1. TOP
  2. 嫁ぐ娘への手紙~娘から両親への手紙につい涙!

嫁ぐ娘への手紙~娘から両親への手紙につい涙!

 2014/10/24 その他健康情報 この記事は約 3 分で読めます。 3,931 Views
嫁ぐ娘への手紙

考えてみると、ずいぶんと長い間、感動の涙を流したことがありません。

 

嫁ぐ娘の結婚式が最後です。

 

ボケないためにもあの時の情景を焼き直して見ました。

 

つい半年前、次女の結婚式があったと思ったら、今度は長女の結婚式でした。

 

嫁ぐ娘のお陰様で、結婚式の最大のハイライト、ヴァージンロードを2回も歩いてしまいました。

 

これはっぱり、いい思い出ですね!

 

とにかく長女との間ではいろいろありました。妻は悩んでノイローゼぎみになったことがありました。

 

それに本気で私を怒らせてしまったただ一人の子供・・・。
1年ほどお互いに口を聞かなかった時期もありました。

 

そんな娘が結婚式で、両親に当てた手紙の中で、涙ながらに反省の弁を述べたものですから・・・。

 ついつい涙が溢れてしまいました。妻はもうすすり泣きです。


娘との忘れられない思い出

とにかく赤ん坊の頃の娘は可愛いかったです。

 いまでも胸にしっかりとしがみついてくるあの感触が甦ってきます。

 

自発的で丈夫な子供に育てたいと、水泳教室に通わせ、私が体験した「組織革新研」の静岡での子供キャンプにも参加させました。

ところが気がついてみたら、気の強い私の手におえない子供になっていました。

 

幸いいろんな人に支えられて、完全に立ち直ってくれました。どこで仕事のやり方を学んだのか不思議なのですが、仕事はテキパキとできるみたいです。

 

それに両親としては申し分のない伴侶を見つけてくれたのですから、こんな嬉しいことはありません。

 

嫁ぐ娘へ~父から娘への手紙

次女には、私が若い頃、好んで使っていた”アウフヘーベン”という言葉を贈りました。
長女にも何かないかと考えていたら、ついこの間、偶然にもものすごく心に響いた言葉が見つかりました。

 

それは「連理(れんり)の枝」という言葉です。

 

この言葉は、NHK連続テレビドラマ小説「ウェルかめ」を見ていて知ったものです。

 

ウェルかめの主人公波美がチャレンジャーとして取材したおばばさんによると、
連理の枝とは、風雪に耐えて生きてきた2本の樹木がいつの間にか、寄り添うようにお互いに枝を伸ばし愛(あい)、絡み愛ながら、まるで一本の樹に見えることを言うのだそうです。そしてそれは夫婦関係だけでなく、おそらく他人との関係でもありうるのではと・・・」言うのです。

 

あなたにピッタリの言葉ではないかと思います。
鹿児島に恩返しをしたいと決意した旦那さんを支え続ける上でもピッタシの言葉、そいう気がします。

 

セラピストも眼科医もお客さんあっての仕事です。
ぜひこの「連理(れんり)の枝」という言葉を常に思い出し、お互いに助け合い地域からも喜ばれる夫婦になって欲しいです。

 



\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

嫁ぐ娘への手紙

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 下半身型冷え症はお尻のツボ「臀中」や築賓等を押すだけで改善!

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

  • 夏に謎の心臓痙攣(隠れ心臓病)が脳梗塞を招く

  • 夫婦のスキンシップ効果でセックスレスも改善!特に更年期には・・・

関連記事

  • 幸せ実感!幸せホルモンの効果的出し方とは?

  • 長野県は塩分摂取が全国一なのに長生きNo1はなぜ?

  • 65歳以上でも楽しめ、若返る!演歌サイズ、歌謡エクササイズとは?

  • 脂肪肝を減らす最新研究~なんと急激なダイエットはかえって脂肪がつく?

  • 腹式呼吸の効果を何十倍にも高める効果的なやり方とは?

  • 間寛平の前立腺がんは完治か? アーメーマー!