1. TOP
  2. 下剤や便秘薬は便秘を呼ぶ!便秘を招く4つの原因

下剤や便秘薬は便秘を呼ぶ!便秘を招く4つの原因

 2014/12/05 その他健康情報
この記事は約 3 分で読めます。 150 Views
便秘


健康な体を作るための土台は、腸内環境を改善し、腸の働きをよくすることです。

でも、そのために「便さえ出せばいい」と思ったら、とんでもないことになります。

 

便秘に悩む多くの人は、便がでないことのつらさもさることながら、「悪いものがたまっている」という状況に危機感を抱いています。

そのため、つい下剤や便秘薬に頼ってしまう人が、実に多いのです。

 

しかし、これは大きなまちがいです。

下剤や便秘薬は腸の機能を衰えさす

下剤や便秘薬は、便を流しだすだけで、根本的に便秘を改善しているわけではないのです。

それどころか逆に、腸の機能を衰えさせ、さらなる便秘を呼ぶ悪循環に陥ることもあるのです。

 

腸が本来持っている機能を正常に戻すには、まず、食べ物や運動で腸を刺激して、腸の働きをサポートすることが重要です。

その上で、リラックスした状態を保ち、自律神経の働きを整えることができれば、より効果的に腸の働きを改善できます。

 

たとえば、散歩したり音楽を聞いて気分転換するのも、腸を養うおすすめ生活術です。

そして、便秘の原因をなるべく作らないようにして、腸の機能を衰えさせないことです。

 

腸の機能を衰えさせ、便秘を招く4つの原因

下剤や便秘薬は、上で述べたように、便秘を根本的に改善するものですはありません。

 

下剤や便秘薬が習慣化すると、腸本来の働きが失われ、腸が正常な働きをしなくなってしまいます。

 

そして、それらがさらなる便秘を呼ぶこともあるので、服用には注意が必要です。

 

でも、下剤や便秘薬以外にも原因があります。

 

その原因とは次の4つです。

もし、ひとつでもあてはまるものがあったら、あなたの腸の働きは衰えている可能性があります。

トイレをがまんしてしまう

便意を感じたときにがまんすると、老廃物が腸内に残り、腸に負担がかかります。

これが便秘を招くきっかけになります。

 

ダイエットを繰り返している

栄養バランスの悪い食事や、食事量を極端に減らすと、腸の活動が鈍ります。

ダイエットを繰り返すことで、腸の力そのものが低下する危険性もあります。

 

炭水化物をとらないようにしている

ごはんや麺、パンなどの穀物類を避けると、便のかさが極端に減り、排便しにくくなります。

食物繊維も不足してしまいます。

 

ストレスを感じている

自律神経の働きも腸には大きな影響力があります。

ストレスによって交感神経が優位になると、腸の働きを鈍らせることになります。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

便秘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 脱腸とは?その症状(画像有り)・原因・発見法から手術までがわかる!

  • 糖質制限メリットと7つの弊害・デメリットとは?

  • リバウンド知らずの最先端ダイエット方法とは?

  • 愛情ホルモンオキシトシンとは?浮気防止にも!でも、不倫には?

関連記事

  • 削らずに治す虫歯治療の秘密とは?|シューイチ

  • 膣トレーニング(PC筋・8の字筋の鍛え方)で人生が変わる!その効果的やり方

  • 「継続は力なり!」を実感!その教訓とは?

  • コレステロールの2つの新事実!基準値内でも動脈硬化!?|世界一受けたい受業

  • 脂肪肝を減らす最新研究~なんと急激なダイエットはかえって脂肪がつく?

  • 沖縄県の長寿神話の崩壊は「メタボ対策」の失敗?|週刊新潮