1. TOP
  2. 糖尿で何故手足がしびれるのか?

糖尿で何故手足がしびれるのか?

 2012/12/22 糖尿病 この記事は約 3 分で読めます。 490 Views
しびれ


ソルビトールは、糖尿の合併症の原因の一つとされています。

ソルビトールとは、ブドウ糖(グルコース)から合成されてできる糖アルコールの一種です。

砂糖の60%の甘味度があり、甘味料として用いられる食品添加物です。

ソルビトールが痺れの原因になる人は?

糖尿の症状がない正常な人の場合は、ソルビトールが痺れの原因にはなりません。

その場合は、 ブドウ糖→(アルドース還元酵素)→ソルビトール→(ソルビトール脱水素酵素)→果糖の経路(これを「ポリオール経路」と呼ぶ)を経てブドウ糖からソルビトールが作られます。

最終的には果糖となって体外に排出されますので、何の問題も生じません。

 

ところが、人が糖尿病状態となって血糖値の高い状態すなわちわち血糖コントロールがうまくいかなくなると、神経血管内皮細胞および周囲細胞内でアルドース還元酵素が働いて、抹消神経内にソルビトールを大量に作り出し蓄積するようになります。

そうなると神経や血管などに障害が起こるようになり、四肢のしびれ感や、ジンジンする痛みの自覚症状がが現れ、検査所見としては神経伝導速度の遅延や振動覚の低下が見られるようになります。

すなわち、手足がしびれる明らかな抹消神経阻害と診断されるのです。

 

さらに目の中の網膜、腎臓、神経の細胞は、特にソルビトールを大量に作りやすいので、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などの合併症が起こりやすくなります。

 

高まるヒュウガトウキへの期待!!

ここでアルドース還元酵素の働きを抑制できれば、グルコースからソルビトールへの変換が抑制され、糖尿病性抹消神経障害を防ぐことができます。

現代医薬品でも、十数年前からアルドース還元酵素阻害剤が開発され、すでに臨床応用されています。

※アルドース還元酵素阻害剤は、糖尿病性抹消神経障害の原因物質であるソルビトールが大量に作られるのを防ぎ、合併症の改善を期待できる医薬品とされています。

 

漢方薬のなかにも同じ作用をもつ漢方が知られていますが、ヒュウガトウキには「末梢神経にソルビトールが蓄積するのを防止する物質」「インシュリン活性を高める物質」が含まれていることがわかってきています。

手足のしびれの改善はもちろんのこと、お医者さんもびっくりするほどの血糖改善がみられる場合が多いですが、まだまだその全容が解明されているわけではありません。

 

可能性を秘めた薬草

ヒュウガトウキは可能性を秘めた薬草と言えます。

そのような可能性を秘めたヒュウガトウキにどうのような有機化合物が含まれているか?

 

大阪薬科大学、大阪愛媛大学のグループによって、イソプリテキシンアノマリン、およびYN-1という有機化合物が発見公表され、その分析研究が進められています。

また明治薬科大学のグループによって第四の化合物が発見されています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

しびれ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ふくらはぎを揉むだけで高血圧をはじめ様々な効果が!

  • 30,40代でも骨粗しょう症~骨の老化防止にはメラトニンが一番!

  • 下半身型冷え症はお尻のツボ「臀中」や築賓等を押すだけで改善!

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

関連記事

  • 脂肪分解物質マイオカインとは?分泌を促す筋トレと食べ物!

  • 糖尿病性の下肢動脈閉塞症の疼痛のひどい患者が劇的に改善した治療法とは?

  • 贅沢病から生活習慣病となった糖尿病

  • 1日1食でなぜ血糖値が下がらないのか?太ってしまうのか?

  • 糖尿病に優しい六つの食べ方

  • 糖尿病は歩いて治そう!