1. TOP
  2. 頑固な便秘には「うつ伏せ寝とゴロゴロ体操」などの腸活だ!

頑固な便秘には「うつ伏せ寝とゴロゴロ体操」などの腸活だ!

 2017/05/13 ダイエット情報
この記事は約 7 分で読めます。 13,548 Views
便秘

頑固な便秘!

そのまま放っておくと、お肌や気分に影響します。

しかも、体内で水素やメタンガスが充満すると、死を招くことだってあるんです。

また、つい便秘薬にたよって、腸の機能を衰えさしてしまう人も多いです。

 

そんな怖い便秘ですが、腸活が効果的です。

腸内環境によい食事や、大腸の活動を促すエクササイズやマッサージ「うつ伏せ寝とゴロゴロ体操」などで腸を刺激するだけで、便秘が解消します。

「金スマ」や「NHKためしてガッテン」や「みんなの家庭の医学」でも放映されました。

便秘で体内に水素とメタンガスが充満すると?

出典:GEORGIA

出典:GEORGIA

ストレスや疲労がたまり、食生活が悪くなると、便臭も強くなります。

ストレスや疲労、食事の影響で腸内細菌のバランスがくずれ、「悪玉菌」がふえて消化物の腐敗が進むからです。

 

その時、一番問題になるのが、体内に充満する水素やメタンガスなどの毒素・・・。

便秘や下痢などの便通異常を放置していると、腸が老化してしまうといいます。

最悪の場合は、腸の壁に穴の開いたように変形し、その炎症から死を招くことだってあるのです。

これが本当なら恐怖です。

東邦大学医療センター大森病院瓜田純久先生によると、体内に充満する水素とメタンガスを減らせば、その恐怖を取り除き、腸は若返るといいます。

 

みんなの家庭の医学でガス量を測ったら

腸のガス量

出典:bkprs.com

みんなの家庭の医学では、40代~60代の男女10名の方に協力してもらい、水素とメタンガスの量を測定しました。

そうしたら、便通のない方は基準値の10mg以下のガス量でしたが、便秘で悩んでいる人は、基準値を大幅に超える結果になりました。

便秘歴50年という水上さんは、基準値の約7倍、69mgもあったのです。

 

頑固な便秘で腸が老化している人は、1日40㍑のガスが発生し、中には50㍑のガスが発生する人もいるとのことです。

このガスの80%は おならで排出されます。

ところが、残りの20%は再吸収されてしまいます。

この毒素が血液に溶け込んで全身をめぐると、肌荒れや口臭など、様々な不快症状の原因となるのです。

 

下剤や便秘薬は大きな間違いのもと

便秘薬

便秘に悩む多くの人は、便がでないことのつらさもさることながら、「悪いものがたまっている」という状況に危機感を抱いています。

そのため、つい下剤や便秘薬に頼ってしまう人が、実に多いのです。

 

しかし、これは大きなまちがいです。

下剤や便秘薬は、便を流しだすだけで、根本的に便秘を改善しているわけではないのです。

それどころか逆に、腸の機能を衰えさせ、さらなる便秘を呼ぶ悪循環に陥ることもあるのです。

 

腸が本来持っている機能を正常に戻すには、まず、食べ物や運動で腸を刺激して、腸の働きをサポートすることが重要です。

その上で、リラックスした状態を保ち、自律神経の働きを整えることができれば、より効果的に腸の働きを改善できます。

 

たとえば、散歩したり音楽を聞いて気分転換するのも、腸を養うおすすめ生活術です。

そして、便秘の原因をなるべく作らないようにして、腸の機能を衰えさせないことです。

 

腸の機能を衰えさせ、便秘を招く4つの原因

便秘の原因

下剤や便秘薬は、上で述べたように、便秘を根本的に改善するものですはありません。

下剤や便秘薬が習慣化すると、腸本来の働きが失われ、腸が正常な働きをしなくなってしまいます。

そして、それらがさらなる便秘を呼ぶこともあるので、服用には注意が必要です。

 

でも、下剤や便秘薬以外にも原因があります。

その原因とは次の4つです。

もし、ひとつでもあてはまるものがあったら、あなたの腸の働きは衰えている可能性があります。

 

トイレをがまんしてしまう

便意を感じたときにがまんすると、老廃物が腸内に残り、腸に負担がかかります。

これが便秘を招くきっかけになります。

 

ダイエットを繰り返している

栄養バランスの悪い食事や、食事量を極端に減らすと、腸の活動が鈍ります。

ダイエットを繰り返すことで、腸の力そのものが低下する危険性もあります。

 

炭水化物をとらないようにしている

ごはんや麺、パンなどの穀物類を避けると、便のかさが極端に減り、排便しにくくなります。

食物繊維も不足してしまいます。

 

ストレスを感じている

自律神経の働きも腸には大きな影響力があります。

ストレスによって交感神経が優位になると、腸の働きを鈍らせることになります。

 

便秘に即効性のある腸活とは?

