1. TOP
  2. 糖尿病

糖尿病

  • 糖尿病に優しい六つの食べ方

    糖尿病において食のケアは極めて重要です。  正しい基本的な知識を身につけていれば、いろいろと応用もできます。 今回「糖尿病とつき合ってこの10年でわかったこと」という本より六つの食べ方を紹介いたします。食のケアはこれで万 […]

    2013/07/21
  • 糖尿の自覚症状

    糖尿という病気がやっかいで怖いのは、血糖値が高いことに気がつきにくいということです。大部分の人は血糖値が高くても症状がなく、何らかの症状があっても単なる疲労や体調不良と思ってしまい、気づきにくいからです。 知らず知らずの […]

    2013/07/09
  • 糖尿病は歩いて治そう!

    歩くことは糖尿病だけでなく、肥満、高血圧、高脂血症などにも効果的です。 生活習慣病という病気は、仕事でストレスを溜め込み、歩かない日常生活がもたらした病気がといっても良いと思います。 歩くことにより気分もリラックスできる […]

    2013/07/05
  • 糖尿病の効率よい運動のやり方とタイミング

    糖尿病の予防や治療において最も重要なのは、運動療法と食事療法です。 ところが運動療法で「毎日一万歩歩きなさい」とおっしゃるお医者さんがいますが、まず無理だと思います。運動にも 効率のよい運動とタイミングがあるのです。

    2013/06/18
  • 「DPP-4阻害薬」という画期的糖尿病新薬とは?

    つい先日、病院で「週間朝日」という週刊誌を読んでいたら、進化する新薬ということで、「DPP-4阻害薬」(インクレチン分解酵素阻害薬)という新薬が紹介されていました。

    2013/06/14
  • ストレスや睡眠不足は糖尿病の大敵?

    ストレスや睡眠不足は、糖尿病にとって大敵です。 それはストレスと睡眠不足が活性酸素を暴走させるからです。

    2013/06/09
  • 日本人は欧米人に比べてなぜ糖尿病にかかりやすい?

    日本人は欧米人に比べて糖尿病にかかりやすい体質をもっています。 インスリンの分泌量が欧米人の約二分の一で、ベータ細胞の働きが弱いのです。 というより進化の過程で、インスリンの分泌量を極力押えるように遺伝子暗号がセットされ […]

    2013/06/03
  • 糖尿病性神経障害とは?

    糖尿病性神経障害とは、体のすみずみまで広がる末梢神経の働きが低下して起こる症状で、糖尿病の中で最も早く症状があらわれる合併症です。 それで手足の痺れなどを感じたら、糖尿病性神経障害ではないかと、検査を受ける必要があります […]

    2013/05/26
  • 糖尿病は血糖コントロールをする時代!

    糖尿病という病気は、昔は死に至る謎の病として人々から恐れられてきました。 記録に残っている最も古い糖尿病患者は紀元前のエジプト王朝の頃です。 そして1921年にインスリンが発見され、さらに長い年月を経て最近になって、糖尿 […]

    2013/05/15
  • 糖尿病合併症は治せる時代になってきた!

    ここ数年の医学の進歩により「糖尿病合併症は治すことができる」時代に入っているとおっしゃっておられるのは、「糖尿病は生ものを食べなさい」という本の著者牧田善二先生です。

    2013/05/02
  • 贅沢病から生活習慣病となった糖尿病

    糖尿病は、一昔前は贅沢病と呼ばれ金持ちだけがなる病気でした。 それがいまや国民病です。厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」によると、国民の4人に1人以上が糖尿病かその予備群であることが報告されています。 &n […]

    2013/04/26
  • 糖尿病性の下肢動脈閉塞症の疼痛のひどい患者が劇的に改善した治療法とは?

    36歳のとき子宮がんで手術・コバルト治療、58歳当時から糖尿病治療。61歳のときは脳血栓のため入院ー全身の動脈硬化が明白な68歳女性の実証事例です。   病院へ来診されたときは、両下肢がひどく痛み、足先が紫色に […]

    2013/01/30
  • 糖尿病の診断が間違っていたのかなあ・・・・

    生活習慣病検診で「血糖値がやや高い」と診断されても、何の自覚症状もないことから、生活や仕事に追われているとついそのままにしておきがちな病気・・・、それが糖尿病です。 糖尿病はほとんどの場合、自覚症状が全くといっていいほど […]

    2013/01/21
  • 糖尿で何故手足がしびれるのか?

    人が糖尿病状態となって血糖値の高い状態すなわちわち血糖コントロールがうまくいかなくなると、神経血管内皮細胞および周囲細胞内でアルドース還元酵素が働いて、抹消神経内にソルビトールを大量に作り出し蓄積するようになります。そうなると神経や血管などに障害が起こるようになり、四肢のしびれ感や、ジンジンする痛みの自覚症状がが現れ、検査所見としては神経伝導速度の遅延や振動覚の低下が見られるようになります。すなわち、手足がしびれる明らかな抹消神経阻害と診断されるのです。

    2012/12/22
  • 糖尿は合併症さえ引き起こさなければ、怖い病気ではない?

    昔は死の病と恐れられていた糖尿病ですが、今や血糖値をうまくコントロールして、合併症さえ引き起こさなければ、怖い病気ではありません。ただ自覚症状がないからと言って、高血糖状態をそのまま放っておくと10年後、15年後には恐ろしいことになります。合併症という糖尿が原因の別の病気や症状を引き起こすからです。最悪の場合には、壊疽で足を切り落とすとういう事態になったり、ある日、突然目が見えなくなったり、尿毒症を起こし、人口透析が必要という自体もあり得るのです。もうこうなったら後悔してもしきれません。

    2012/12/10
  • 糖尿病と高血圧を合わせ持っている人は合併症を引き起こす危険性が高い?

    総合メニューの「高血圧と糖尿病」のページでも書いていますように、生活習慣病の代表格ともいえる糖尿病と高血圧を合わせ持っている人は合併症を引き起こす危険性が極めて高いです。なぜなら、血圧が高くて血糖値が高い人はそれらが相乗効果を引き起こし、動脈硬化の進行を早め、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症などの合併症を引き起こす危険性が高いからです。合併症を回避するポイントは食事と運動です。

  • 高血圧と糖尿病を併せ持っている人はヒュウガトウキがお勧めです。

    高血圧はほとんど自覚症状がない病気です。それで定期健康診断で高血圧と診断されても、自覚症状がないからそのまま放っておきがちです。 ただ気をつけないと、高血圧はある日突然、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞を発症して死に至るということがしばしば起こっています。だから高血圧のことをサイレントキラー(静かなる殺し屋)とも呼んでいるのです。

1 2 3