1. TOP
  2. 糖尿病性の下肢動脈閉塞症の疼痛のひどい患者が劇的に改善した治療法とは?

糖尿病性の下肢動脈閉塞症の疼痛のひどい患者が劇的に改善した治療法とは?

 2013/01/30 糖尿病
この記事は約 5 分で読めます。 542 Views


36歳のとき子宮がんで手術・コバルト治療、58歳当時から糖尿病治療。61歳のときは脳血栓のため入院ー全身の動脈硬化が明白な68歳女性の実証事例です。

 

病院へ来診されたときは、両下肢がひどく痛み、足先が紫色に変色。

 

そんなひどい状態の患者さんが、1週間もしないうちから疼痛が大幅に軽減して、血流状態も改善。2,3百メートル歩くのがやっとだったのにもうかなりの距離歩いても何ともないとは?

 

その治療法とはプロスタグランディンの点滴と並行してヒュウガトウキを飲用しただけなのですが・・・

 

さらに成功する確立の少ないウロキナーゼ製剤(※血液凝固阻止作用を有する薬剤で、特に高齢者には慎重投与が必要とされている)を注入しての血管の再開通がみごとに成功。放射線科医の経験を裏切るほどの回復をみせて、2年間も血流開通の状態を続けられたとのこと。

動脈硬化の方にお勧めしたい日本山人参(ヒュウガトウキ)!

「ヒュウガトウキのすべて」という本を読むなかで私なりに説明を加えると(正確ではないかもしれませんが)、
ヒュウガトウキという薬用植物は、糖尿病に驚くべき効果があることは多くの糖尿病患者さんの報告からもはっきりしています。

 

それに加えてヒュウガトウキを服用すると体内物質「プロスタングランディン」がスームーズに働くことがわかっています。

 

このプロスタグランディンには血管拡張作用、局所の血流増加作用、血小板凝集抑制作用、動脈を開く作用があることが知られています。つまり動脈硬化を防ぐ働きがあるのです。

糖尿病性の下肢動脈閉塞症の状態であった68歳の女性が下肢の疼痛がひどくて歩けなかったのが歩けるようになったのは、このヒュウガトウキのプロスタグランディンを活性化する働きあったからではないかと思います。

 

それにしてもヒュウガトウキを治療の現場で活用すると、これほどの効果を生み出すのかと驚いた次第です。ほんとヒュウガトウキという薬用植物の栽培にかかわるようになって良かったと思いました。苦労していますが・・・。

 

【糖尿病性の下肢動脈閉塞症の実証事例(ヒュウガトウキのすべてより)】

68歳の女性です。既往歴に、36歳のとき子宮ガンで手術を受けて、その後コバルト治療を受けています。また、10年ほど前の58歳当時から糖尿病のために近くの医院で治療を受けており、その間、61歳のときには脳血栓のために入院しています。すなわち、全身の動脈硬化は明白です。

 

 平成4年4月上旬、O・Sさんは歩くときに両下肢がひどく痛み、足先が紫色に変色すると訴えて私の病院へ来診しました。一見して、糖尿病性の下肢動脈閉塞症の状態でした。入院の上で精密検査と治療を受けることを勧め、受信の2週間後の4月下旬に入院しました。

 

 病院では、ちょうど血管造影のX線撮影装置を更新中だったため、精密検査の前にまずプロスタグランディンの点滴を2週間続けることとし、並行してヒュウガトウキの飲用も開始しましたが、これによって1週間もしないうちから、下肢の疼痛が大幅に軽減、血流状態も改善するという効果が現われたのです。 本人の話では、「2,3百メートルも歩くと両足が痛くて歩けなくなっていたのに、もうかなりの距離散歩しても何ともないんです。和式のトイレにしゃがむのも痛くて大変でしたが、もう何ともありません」ということです。

 

 病院では待望の管造影装置が作動しはじめたので、早速、6月1日に下肢動脈造影を行って、左大腿部の動脈閉塞が確認されました。その状態を145ページの写真に示しますが、両下肢大腿部の動脈のうち、左が細くなっているのがわかるでしょう。

 

 この結果を参考に、本人には血管増設かバイパス術を勧めましたが、過去に婦人科疾患で一度手術を受けたので再度の手術は嫌だと拒否されました。こうなっては仕方がありません。放射線科の医師とも相談し、閉塞した左下肢の動脈にウロキナーゼ製剤を注入して、血管の再開通を試みることにしたのです。

 

 ただし、この方法は成功する確立がきわめて低く、不成功のときは外科的措置もやむなしという覚悟を決めて、6月8日に再度、左下肢の動脈造影と、狭小化した動脈へのウロキナーゼ注入を行ったのです。

 

 結果は、みごと成功でした。左ページの写真に示したように、左大腿動脈の血流再開ができたのです。術者の放射線科医も、喜ぶとともに驚いて、「これは割りと珍しいことなんですよ。術前にどんな治療をされたんですか?」と、尋ねにきたほどでした。そして患者さんに対しては、放射線科医は「でも、数ヶ月したらまた血管が詰って狭小化するのは避けられません。そうしたら、やっぱりまた手術が必要になります」と告げていました。

 

 ところがー。結局O・Sさんは、ヒュウガトウキを飲用しながら糖尿病の治療を続行し、放射線科医の予言に反して、左大腿部の血流開通の状態を2年間も続けたのです。やはり相当に進んでしまった動脈硬化でしたから、2年あまりで手術的処置を取らざるを得なくはなりましたが、それまでの2年間は下肢の疼痛もさほどはひどくはならず、血流障害によって下肢が変色するようなこともなかったのです。もちろん下肢切断には至りませんでした。

 

 O・Sさんの場合、動脈硬化状態がかなり進展した状態でヒュウガトウキを飲用したのですが、これがもう少し早い時期からはじめていたら、血管合併症の進行を抑えることができた可能性は大きかったと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 30,40,50代女性に多い(なりやすい)病気ランキング

  • ノーパンで寝る「ノーパン睡眠健康法」とは?浅田舞やモンロー等有名人も!

  • 朝足(ふくらはぎ)がつる「こむら返り」!対処法は?

  • 乳がんや子宮頸がん及び前立腺がんとセックス問題

関連記事

  • メタボで恐いのはぷるるんの腹囲ではない!その本当の怖さとは?

  • 朝「目がかすむ、ぼやける、見えない」等の目の不調は?

  • 糖尿は合併症さえ引き起こさなければ、怖い病気ではない?

  • 糖尿病の診断が間違っていたのかなあ・・・・

  • 糖尿病は血糖コントロールをする時代!

  • 痩せてるのに血糖値が高いとは?空腹時血糖値102でも危険!|駆け込みドクター