1. TOP
  2. 30代、40代でも骨粗しょう症!しかも、早く老ける!?

30代、40代でも骨粗しょう症!しかも、早く老ける!?

その他健康情報 この記事は約 6 分で読めます。 4,094 Views

骨粗しょう症は骨がスカスカになってしまう恐ろしい病気す。

近年の急速な人口の高齢化で、骨粗しょう症の患者数は年々増加し、今や1300万人とも言われます。

 

ところで、あなたは骨粗しょう症はお年寄りの病気と思っていませんか?

自分とは関係ないと思っていませんか?

でも、最新調査では、30~40代でも骨密度が危険ゾーンに突入してしまっている人が1割もいることが判明したのです。

しかも、早く老けるというのです。

 

これは警戒すべき事実です。

ためしてガッテンのテレビ番組でも放映された驚きの内容を紹介します。

骨粗しょう症になると早く老ける?

骨粗しょう症になると早く老ける

出典:calcium.saraswati.cc

骨細胞は骨の基本細胞で、骨において90~95%を占める骨の主要細胞です。

その骨細胞の驚くべき役割が、神戸大学 医学部附属病院 血液内科と北海道大学 大学院歯学研究科の共同研究で突き止められたのです。

 

つまり、骨細胞が、全身の臓器を操る黒幕であることが、マウスの実験で判明したのです。

遺伝子操作で骨細胞にダメージを与えると、マウスはまるでおじいちゃん、おばあちゃんになったように急に活力が低下したのです。

そのことから、骨粗しょう症になって骨細胞がダメージを受けると、老化現象が表れてくるということが突き止められたのです。

このことは、人間も同様になると考えられています。

 

骨細胞は、私たちの体にかかる重力や運動刺激を感知して骨の健康に重要な役割を果たすことが知られていました。

ところが、今回、全身の健康、とくに臓器を活性化する働きがあることが突き止められたのです。

 

骨細胞がなくなってくると、免疫力や赤血球が低下し、動脈硬化を引き起こし、インスリンの低下が起きるのです。

さらに、認知症の原因にもなることが判明してきたのです。

つまり骨がスカスカ、骨粗しょう症になると、骨細胞がダメージを受け早く老けるということです。

 

骨粗しょう症になりやすいタイプは?

痩せすぎ

ある女子中高生について、運動と骨密度の関係を調べたところ、骨密度の多い順に下のような結果になりました。

<1位>陸上部

<2位>新体操部

<3位>帰宅部

<4位>テニス部

<5位>水泳部

予想に反して、運動をしていない帰宅部が3位になったのは、骨密度に影響する要因が、意外や運動が1%の影響しかなかったからです。

 

骨密度に影響する要因

骨密度に影響する要因は、調査結果から下のようになることもわかりました。

<1位>痩せ型8%

<2位>母親の骨密度7%

<3位>身長2%

<4位>運動1%

<圏外>カルシウム0%。

つまり、痩せ型で母親の骨密度が低い人が、共通して骨粗しょう症になりやすいタイプだということが判明したのです。

 

30代、40代の骨粗しょう症の予防法

040431

30~40代の骨粗しょう症の予防法としては、骨密度を20歳から測るようにし、生活習慣の見直しをすることです。

 

骨密度は20歳から測るべき

骨密度測定

出典:yoro-seikei.or.jp

骨密度は20歳がピークで、70歳で骨粗しょう症になるというのが一般的です。

 

しかし、骨粗しょう症になりやすいタイプの人、とくに痩せ型で骨密度が低い人は、骨の貯金が普通の人に比べて少ないです。

それで、70歳になる前に骨粗しょう症になる危険性が高く、早い人では30~40代でも骨密度が危険ゾーンに突入します。

ピークの20歳に骨密度を測っておけば、50~60歳になったときの骨密度の予測ができ対処しやすいです。

骨密度は20歳から測るべきなのです。

 

骨密度は改善できる

骨密度の改善

出典:shintoko.org

痩せ型で母親の骨密度が低い骨粗しょう症になりやすい人でも、骨粗しょう症を防ぐことはできます。

 

それは以下の3つの点で、生活習慣を見直すことです。

1.食事~カルシウムを700mgを目安に摂る。また、カルシウムの吸収を助けるビタミンK、Dも摂るようにする。

2.運動~ジャンプや階段の上り下りなどで骨に刺激を与える。

3.日光浴~適度の日光浴でビタミンBを作る。

 

たった2回の注射で骨粗しょう症が治った?

新薬デノスマブ

出典:kenkomemo.blog49.fc2.com

81歳の小川幸子さんは、臨床試験で、新薬デノスマブの注射を2回しただけで、なんと骨密度が10%アップし、骨粗しょう症が治ったといいます。

そして、同年代の骨密度の比較ではいい方になったとのことです。

 

デノスマブは半年に1度注射を打つだけで、従来の骨密度の薬のように様々な制限もないそうです。

しかも驚くことに、従来薬より2倍ほど効果があるというのです。

 

骨は一度作られればそれで終わりではなく、「骨が壊される過程(破骨細胞)」と「骨が作られる過程(骨芽細胞)」を絶えず繰り返しています。

 

デノスマブは、破骨細胞の働きを抑えることによって骨が溶け出していく過程が遮断され、骨粗しょう症を治療することが出来ると考えられています。

但し、”歯やあごの炎症”、”血液中のカルシウム濃度の低下”などの副作用があり、この点での検証が必要とのことです。

 

いずれにしても、骨粗しょう症は治せる時代になったのです!

20歳に骨密度を測っておき、食事や運動、日光浴を心がけ、いざという時は、デノスマブの注射をすればいいというわけです。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

  • 夏に謎の心臓痙攣(隠れ心臓病)が脳梗塞を招く

  • 夫婦のスキンシップ効果でセックスレスも改善!特に更年期には・・・

  • 池谷先生の臓器別及び糖質抜きダイエットとは?

関連記事

  • 「あいうべー体操」効果による鼻呼吸で花粉症も激減!|あさイチ

  • 思いっきり泣く「涙」の驚くべきデトックス効果とは?

  • 私も死ぬまで元気に働きたい!!

  • 「継続は力なり!」を実感!その教訓とは?

  • 3秒ダイエット、6秒筋トレダイエット法でウェストが細くなる?|その原因Xにあり

  • 体温が低いと・・・・