1. TOP
  2. 糖尿の自覚症状

糖尿の自覚症状

 2013/07/09 糖尿病 この記事は約 2 分で読めます。 98 Views
糖尿病の自覚症状


糖尿という病気がやっかいで怖いのは、血糖値が高いことに気がつきにくいということです。大部分の人は血糖値が高くても症状がなく、何らかの症状があっても単なる疲労や体調不良と思ってしまい、気づきにくいからです。

知らず知らずのうちに血糖値が高いまま過ごしていると、いざ気がついたときには合併症が進行していたということが起きるのです。合併症は恐ろしい病気で、最悪の場合は失明したり人工透析を受けなければなりません。糖尿、あるいは血糖値が高いと言われたら、すぐに治療を始めましょう。迷ったら人生そのものに悔いを残すことになります。

予備軍・境界型・軽症糖尿病の段階から既に動脈硬化は始まっているのです。

糖尿の典型的自覚症状

糖尿の自覚症状としてあげられるのは次のようなものです。

  1. のどが渇く~血液内の濃度が高くなると、それを薄めようとして水分が必要になります。そうすると、夜中でものどが渇き、がぶがぶと水を飲むようになります、
  2. 尿の量が増える~人間の尿は、1日に1~1.5㍑ですが、高血糖になると2~4㍑もの尿が出ることがあります。これは、腎臓が多すぎる糖を濾過しようとするために起こります。大量に排出される尿の中には糖が混じるようになり、それが糖尿という病名の由来になっています。
  3. 体重の減少、疲れやすい・だるい、異常な空腹感~これらは、インスリンが正常に働かなくなったために、エネルギーの取り込みが悪くなるのが原因です。血中の糖分は溢れているのにエネルギー不足となり、備蓄していたグリコーゲンや脂肪を消費することになるのです。肥満の人が、たくさん食べているのに体重が減少し、やせてきたと喜んではいけません。危険な状態に進行しているのです。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

糖尿病の自覚症状

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 30,40代でも骨粗しょう症~骨の老化防止にはメラトニンが一番!

  • 下半身型冷え症はお尻のツボ「臀中」や築賓等を押すだけで改善!

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

  • 夏に謎の心臓痙攣(隠れ心臓病)が脳梗塞を招く

関連記事

  • 糖尿病の新常識「血糖値は高めが長生き?」

  • 糖尿病は血糖コントロールをする時代!

  • 1日1食でなぜ血糖値が下がらないのか?太ってしまうのか?

  • 糖尿は合併症さえ引き起こさなければ、怖い病気ではない?

  • 痩せてるのに血糖値が高いとは?空腹時血糖値102でも危険!|駆け込みドクター

  • 糖尿病の効率よい運動のやり方とタイミング