1. TOP
  2. 糖尿病に優しい六つの食べ方

糖尿病に優しい六つの食べ方

 2013/07/21 糖尿病
この記事は約 4 分で読めます。 227 Views
和食が一番


糖尿病において食のケアは極めて重要です。

 正しい基本的な知識を身につけていれば、いろいろと応用もできます。

今回「糖尿病とつき合ってこの10年でわかったこと」という本より六つの食べ方を紹介いたします。食のケアはこれで万全です。

バランスよく食べる

日本の古来の食の知恵ー。

基本的には「自分がおいしいと思うものを食べればいい」のでしょうが、理想的にはやはり三大栄養素と抗酸化力のあるビタミンやミネラルなどの微量栄養素、さらに食物繊維を加えたいところ。

主食、副食併せて10品目は欲しいーとされています。

 

「お魚好きね」(オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ネ)と「孫たちは優しい」(マ・ゴ・タ・チ・ハ・ヤ・サ・シ・イ)と覚えておくと便利です。

つまりカタカナの順番に「お茶、魚、海藻、納豆、酢、キノコ、ネギ」「豆、ゴマ、卵、乳、ワカメ、野菜、魚、椎茸、イモ類」を積極的に食べればよいです。

抗酸化力のあるビタミンやミネラルなどの微量栄養素を毎日摂るのが難しいという方は、糖尿病に効果のあるヒュウガトウキ(日本山人参)を摂るといいです。

微量栄養素をあまり気にせず、血糖コントロールがうまくいくようになります。

 

食べ過ぎない

食べ過ぎがなぜよくないかといいますと、単に食べ過ぎると太るからだという話ではありません。

食べ過ぎると病気を呼び込んでしまい、酵素不足に陥るからです。

  食べ過ぎると消化酵素の分泌が間に合わなくなり、糖や脂肪などが完全に分解されないまま血液中にダブついて血液もドロドロしてきます。

糖尿病はもちろん、血流がとどこおればさまざまな病気の原因になります。

 

そればかりではありません。

酵素の原料はどれも同じで一定の枠がありますから、消化酵素をフル回転で使い過ぎると消去酵素や代謝酵素の生産に回らなくなる心配があります。

 

よく噛んで、味わってゆっくり食べる

私たちの消化システムは、各消化器官に信号として順番に伝えられて働きだします。

その基点が唾液です。

つまり唾液の信号が「胃液よ、動けよ」と胃に伝え、胃液が動いたら「腸が動け」と腸に伝え、腸が動いたら「吸収しなさい」と信号を出し、最後は「脳まで行きなさい」と脳が動くー。

そのためには「よく噛む」のが一番です。

それによく噛んでで食べれば、食事の量が少なくても満腹感を得られます。

 

体内時計のためにも一日三食、朝食は抜いてはいけない

食事は一日3食。

朝食は絶対に抜いてはいけません。

それもできるなら、決まった時間に食べる。

 

その根拠は「体内時計」にあると言います。

朝起きて夜眠り、また起きるまで、私たちの体は生体リズムによって支えられています。

24時間周期の活動リズムです。

これをコントロールしているのが体内時計です。

  この体内時計が狂うと、肥満や糖尿病になりやすいことがわかっています。

 

食べる順番で血糖値の上昇はかなり抑えられる

食事は食べる順番で食後血糖値の急上昇を抑えることができます。

それは大筋で言って①野菜類 ②汁物 ③魚肉 ④牛、豚、鶏肉類 ⑤おコメのご飯か麺類ーの順です。

その野菜類も、コンニャクや海藻など食物繊維の豊富なものを先に食べましょう。

 

タブーを克服する食べ方、食べ時の工夫

甘いものでも、血糖値を上げない食べ方、食べ時がある

甘いものを食べるときはちょっとした工夫が必要です。

①食物繊維と一緒に食べる~食物繊維で包むことで、腸からの吸収がゆるやかになり、血糖値が急上昇しないから。

②舌の味らいを活用する~例えばジャムを塗った面を下にして(舌に直接甘いものが当たるようにして)食べると甘味感が倍増する。

③午後3時ごろに食べる~この時間帯に甘いものが吸収されやすい。

④甘くてもカロリーゼロのものを食べる~甘味料としてのステビアの他に、血糖値の上がらない糖分「希少糖プシコース」というのが出ている。

 

「身になる」時間帯に「身になる」ものを食べる

漢方流の考え方で、朝は「肝臓の時間帯」なので酸っぱいものを食べる、正午前後は「心臓の時間帯」なので苦い系のものを食べる。

午後は「脾臓の時間帯」なので甘い系のものを食べる、そして夜は「肺臓の時間帯」なのでミネラル系の食品が合う・・・。

これを現代の食品に当てはめると、朝は梅干にお茶、正午前後はショウガに砂糖抜きのレモンティ。

午後は糖質、脂質、タンパク質をたっぷり。そして夜はご飯に魚介類や海藻類・・・・・。

 

糖尿病用の別の素材を使った食品

「こんにゃくを使ったレバ刺し」、「豆腐のから揚げ」、食用ミドリムシを使ったハンバーガー、パン粉の代わりにおからをつなぎに使ったハンバーグ、小麦ふすまを使ったパン、食物繊維入りのコーヒーなど。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

和食が一番

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • リバウンド知らずの最先端ダイエット方法とは?

  • 愛情ホルモンオキシトシンとは?浮気防止にも!でも、不倫には?

  • 朝「目がかすむ、ぼやける、見えない」等の目の不調は?

  • 認知症は水だけで治る!高齢者に水を飲ませるコツとは?

関連記事

  • ボケを防ぐには糖尿病を防げ!

  • 糖尿の自覚症状

  • 贅沢病から生活習慣病となった糖尿病

  • 糖尿病は歩いて治そう!

  • メタボで恐いのはぷるるんの腹囲ではない!その本当の怖さとは?

  • 朝「目がかすむ、ぼやける、見えない」等の目の不調は?