します。

 

ミキサーではなく、「低速ジュサー」を使うことで、摩擦熱が発生しにくいので、若返り成分をまるごととり入れることができます。

 

フィトケミカルのパワーで体を活性化!

フィトケミカルとは、植物性食品に含まれる化学物質の総称です。

つまり、植物由来の有効成分のことです。

 

植物には、1万種類以上の未知なる成分があります。

近年になって、数百種類ものフィトケミカルが発見されています。

 

例えば、
・さつまいもやナスの皮にはアントシアニン、
・大豆にはイソフラボン、
・玉ねぎにはケルセチン、
・アブラナ科の野菜にはイソチオシアネート、
・トマトにはリコピンなど、
若返りに役立つ栄養成分が数多くあります。

 

また、このサイトで案内の日本山人参(ヒュウガトウキ)という薬草からは、YNー1、アマノマリン、イソプテリキシンなどのクマリン系の化合物が発見されています。

 

食物繊維の働きで、腸からキレイに!

肉や魚には食物繊維は全く含まれていません。

 

セルロースなどの不溶性食物繊維は野菜の細胞壁に多く含まれています。

水でふくらんで便の量をふやし、便通をスムーズにして腸をキレイにしてくれます。

 

ペクチンなどの水溶性食物繊維は、海藻や果物、野菜の皮付近などに含まれています。

こちらはドロドロしたゲル状のもので、腸内で善玉菌をふやします。

 

どちらの食物繊維にも、有害金属や有害物質を吸着して排泄する働きがあります。

 

できれば無農薬・無肥料の野菜を!

日本は世界で2番目に農薬を多く使う国です。

 

動物性の肥料を使っている場合は、畜産のエサのほとんどが遺伝子組み換え飼料で、抗生物質などが投与されていることも気になります。

 

また、肥料を多用すると「硝酸態窒素」がふえ、これがタンパク質と結びついて発がん物質をつくる可能性も指摘されています。

 

無農薬・無肥料の野菜は自然な味わいで栄養価も高く、若返りに最適な食材です。

 

旬の野菜を食べましょう!

野菜には本来、「旬」があります。

 

旬とは、ハウスでなく露地で、その作物の生長に適した季節に育ち、成熟した時季に収穫されることを指します。

 

旬の野菜は栄養価も高く、たとえばほうれん草の場合、旬である冬に収穫したものは、夏のものの約4倍ものビタミンCを含んでいます。

 

野菜以外でもミネラルが豊富な食材があります。

お勧めは、大豆などの植物性タンパク質、
亜麻仁油やエゴマ油などのオメガ3系脂肪酸、
納豆や漬物などの発酵食品などです。

 

野菜の栄養成分がアップする4つの裏ワザ

同じ野菜を同じ量だけ食べても、ちょっとした裏ワザで野菜の栄養成分をアップさせることが可能です。

 

詳しくは、下記のYutube動画をご覧ください。

次の4つの裏ワザが分かります。

1.ビタミンCをアップさせる裏ワザ
2.ポリフェノールをアップさせる裏ワザ
3.リコピンをアップさせる裏ワザ
4.玉ねぎのデトックス成分をアップさせる裏ワザ


体に良い夏と秋の野菜ベストランキング

体に良い野菜管理栄養士の岸村康代先生オススメの
「この夏食べたい!本当に体に良いベスト5」と
「秋に美味しい野菜!本当に体に良い野菜ベスト8」
がわかります。

詳しくは、
「13kgのダイエットに成功!体に良い夏と秋の野菜ベストランキン…」
のブログ記事をご覧ください。



\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

若返り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 30,40,50代女性に多い(なりやすい)病気ランキング

  • ノーパンで寝る「ノーパン睡眠健康法」とは?浅田舞やモンロー等有名人も!

  • 朝足(ふくらはぎ)がつる「こむら返り」!対処法は?

  • 乳がんや子宮頸がん及び前立腺がんとセックス問題

関連記事

  • 40代からの老化防止に効果的な食べ物

  • 65歳以上でも楽しめ、若返る!演歌サイズ、歌謡エクササイズとは?

  • 寒さに弱い!60代には4割が減少!そんな毛細血管を増やす方法とは?

  • ただ姿勢を良くするだけで年寄り臭くなくなる!/40代からの効果的ストレッチ方法

  • 顔がみるみる若返る「顔若返り」方法とは?

  • 究極の若返り方法とは「体の中から若返る」こと