1. TOP
  2. 志摩の海女は「甘いお菓子」は食べないが、「嫌いな人参」は食べる?

志摩の海女は「甘いお菓子」は食べないが、「嫌いな人参」は食べる?

 2014/10/26 糖質制限食情報 この記事は約 3 分で読めます。 1,217 Views
志摩の女


健康で長生きしたいと思ったら、志摩の海女の食生活は非常に参考になります。

それはおそらく、「甘いお菓子」は食べないが、「嫌いな人参」は食べることに長生きの秘訣がありそうです。


志摩の女は働き者

志摩の海女は働き者で、男を働かせない海女の神さまです。

 

若い男は赤ん坊などの子守をして、いっさい他人の目にふれるところでは働きません。

 それは「男は働いてはならない」という風習があるからだそうです。

 

そのかわり海女は野良着姿で朝5時頃からいもや野菜を作り、9時すぎには海女の装束になって海岸へでていき、3時頃からまた暗くなるまで畑仕事に精を出します。

夕食の支度、後始末もいっさい自分でやります。

 

志摩の女が長生きのワケ

海女たちの食生活は、さつまいもと麦を主食にし、大豆やゴマ、野菜そして海の幸を食べています。

そして甘い菓子は控え、嫌いな人参を食べるそうです。

 

嫌いな人参を食べる理由は、「いや、じつは好きではないのだが、海に深く潜って、アワビをみつけて、いざ、とるとういうとき全身の力を入れる、人参を食べていると、そのとき力が出るから止められません」ということだそうです。

海女たちはとくに睡眠を心がけ、8時過ぎには寝るそうです。

 

同じ海女でも伊勢湾の神島の海女はあまり長生きしていません。

これは野菜を作っていないため、野菜不足になっているからだそうです。

 

志摩の海女は、人参を食べると力が出て、甘いものを食べてはいけないということを、長年の経験で知っているのです。(「日本の長寿村・短命村」より)

 

なぜ嫌いな人参は良くて、甘いお菓子はいけないのか?

志摩の海女は、人参を食べると力が出ると言っていましたが、にんじんの栄養は、カロチンがびっくりするほど多いことです。

 

それだけでなく、ビタミンB1やB2、C、カルシウム、鉄分、リンなども含んでいて、まさに野菜の万能選手ともいえるほど栄養価が高いです。

 

特に最近では、カロチンの効用について研究が進められ、抗ガン作用があることがわかってきました。

 

志摩の海女に限らず、人参は嫌いな人も含めて、全ての人に食べて頂きたい野菜です。

 

私も人参は苦手ですが、繊切りにして好きなものと一緒に食べると美味しく食べられます。嫌いな人参でも料理の仕方ひとつで美味しく食べられます。

 

一方、甘いものをとり過ぎ、それが依存症になると低血糖症になる恐れがあります。

低血糖状態になると目まいや冷や汗、イライラ、動悸、集中力の欠如といった状態になります。

 

それだけならまだいいのですが、糖尿病など様々な病気の原因にもなります。

 

糖尿病になると

糖尿病になると「甘いものを食べたい」という誘惑はさらに強まり、糖尿病はなかなか改善しません。

 

糖尿病になると、血中には糖が増えますが、細胞は糖が足りない状態になります。

それで、甘いものを食べるように脳から指令が出るからです。

単純に無理やり甘いものを断とうとするとストレスになって、その反動でかえって食べすぎ逆効果になることも多いです。

 

甘いものを食べたくなったら、低脂肪素材や野菜を使った低カロリーのスイーツを作って食べるとよいです。


 

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

志摩の女

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 心が冷えるというのは真面目過ぎ!世の中は不真面目がいい?

  • 脂肪肝を減らす(治す)には急激に痩せたらいけない!

  • 「目に見えない力」で人生は変えれる!LIfe Changeこそ・・・

  • ダイエットパンと太らないパンの食べ方~キンタローも挑戦

関連記事

  • 高齢者が若返る秘訣~寝たきりゼロの新潟県・粟島

  • やせるおかず「作りおきレシピ」(糖質カット重視)でいつのまにか痩せる

  • 糖質制限ダイエット死亡の危険性があるかないか、AGEや原始人食の視点も必要!

  • 糖質制限メリットと弊害・デメリットとは?阿部博幸先生の著書から

  • 炭水化物ダイエットになぜ薬草ー日本山人参が欠かせないのか?

  • 糖質が高くても人参、ニンニク、タマネギは食べるべき!