1. TOP
  2. 老け顔の元凶AGEとは?|AGEを減らす食品や方法

老け顔の元凶AGEとは?|AGEを減らす食品や方法

 2017/07/12 その他健康情報 この記事は約 8 分で読めます。 8,870 Views

肌トラブル、老け顔、老化、早死の元凶とは?

それは、ずばり言ってAGE化(糖化)が原因かも知れません。

 

その恐さは「酸化」以上です。

【林修の今でしょ講座】でもその恐さが放映されました。

そこで、AGEを減らす食品や方法を紹介します。

老化の元凶~酸化とAGE化の違い

美肌

酸化は「体がサビる」のに対して、AGE化(糖化)は「体がコゲる」現象です。

例えば、タマネギを炒めると白色からキツネ色に変わっていきますね!

ちょうどそれと同じ様な現象が、体の中で起こっているのです。

 

AGE化(糖化)とは?

AGE化(糖化)とは?

出典:kso.co.jp

AGE化(糖化)とは、体内で処理しきれなくなった糖とたんぱく質が結合し、さまざまな反応を経て、AGEs(最終糖化生成物)と呼ばれる物質ー茶褐色の「焦げ」のようなものに変わります。

 

この反応のことをAGE化(糖化)といいます。

 

AGE化(糖化)が進むと

出典:AGE Busters

出典:AGE Busters

AGEはたんぱく質の中でも特にコラーゲンとの相性がよく、AGE化が進むと肌、骨、血管の老化を早め、早死にするリスクが高まることが最近の研究でわかってきました。

 

コラーゲンは、細胞と細胞をつなぎとめている役割をしている大切なたんぱく質です。

たんぱく質の約30%を占めます。

若いコラーゲンは弾力性があり、肌に張りを保ち、血管や骨のしなやかさを保っています。

ところが、肌のAGE化(糖化)が進むと張りがなくなり、シミ、しわ、たるみが目立つようになりふけ顔になります。

高い美容液やパックにたよるだけでは、あなたのふけ顔は防ぐことはできないのです。

 

血管のAGE化(糖化)が進むと、血管が硬くもろくなり、動脈硬化が促進されます。

たけしのみんなの家庭医学でも、「老けて見える人ほど血管年齢が高く、心筋梗塞などの危険性が高くなっていました。」と伝えています。

 

骨のAGE化(糖化)が進むと茶褐色に変色し、骨がしなやかさを失い折れやすくなります。

骨粗しょう症、変形性骨関節症、慢性骨関節リウマチも骨のAGE化が深くかかわっていると考えられています。

 

ヘモグロビンA1cもAGEsのひとつ

ヘモグロビンA1cもAGEsのひとつ

出典:hontotsutae.blogspot.jp

実は血糖コントロール指標として用いられているヘモグロビンA1cもAGEsのひとつなのです。



赤血球の蛋白であるヘモグロビン(Hb)とブドウ糖が結合したものがグリコヘモグロビン。

そしてこのグリコヘモグロビンなかで糖尿病と密接な関係を有するものが、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)なのです。

 

つまり、糖尿病やその合併症もAGE化(糖化)が深く関わっているのです。

 

食品を高温加熱調理すると発ガン物質?

アクリルアミドとは?

出典:ucc.co.jp

食品を高温加熱調理すると、アクリルアミドというAGEsができる可能性があります。

アクリルアミドは発ガン性の疑いがある超悪玉物質です。

 

アクリルアミドは、炭水化物を多く含む原材料を高温(120℃以上)で加熱調理した食品に含まれる可能性があります。

例えば、ポテトチップス、フライドポテトなど、じゃがいもを揚げたスナックや料理、ビスケット、クッキーのように穀類を原材料とする焼き菓子などに、高濃度に含まれていることが報告されています。

高温加熱

出典:potetikiken

ポテチなど高温加熱調理で発がん物質!

 

加熱していない生の食材にはアクリルアミドは含まれていません。

また、加熱調理した食品でも茹でたり、蒸したりした食品にはアクリルアミドが含まれていないか、含まれていても極微量であることが報告されています。

だからAGEsを減らすには、「生もの」の食品を食べるのが一番なのです。

肉類にもたくさんAGEsは含まれているので、AGEsを減らす調理方法としては、①煮る②茹でる③蒸すを心がけるといいです。

 

糖尿病専門医 牧田善二先生は著書『糖尿病は「生もの」を食べなさい』のなかで、牧田先生は本の中で次のように書いておられます。

「ある調査によると、糖尿病患者の発ガンリスクは糖尿病でない人の1.7倍にものぼるという。とくに肝臓ガンや子宮体ガンでは3倍以上というからおそろしい。さらに他の調査では、血糖値が高くなると胃ガン、大腸ガンのリスクも高まると報告されている」AGEsはたんぱく質と糖が反応してできる悪玉物質で、その中で特にアクリルアミドは発ガン性の疑いがある超悪玉物質です。

「IARC(国際ガン研究機関)では、このアクリルアミドを”人に対しておそらく”発がん性がある”と断定し、注意を呼びかけているほどだ。」



ガンとAGEの関係は、発症時だけにとどまらない。ガンの治療が難しいのは、ガン細胞が、さまざまな臓器に転移してしまうからだが、AGEは、そのガンの転移にも深くかかわっていることが、最新の研究でわかってきている。」

 

AGEsを減らし、美肌に良い食品や方法とは?

