1. TOP
  2. 沖縄県の長寿神話の崩壊は「メタボ対策」の失敗?|週刊新潮

沖縄県の長寿神話の崩壊は「メタボ対策」の失敗?|週刊新潮

 2014/08/06 その他健康情報
この記事は約 3 分で読めます。 386 Views

長寿県と言えば、かつては沖縄県でした。

それが長野県に取って代わられ、女性の平均寿命は3位、男性に至っては、全国平均すら下回る30位です(2010年の統計)。


沖縄県の長寿神話の崩壊の原因は?

沖縄県は働き盛りの死亡率が全国的に高く、急性心筋梗塞や脳血管疾患で死亡する人が多いのです。

生活習慣病のリスクを高めるメタボ該当者と予備軍を合わせると、男女とも40代以上で全国平均を上回っています。

 

早くから欧米型の食事を取り入れ、揚げ物やチャンブルーなどの炒め物を食べて油脂を過剰摂取することが肥満を招くと考えられたのです。

また、暑さなどから運動する習慣に乏しいのです。

 

つまり、再び長寿県を目指すには、”メタボ県”からの脱却が急務だったのです。

 

メタボ対策による低栄養化が裏目に!

日本応用老年学会の柴田専務理事は沖縄県のこのメタボ対策に異を唱えています。
「食生活の欧米化が平均寿命を縮めたというのはデタラメです。1日の脂肪摂取量が63gと、全国平均を5%も上回っていた80年代後半、沖縄は男女とも平均寿命が日本一でした」と・・・。

 

「仏教の影響が薄い沖縄では肉食タブーが少なく、戦前っからヤギや豚肉を豊富に食べていた。戦後も関税が低く抑えられ、牛肉が広く流通した事の意味は大きい。日本人に多い脳卒中は、動物性タンパク質や脂肪が不足し、もろくなった細い血管が詰まったり、切れてしまうタイプなどでメタボ対策で低栄養化が進めば長寿を縮めかねません」

 

こくらクリニック(那覇市)の渡辺信幸院長も、
「沖縄では伝統的に『鳴き声以外は全て食べる』と言われるほど、あらゆる調理法で豚を食べてきました。豚肉はビタミンAやビタミンB1などの栄養価が豊富で、毛細血管を強くする脂肪も含まれている。しかし、2,000年以降、県は脂肪やカロリーの過剰摂取を槍玉に挙げ、肉を控えて野菜を多く摂る”和食”を勧めた。その結果、平均寿命は下がり続けています。食の欧米化ではなく、”粗食化”が長寿の敵なんです。」

 

”肉食”回帰こそが、長寿県復活への近道なのは推して知るべし、であると週刊新潮は締めくくっています。

 

食事健康法については、いろんな点や条件を考慮して決める必要があると思いました。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 乳がんや子宮頸がん及び前立腺がんとセックス問題

  • 小林麻央(死去)の乳がんの原因はストレス?|若くてもガンになる!なぜ?

  • お尻歩き効果でバスト・ウェスト・ヒップが!道端カレンが証明!

  • パンが食べたい人に!ダイエットパンと太らないパンの食べ方

関連記事

  • カルシウムが不足していませんか?

  • 新型鉄分不足「フェリチン」とうつ病の関係|NHKあさイチ

  • 長生きの秘訣は腹八分

  • 新年2017年を新しい気持ちで迎えるちょっとしたコツ!

  • 所得が低いと肥満になる?

  • 近藤誠医師「健康診断が私たちを不幸にする」