腸活

出典:kanarikinic.com

「金スマ」のテレビ番組では、20代表のざわちんさん、30代代表の小倉さん、40代代表の小島奈津子さんが、10日間の腸活にチャレンジしました。

3人がチャレンジしたのは次の7つの腸活メソッドです。

①大詰まりポイントを揉みながら腰を大きく回す。

②朝に水を一気飲み!

③大根ハチミツヨーグルトを摂る。

④甘酒いちごミックスを摂る。

⑤アマニ油を大さじ一杯飲む。

⑥お尻の筋肉を鍛える。

⑦便座エクササイズを行う。

 

以上で、3人の頑固な便秘が解消されました。

さらには、快眠・美肌・ダイエットまでという驚きの結果が得られました。

【金スマ】腸活で便秘解消!第2弾の放送内容2017年5月12日

 

でも、もっと強力なエクササイズがあります。

それは「みんなの家庭の医学」のテレビ番組で紹介された方法です。

 

腸活「うつぶせ寝とゴロゴロ体操」

ゴロゴロ体操

出典:tvksj.com

「みんなの家庭の医学」のテレビ番組では、瓜田純久先生が驚きの腸活を公開しました。

それは次の2点です。

1.食事と食事の間に8時間以上の空腹時間を作る。

2.うつ伏せ寝とゴロゴロ体操を1日10分以上する。

 

この方法で前述の便秘歴50年の水上さんが実践したところ、1日で便通がありました。

そして、3日目には快便がでて、1週間連続、排便があったのです。

ガスの量も69mgと基準値の7倍あったものが17mgへと大幅にダウンし、正常(10mg)に近い値になりました。

その改善ぶりは、水上さんに”恐るべしうつ伏せ”と言わせたほどでした。

 

なぜ8時間以上の空腹時間が必要か?

腸の画像

瓜田先生によると、便通をよくするには、食事と食事の間で8時間以上の空腹時間が必要ということでした。

 

食べた物は胃で消化され、小腸でその栄養を吸収します。

そして、吸収し終わったら小腸は活発にぜん動運動を行い、食べた物を大腸に送り出します。

この小腸のぜん動運動が活発になるのは、食べて8時間後です。

ところが、8時間も経たない内に次の食事をしてしまうと、小腸のぜん動運動が働かなくなってしまうのです。

だから、8時間以上の空腹時間は絶対に必要なのです。

 

逆に、それが行われないと食べ物に細菌が付着・増殖し、発酵してしまいます。

そうすると、水素・メタンガスの毒素が発生し、腸も老化していくのです。

つまり、便通を良くするには、食事の内容よりも時間の方が大切というワケです。

 

何故、うつ伏せ寝が便秘に効くのか?

うつ伏せ

出典:bodyexpert.biz

小腸の写真をみるとわかるのですが、小腸は複雑な形に折りたたまれています。

それで、通常のマッサージで刺激するのは難しいのです。

 

そこでうつ伏せ寝になると、折りたたまれている小腸全体をまんべんなく刺激できるのです。

さらに左右にゴロゴロ体操をすることで、その刺激効果は大きくなります。

 

「の」の字のマッサージなどでも効果はあるのですが、特に頑固な便秘の人で即効性を出すためには、小腸全体をまんべんなく刺激する必要があるのです。

 

うつ伏せを習慣化するには、スマホなどをする時、時々うつ伏せ状態でやってみるのもいいかも知れませんね!

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

便秘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 脂肪分解物質マイオカインとは?分泌を促す筋トレと食べ物!

  • 女性ホルモンはオーガニズム!セックスorひとりエッチ?

  • 向井亜紀の極秘「がん手術ステージ」は?中村獅童の手術の時は?

  • 認知症には水分補給!水の健康効果は計り知れない!

関連記事

  • 熟年太りに悩む3人の女芸能人が奇跡の大変身!|ナイナイアンサー!

  • 今話題の痩せるホルモン分泌方法とは?超簡単!ただ食べるだけ!

  • 痩せる脂肪「褐色脂肪細胞」を増やすのは今がチャンス!

  • 脂肪がつきにくくなる「体内時計ダイエット方法」とは?

  • 睡眠不足でかえって肥満?美につながる睡眠とは?

  • 超下半身おデブダイエット成功の鉄則は頑張らない?