1. TOP
  2. 病の起源~脳卒中がなぜヒトに起きやすいのか?

病の起源~脳卒中がなぜヒトに起きやすいのか?

 2013/05/27 その他健康情報
この記事は約 4 分で読めます。 336 Views
脳卒中


NHKスペシャル、「病の起源」第二回目は脳卒中でした。

脳卒中は、脳の血管が破れる「脳出血」や「くも膜下出血」と脳の血管がつまる「脳梗塞」に分けられます。

日本では2分に1人の割合で発症し続けている身近な病です。

 

今回の番組を見て、脳卒中がなぜヒトにこんなにも起きやすいのか、手足の麻痺や意識障害などが出るのはなぜなのかよくわかりました。

進化の代償~脳卒中の原因は巨大化した脳にあった

700万年前、チンパンジーとヒトがわかれ、数百万年で脳は劇的に大きくなった。

3倍以上に巨大化した脳の血管の長さは600kmになり、毛細血管が劇的に増え、大量の血液が流れるようになった。

しかし、脳血管の壁は進化せず薄いままだったため、その脆弱さが脳卒中を引き起こす原因となっているのである。

 

4億年前発生した魚類や爬虫類の体や脳の血管は薄かった。

それが2億年前発生した哺乳類動物は、激しい運動に必要な大量の血液に耐えられるよう、体の血管は厚くなったが、脳の血管は進化せず薄いままだった。

それで脳が巨大化したヒトのみが脳の血管がふくらみやすくなった。

 

脳の血管がふくらみやすい場所は、特定の血管が集中しているレンズ核線状体動脈である。

レンズ核線状体動脈は脳の運動野にあたる部分で、ここの血管がふくれて破れたり、つまったりすると手足を動かす命令が伝わらなくなる。

180万年前、脳の運動野が発達し、ヒトは手足を自由に動かせるようになったのである。その代償として、大量の血液がレンズ核線状体動脈に流れるようにようになり、脳卒中の原因を作ったのである。

 

6万年前~脳卒中への道

カメルーンの森の奥深くに太古と同じ暮らしを続ける「ピグミー」人たちには脳卒中が起きていない。

なぜか?

ルモグン医師は、ピグミーが血圧が低いからだということを突き止めた。

ピグミーは歳を取っても血圧が上がらないのだ。(60歳を超えても115位の血圧)

 

塩との出会いが高血圧の原因

ところがヒトが出アフリカで塩と出会ったことにより高血圧になりはじめた。

塩に含まれる血液中のナトリウムの濃度があがり、それを薄めるために水分が取り込まれて血圧が上がる。

それと塩を求めるときの反応が麻薬を求めるときの反応とにていることから、ヒトは必要以上に塩を摂るようになった。

 

さらに最近、首の血管が原因で起きる脳卒中が急増している。

それはコレストロールが首の大きな血管にたまり、首の血管がつまると脳に大きなダメージを与えるからである。

肉や脂肪の摂りすぎが原因である。

 

どうすれば脳卒中を防げるのか?

福岡県久山町で行われてきた「久山町研究」によると、週3回以上の運動をする人は、脳梗塞は6割、脳出血は3割の発症リスク減がみられたという。

脳卒中を防ぐためには、日頃からの運動と肥満対策が極めて重要である。

また脳卒中の部分に幹細胞を送り込めば、脳に必要な毛細血管を作り出す再生医療も実用化される段階にきている。

 

脳卒中に有効なヒュウガトウキという薬草

第一回のガンのときも感じたことであるが、ヒュウガトウキ(日本山人参)を飲めば、ガンだけでなく脳卒中に対しても有効であると確信した。

なぜならヒュウガトウキ(日本山人参)は、動脈硬化を防ぎ、血圧を下げる薬草だからである。

ヒュウガトウキ(日本山人参)は、別名「神草」ともいわれているように、神が進化した21世紀の人類のために残してくれた薬草だという気がする。

今は絶滅危惧種に指定されているが、江戸時代「ウヅ」という名ではじめて文献に登場した日本古来の薬草でもある。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

脳卒中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 乳がんや子宮頸がん及び前立腺がんとセックス問題

  • 小林麻央(死去)の乳がんの原因はストレス?|若くてもガンになる!なぜ?

  • お尻歩き効果でバスト・ウェスト・ヒップが!道端カレンが証明!

  • パンが食べたい人に!ダイエットパンと太らないパンの食べ方

関連記事

  • 脂肪肝を減らす最新研究~なんと急激なダイエットはかえって脂肪がつく?

  • 沖縄県の長寿神話の崩壊は「メタボ対策」の失敗?|週刊新潮

  • 女が声を出す「喘ぎ声」、「よがり声」、男だったらもうたまらない!

  • 新年2017年を新しい気持ちで迎えるちょっとしたコツ!

  • 新型鉄分不足「フェリチン」とうつ病の関係|NHKあさイチ

  • 膝の痛みは安静でなく動く方がいい?膝痛7つの撃退法