1. TOP
  2. 2カップ差おっぱいランキングの謎に迫る!

2カップ差おっぱいランキングの謎に迫る!

その他健康情報 この記事は約 4 分で読めます。 812 Views
全国おっぱいランキング

週刊現代に「47都道府県おっぱいランキング」というのが載っていました。

 

それによると、1位の香川と最下位の和歌山ではなんと2カップ差もあったとのことです。(下着メーカーダイアナによる50万人調査)

そのおっぱいの謎に迫ってみました。

おっぱいランキング10位とは?

おっぱいランキング

出典:www.youtube.com

そもそもおっぱいの大きさは個人的なものとばかり思っていました。

まさか都道府県によってこれだけの差があったとは?

 

食生活とか気候や風土、肥満などとも関係しているのかも知れませんが、これはとしか言いようがないです。

「おっぱいランキング10位」を見ると以下のようになっています。

【第1位】香川県

【第2位】島根県

【第3位】高知県

【第4位】栃木県

【第5位】愛媛県

【第6位】滋賀県

【第7位】福島県

【第8位】茨城県

【第9位】青森県

【第10位】宮城県

5位までの中に、四国の県が3県もあるということは、ここに謎が隠されているのかも知れません。

 

おっぱいの謎1~イソフラボンの摂取量の違い?

イソフラボン

出典:www.pacfs.org

人のおっぱいの大きさは乳腺の量によって決まります。

そして、その乳腺を刺激して増やすのが女性ホルモンの働きです。

 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンの化学構造とよく似ているのです。

 

美容ブログで、豆乳を飲むとおっぱいが大きくなるという記事を見たことがあります。これは本当だったのかも知れませんね(笑)

 

豆腐の1世帯当り消費量ランキングトップ10(全国の県庁所在市と政令指定都市ノランキング)では、5位に松江市(島根県2位)、6位に高知市(高知県3位)、10位に松山市(愛媛県5位)となっています。

 

豆腐の消費量の大きい県は、おっぱいランキング上位であると言えなくもないですが、大豆由来の醤油の消費ランキングとの関係では決め手に欠けています。

 

おっぱいの謎2~ぐっすり眠れているかどうか?

出典:muneo-kikusiyo.com

出典:muneo-kikusiyo.com

乳腺を刺戟して増やす女性ホルモンの分泌は、夜間寝ている時に高まります。

また、精神的なストレスによっても女性ホルモンの分泌は大きく左右されます。

 

総務省による県別の「平均睡眠時間調査」によるとおっぱいランキング5位の高知県が全国都道府県中2位の長さです。

それに対して、全国で最も睡眠時間が短い神奈川県は、おっぱいランキング43位と下位になっています。

 

おっぱいの謎3~セックス経験?

セックスでおっぱいが大きくなる

出典:www.youtube.com

満たされるセックスは、ホルモンバランスを整えて、女性を魅力的にしてくれます!

 

コンドームメーカー「相模ゴム工業」が全国1万4100人を対象に行なったセックスアンケートによると、

県別のセックスランキングでトップだったのは、おっぱいランキング3位の高知県。香川県も4位と、四国勢の強さが目立っています。

 

まとめ

s-appliances_5_rika


女性ホルモンは多ければ多いほど脂肪がつきやすく、おっぱいも大きくなっていきます。

 

しかし、それは思春期から成人期にかけてのことです。

この時期に、激しいスポーツなど大きなエネルギーを使ったり、精神的ストレスなどでダメージを受けると、逆におっぱいは小さくなってしまいます。

 

週刊現代に載っていた「大豆」と「睡眠」そして「セックス」説も、もうひとつといったところでしょうか。

依然として、都道府県別おっぱいランキングとの因果関係は謎のままです。

おっぱいの謎はますます深まっていきます。


\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

全国おっぱいランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ふくらはぎを揉むだけで高血圧をはじめ様々な効果が!

  • 30,40代でも骨粗しょう症~骨の老化防止にはメラトニンが一番!

  • 下半身型冷え症はお尻のツボ「臀中」や築賓等を押すだけで改善!

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

関連記事

  • 命は長さじゃない!燃え尽きてこそ・・・・|あるうつ病患者の言葉より

  • 肉食中心の食事は早死にする?それとも長生き?

  • なかなか治らない「偏頭痛が原因の新型めまい」とは?

  • 長生きの秘訣は腹八分

  • 向井亜紀の極秘「がん手術ステージ」は?中村獅童の手術の時は?

  • 徹夜の影響で白血球13%リンパ球9%を12時間で破壊!|週刊新潮