1. TOP
  2. 糖尿病は歩いて治そう!

糖尿病は歩いて治そう!

 2013/07/05 糖尿病 この記事は約 2 分で読めます。 326 Views
ウォーキング


歩くことは糖尿病だけでなく、肥満、高血圧、高脂血症などにも効果的です。

生活習慣病という病気は、仕事でストレスを溜め込み、歩かない日常生活がもたらした病気がといっても良いと思います。

歩くことにより気分もリラックスできるし、様々な効果が期待できます。

なぜ糖尿病は歩くと良いのか?

糖尿病の場合、歩くことによって血液中のブドウ糖を消費するので、血糖値を下げる即効性があります。

血糖値は食後30分~1時間後に上がりだしますので、その間に行うのが最も効果的です。夕食を食べ過ぎたときなどは、就寝時の血糖値を下げるために夜の散歩をするのもいいです。

 

高血糖を改善するには有酸素運動が効果的

運動には有酸素運動と筋力トレーニングがあります。

高血糖を改善するためには、主に有酸素運動を継続して実践することが基本です。

同じ有酸素運動でも激しい運動は、脂肪を燃焼させて血液中の糖度を補おうとしてしまいます。

さらに疲労が乳酸という形で体内に蓄積され悪い効果を生みます。

だから糖尿病には歩くことが一番いいのです。

 

急性効果と慢性効果

歩くことにより、急性効果慢性効果の2つが期待できます。

 

急性効果は、歩いた直後の血糖低下です。

歩くことにより筋肉がエネルギーを必要とするため、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれ、血糖が低下します。

慢性効果は、継続して歩くことによって基礎代謝や基礎体力が強化されます。

基礎代謝が増えると脂肪がエネルギー源として使われ、体脂肪が減少します。

筋力、持久力、柔軟性が向上し、疲れやすさなどがなくなります。

また長く歩き続けることにより、糖尿病によくない太りすぎをなくすこともできます。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

ウォーキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 夫婦のスキンシップ効果でセックスレスも改善!特に更年期には・・・

  • 池谷先生の臓器別及び糖質抜きダイエットとは?

  • 小林麻央など若い人もがん!なぜ?原因はストレス?体内静電気?

  • ボロボロ血管を治し、ドロドロ血液をサラサラに改善するには?

関連記事

  • 糖尿病は「糖尿病ガイドラインに従うと命が危ない?」|週間ポスト

  • 糖尿は合併症さえ引き起こさなければ、怖い病気ではない?

  • 脂肪分解物質マイオカインとは?分泌を促す筋トレと食べ物!

  • 糖尿の自覚症状

  • 「DPP-4阻害薬」という画期的糖尿病新薬とは?

  • 糖尿病の新常識「血糖値は高めが長生き?」