シミとAGE

出典:female-hormone.info

シミやシワ、タルミを作らない最善の方法は、AGEsをなるべく体に溜め込まないようにし、減らすことです。

肌のシミはAGEが原因!夏後のアフターケア方法とは?

 

積極的にとりたい油は?

オリーブ油は抗酸化、抗炎症作用をもち、肌をやわらかくつややかにします。

新鮮なエキストラバージンオイルなら、毎日おちょこ1杯程度飲んでもOKです。

 

エゴマ油は糖の吸収を抑えてくれます。

 

美肌によい食生活は?

AGE生もの

出典:www.age-sokutei.jp

AGEsは高加熱処理すると増加するので、できるだけ加工されてない生ものを食べるのがお勧めです。

 

アンチエイジングに良いワイン

お酒に含まれる糖質とアルコールは美容の敵ですが、ワインに含まれる成分はAGEを抑える効果が期待できます。

 

糖質の少ない辛口タイプを選ぶとよいです。

 

マッサージは?

AGEの影響で老化した肌は、真皮のコラーゲンが硬くなっている状態です。

マッサージをするのは、肌に「折りジワ」をつけているようなものです。

入浴のときも、湯船に浸かってから体を洗い流すのではなく、入る前に洗い流す方が肌を痛めません。

 

くすみ撃退には?

年齢を重ねた肌は新陳代謝」にかかる期間が長くなるので、ピーリングやスクラブで落とすのは危険です。

ブルーベリーはいま、抗AGE作用があり、黄ぐすみ改善への効果が期待できます。

 

肌によい飲み物は?

緑茶に含まれるカテキンにはAGEを抑える効果があります。

それに対して市販のジュースは、加糖が多く、酸化防止剤などの添加物が含まれています。

 

肉より魚、アーモンドは?

魚は肉よりAGEの値が低く、DHAやEPAが豊富なので、アンチエイジングには最適です。

 

アーモンドにはAGE化(糖化)を防ぐ働きがあるので、入ってくるAGEを減らせます。

NHKあさイチでも紹介されました。

 

吹き出物ができてしまったときは?

皮脂のもとは油でなく、炭水化物が変化した中性脂肪です。

これが吹き出物の原因になります。

 

揚げ物は?

食材を揚げると、生の状態にくらべてAGE値が10倍にもなります。

ところがレモンをかけると値は半減します。

 

ご飯、パン、そばやうどんなどは?

ご飯、パン、そばやうどんなどは糖質のかたまりです。

AGEs生成につながります。

 

AGE化を防いで、美肌を作る薬草とは?

美容やダイエット

それは、日本山人参(ヒュウガトウキ)とういう薬草です。

 

日本山人参はインスリンの働きを活性化し、血糖値を下げる働きがあります。

それに加えて、日本山人参(ヒュウガトウキ)にはAGEを減らすのに注目が集まっているビタミンB1、B6や抗酸化力を持つ成分、動脈硬化を防ぐ様々な成分も含まれています。

>>ヒュウガトウキ(日本山人参)の成分詳細参照

 

さらに、ヒュウガトウキ研究の第一人者である水野修一先生が、ヒュウガトウキは最近話題の「アクアポリン」という細胞間たんぱく質の生成を、促進する可能性があると推測されている”といっておられます。

詳しくは、「40代から綺麗にダイエットしたかったら!!」の記事をご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 寝ながら骨盤を締めるストレッチ/産後、下腹、骨盤ダイエット方法

  • 脱腸とは?その症状(画像有り)・原因・発見法から手術までがわかる!

  • 安奈淳自殺未遂の膠原病「全身性エリテマトーデス」!たったこれでけで治る?

  • 低気圧による血圧(高血圧)、体調不良を何とかしたい!

関連記事

  • 指宿山川の露天風呂「たまて箱温泉」3年連続日本一

  • 特急「たまて箱」で行く指宿・竜宮伝説「玉手箱の謎」

  • 体温が低いと・・・・

  • がん~人類進化が生んだ病~

  • 黒にんにくは、宝田明さんの健康の秘訣!その炊飯器での作り方

  • 採血1回でがん13種類も診断できる!?~システ開発へ!