1. TOP
  2. 糖質制限はダイエットに便利!でも、危険?

糖質制限はダイエットに便利!でも、危険?

 2016/05/09 糖質制限食情報 この記事は約 6 分で読めます。 1,914 Views
続くダイエット

糖質制限は血糖値を手っ取り早く下げることから2008年頃から脚光を浴びるようになりました。

そして、糖尿病患者だけでなく、ダイエットにも効果があるということで、現在では多くの人が何らかの糖質制限を実施しています。

 

でも、そのブームにまるで釘を刺すかのように糖質制限の危険性も唱えられるようになりました。


そこで今日は、糖質制限のダイエット効果と、どんな点に糖質制限の危険が潜んでいるのか調べてみました。

 

糖質制限食については、先生によっていろんな意見がありますので、最終的には自分で判断する以外にないです。

ステーキよりご飯の方が太る?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-09-150711528761-thumb-1000xauto-19208

これはある健康雑誌に載っていたものです。

 

確かにステーキを食べても、ほとんどはアミノ酸に変わりますので、血糖値は上がらないので、太りません。

ところがご飯の糖質は、ブドウ糖に変わり血糖値を上げるから、太るのです。

 

この雑誌によると、ご飯1杯(約150g)で糖質55gで、血糖値は165mg/dlアップするそうです。

他方ステーキ300gは、糖質1g以下で、血糖値は3mg/dlも上がらないとのことです。

 

これは誰しもが異論のはさみようもない事実です。

しかも実際、等質制限食を実施しておられる多くの方が血糖値をうまくコントロールしておられるみたいなので、糖質制限食が糖尿病に効果的なのは疑う余地がありません。

 

ただし気をつけないといけないことがあります。

それは糖質制限食は相対的にたんぱく、高脂質食になるので、腎不全や腎機能障害の人は等質制限食はしてはいけないということです。

またインスリン注射や経口薬を服用している人は血糖値が下がりすぎることがあり危険ということです。

 

糖質制限食を実行する場合は、自己流でするのではなく主治医とよく相談してから行わなければいけないワケです。

 

糖質制限には大きな危険性が潜んでいる!

死亡率が上昇

日本で糖質制限の危険性を指摘した論文で有名なのは、「能登論文」と言われるものです。

つまり、「ご飯やパンなどの糖質を控える”糖質制限食(ダイエット)”を5年以上続けると、死亡率が高くなるかもしれないとする解析結果を、国立国際医療研究センター病院糖尿病・代謝・内分泌科の能登洋医長らが、米科学誌プロスワンで発表した。死亡率が高まる理由はよく分かっていない。」という内容の論文です。

詳しくは、糖質制限ダイエットの危険性を指摘した『能登論文』は怪しい研究だ!」のブログ記事をご覧ください。

 

今日は、ネットでたまたま見つけた「糖質制限食開始後、3年2ヶ月後に脳梗塞を発症した事例」を見つけましたので紹介します。

 

ダイエットや血糖値を下げる効果のある糖質制限をする場合、どういう点に注意しないといけないかがよくわかります。

結論だけいいますと、糖質さえ摂らなければ後は何をいくら食べてもいいという「糖質制限」は極めて危険だということです。

 

脳梗塞を発症した71歳の男性

出典:ebm.jp

出典:ebm.jp

この男性は、糖尿病で薬を飲み、コレステロールもかなり高かったようです。

そこに肉も揚げ物も食べていい「糖質制限」を知って、日本酒304合+ビール750mlほぼ毎飲み、劣化脂質を非常に多く含むトンカツを頻繁に食べていたようです。しかも野菜はキライだというのです。

それで、もともとあったプラークの堆積速度が速まり、脳梗塞の時期を早めたというのです。

 

糖質制限でよく陥りがちな高脂質食は、極めて危険だという事例です。

 

長寿か短命かを決める食事内容とは?

日本の長寿村・短命村

じゃあ、元気に長生きするにはどういった食生活をすればいいか?

それは「日本の長寿村・短命村」とういう本を読めば、多くのヒントが隠されています。

 

「日本の長寿村・短命村」とういう本は、東北大学医学部衛星学教室の近藤正二という先生が昭和10年ごろから35年以上の長い間、長寿者の多い村と少ない村とを、日本全国くまなく、コツコツと990カ町村も歩いて、編録された貴重な本です。

 

糖質制限を実行するにあたって、気をつけないといけないことがおそらくわかると思います。

 

<短命村の食事内容>

新鮮な魚を食べられる漁村は、空気もきれいだし、きっと長生きするだろうと思いませんか?

ところが調査結果は短命だったのです(但し小魚はいい)。

それは魚(特に切り身)ばかりたくさん食べて、野菜を食べていなかったから短命という結果になったということです。

 

漬物でお米ばかり食べている村の人は、みんな40歳ごろから、脳溢血で倒れます。これが短命の原因です。

白米はあまり体によくないので、野菜をあまり食べずに食べすぎると危険です。

 

りんごやみかんをたくさん食べているから野菜をたべなくてもいいということで、現金収入があれば魚や肉を買っている村も、すべて短命な村ばかりです。(果物は野菜の代わりをしないのです)

 

ハワイの日系二世、三世は日本の4倍ものビフテキを食べ野菜類は食べないから、40歳を過ぎると心臓を犯され、親よりも早く死んでいくそうです。

一世は肉をあまり食べないで野菜や海藻、豆腐を食べているから長生きしているとのことです。

 

<長寿村の食事内容>

長寿村の特徴は緑黄野菜、海藻の他、大豆(植物性たんぱく質)、人参かぼちゃ、いも類を食べている村だそうです。

 

米を作ってない竹富島はさつまいもが主食で、粟、稗も食べていて野菜は豊富。

それに野草「長生き草」を常食していたとのこと。

 

志摩の海女は大好きなお菓子をあまり食べず、嫌いな人参を食べるそうです。

それはお菓子を食べたら、水に潜ってアワビをとるとき、おなかが重苦しくてアワビがとれないからだそうです。そして人参を食べると力がでてアワビが取れるからだそうです。

志摩の海女は人参を食べると力が出て、甘いものを食べてはいけないということを、長年の経験で知っているのです。

 

島根県の隠岐の島の人たちは80歳すぎても(生きている間は元気に働く)そうです。それは大食ではないが、大豆で作った豆腐とか納豆をよく食べているからだそうです。

 

食事内容ひとつで長生きし、しかも死ぬまで元気に働くことができるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

続くダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 30,40代でも骨粗しょう症~骨の老化防止にはメラトニンが一番!

  • 下半身型冷え症はお尻のツボ「臀中」や築賓等を押すだけで改善!

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

  • 夏に謎の心臓痙攣(隠れ心臓病)が脳梗塞を招く

関連記事

  • 糖質制限はセロトニン不足を招き、ストレスでうつ病?

  • 冷やご飯(レジスタントスターチ)で痩せる?血糖値が下がる?

  • 炭水化物ダイエットになぜ薬草ー日本山人参が欠かせないのか?

  • 夏井睦医師の「炭水化物が人類を滅ぼす」って、どういうこと? !お願い!ランキングGOLD特別編

  • 糖質が高くても人参、ニンニク、タマネギは食べるべき!

  • 過度のダイエットや低血糖になると、手足に痺れ!その原因は?