1. TOP
  2. 無理なく痩せられる効果的ダイエットのコツとは?

無理なく痩せられる効果的ダイエットのコツとは?

 2015/01/31 ダイエット情報
この記事は約 5 分で読めます。 554 Views
綺麗にダイエット

『やせたい!』 

『でも、おなかがすいてないのに、つい食べちゃう!』

 

それはあなたが食欲の正体を知らないからなんです。

 

もしあなたがこの食欲の正体を知れば、辛いダイエットに挑戦しなくても、無理なく痩せられます。

つまり、あなたもモデルのような理想のスタイルが手に入れられるのです。

 

今日はこんなあなたに、無理なく痩せられる効果的ダイエットのコツを伝授します。


効果的ダイエットのコツは脳をだますことから

満腹中枢と摂食中枢

出典:目指せ!食事健康ナビ

実は、上の食欲の正体は、脳の視床下部にある空腹時に働く摂食中枢と、満腹時に働く満腹中枢です。

 

この仕組を知ってうまく食欲をコントロールすれば、”おなかがすいてないのに、つい食べちゃう”なんてことはありません。

 

これこそが、無理なく痩せられる効果的ダイエットのコツなのです。

 

あなたは体調を崩して食べる量が減った後、体調が戻っても食事をすると、すぐに満腹になった経験はありませんか? 

これは胃が小さくなったワケではないのです。
脳が「少量でも栄養は足りている」と判断したからです。

つまり、満腹中枢を刺激するタイミングが変わったのです。

 

エネルギーが足りないと感じると、摂食中枢は口内に唾液を分泌させたり、消化器官を刺激して、食事に関わる体の働きを無意識に促します。すると私たちは、空腹を感じるようになるのです。

そして食事をすると、摂取した栄養素が分解されて、グルコースは血中に吸収されます。その後、グルコースの量を減らすインスリンホルモンが、すい臓から出ます。

このふたつの成分が血液に乗って、脳の摂食、満腹中枢に「もう必要ないよ」「まだ摂取するべきだよ」という指令を伝える役割をするのです。

 

食欲は脳が感じるわけですから、必ずしもお腹を膨らませなくても、脳を満足させることで効果的にダイエットすることが可能になります。

 

脳ダマしによる効果的ダイエットのコツはゆっくりと減らすこと

少しでも早く痩せたいからといって、急激に食事の量を減らすと、満腹中枢がいつまでたっても働きません。

その結果、少量でも食べ続けてしまったり、無理な食事制限に耐えきれなくなって、ドカ食いに走ってしまうことになります。

 

食欲をダイエットに効果的に活かすなら、食事の量をほんの少しずつ減らすことです。

例えば、月曜日に主食とおかずをひと口ずつ減らしたら、その週はその量をキープします。

次の週にはさらにひと口減らすなど、急激に無理な減らし方をせず、「これでも栄養は足りているな」と脳をダマすのです。

 

満腹感が得られるので辛くない上、代謝で消費できる量を上手に摂取してあげることで、体の機能も効率よく摂取したエネルギーを燃焼するようになります。

 

ゆっくりと目標体重、体脂肪まで体を改善できたら、食事量をそこでキープしてあげましょう。

 

別腹デザートのコントロール法

最後に、女性が大好きな”別腹デザート”のコントロール法です。

 

前頭連合野は、味に飽きてきてしまい「もう食べられない」という指令を出しています。

つまり、栄養が十分に摂れたという満腹中枢が出す「もう食べなくて良い」という指令とは、種類が違うのです。

 

主食やおかずには、デザートに類似する味がありません。そこでつい「美味しそう」と感覚的に思ってしまいます。

すると前頭連合野は胃を動かし、デザートを入れるスペースを作ってしまいます。

 

ここでおすすめなのが、デザートメニューを見ないという単純な方法です。
さらに、食後のお茶をデザートだと思えればしめたもの。

 

口の中がすっきりしたら、外出先でも歯を磨く癖をつけてしまいましょう。
食事が完全に終わったことを、前頭連合野に教えるのです。

 

今日からすぐに取り入れられる方法です。

いつもきれいな女性は、無意識のうちに自分の脳と体を、上手に騙してコントロールしているのかもしれません。

 

”○○してるつもり”だけで、嘘みたいな筋トレ効果

これは、女芸人まあこさんがテレビ番組の企画で、韓流トレーニングで27kg痩せ、さらに1ヶ月で13kg痩せた脳だましエクササイズです。

たとえば、実際にはダンベルを持っていなくても「ダンベルを持っているつもり」で腕を動かす、階段を上がる時は「崖を登るつもり」で一生懸命上がるなどです。

 

また、ダイエットの停滞期には「やせない、どうしよう」ではなく、「体重が維持できていてすごい!」と自分を褒めればうまく、停滞期を乗り切ることができるようになります。

 

このように、脳をだますことで効果的なダイエットが実現できるのです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

綺麗にダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 女性ホルモンはオーガニズム!セックスorひとりエッチ?

  • 向井亜紀の極秘「がん手術ステージ」は?中村獅童の手術の時は?

  • 認知症には水分補給!水の健康効果は計り知れない!

  • ゆるい糖質制限で、心臓病って本当?

関連記事

  • 東尾理子いとこ、りえちゃん63kg激痩せ大変身!そのダイエット法とは?

  • 頑固な便秘には「うつ伏せ寝とゴロゴロ体操」などの腸活だ!

  • デブ女って?でも、ちょいデブが一番モテて、長生き!

  • 肥満の救世主!ダイエットパンと太らないパンの食べ方

  • 叶姉妹のお肉ダイエット(糖質制限食)の5つの極意

  • 肥満を防ぎ、血糖値を上げない5つの食習慣とは?