1. TOP
  2. ガンで「余命宣告」を告知されても、長生きできる!

ガンで「余命宣告」を告知されても、長生きできる!

 2016/05/14 がん情報 この記事は約 4 分で読めます。 6,467 Views

もしあなたがガンにかかり「余命1ヶ月です、3ヶ月です、6ヶ月です」余命宣告されたら、あなたはどうしますか?

おそらく、「どうしよう」とパニックになり、手術で治らないだろうか、画期的治療法はないだろうか、どこかに名医はいないだろうかと、考えるのではないでしょうか。

 

もしかしたらあらゆる病院を駆けまわって、「どんなにお金がかかってもいいから、できるかぎりの治療を受けたい」と医者に頼み込むかも知れません。

ガンの現実を受け入れることができれば、長生き出来る!

出典:ganmaga.jp

出典:ganmaga.jp

ただ、ガンが良くなるか、悪くなるかは、あなた次第なのです。

ガンの現実を受け入れ、無理をせず、あきらめなければ長生きできるのです。

 

2人3脚で挑む・・ホノルルマラソン

下の動画は、ガン余名宣告6ヶ月・27歳元看護師「2人3脚で挑む・・ホノルルマラソン」です。

特に「与えられた命を全うし、今を生きること」という部分に感動を覚えました。

人世に輝きを失ってはダメなんだ”と、心からそう思いました。

 

これが全てのガンの5年生存率ナマ数値だ!

ガン患者

週刊現代に、「これが全てのガンの5年生存率ナマ数値だ!」という巻頭ぶち抜き10ページが公表されました。

 

30万人の「医療ビッグデータ」がはじき出したものですから、かなり信憑性の高いデータです。

 

それによると、「危ないがん」ランキングとして、膵臓、胆のうのⅣステージ、男・女が1~4位を占め、5年生存率は、1.2~2.4%となっています。

最も患者数の多い胃がんの5年生存率はⅣステージで、男7.0%、女7.1%になっています。

 

一方、「助かるがん」ランキングでは、甲状腺(Ⅲ、男)、乳がん(Ⅱ、男)、前立腺(Ⅱ、Ⅲ、男)は、5年生存率100%となっています。

 

一口にガンといっても、5年生存率にはかなりの差があります。

 

でも、これはあくまでも平均的な数値で、患者個人を見れば、余命宣告より長生きする人は確実に存在するのです。

 

その違いは、”あきらめない” ”無理はしない” ”ガンを受け入れる”なのです。

 

危ないガンのトップである膵臓ガンにしても、心筋梗塞や脳梗塞みたいに、突然死が襲いかかるわけではありません。

 

ガンの場合は、時間的余裕が残されていますから、ガンを受け入れることさえできれば、動画の茜さんのように、新たな人生設計を立てることだってできるんです。

 

思いつめるのは逆効果

055694

週刊現代に、肝臓がんを患って、医師から3ヶ月の「余命宣告」を告知された坂本雅一さん(仮名・71歳)の事例が載っていました。

 

坂本さんは、余命宣告を受けた時はショックとのことでしたが、現実を受け入れ、再発を繰り返しながら治療を続けた結果、6年が経過し、現在も元気に過ごしているとのことです。

 

その大きな力になったのが、娘に初孫が生まれ、初孫といつか一緒に趣味の山登りをしたいという夢があったからだそうです。

 

現実を受け入れるために、先程述べた5年生存率を知ることは、役に立つと思います。

但し、病気を調べすぎて思いつめる人は逆効果になるので、なにも知らない方がいいのかも知れません。

 

「エーッ!あなた無事に生きてたの?」のブログ記事も併せてお読みください。

 

ガンで1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の「余命宣告」を告知されても、

長生きできる秘訣がわかるかも知れません。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 総コレステロール値が低いと早く死ぬ?なぜ基準値超の250でも健康体?

  • 咳が止まらない、長引く原因は?なぜか大人のぜん息が急増!

  • 肥満を防ぎ、血糖値を上げない食習慣と血糖値を下げる薬草茶

  • 糖質の高いキャベツが夜だけ糖質制限にベストなワケ

関連記事

  • なぜ、日本人ばかりが「がん」で死ぬ人が多いのか?

  • がん~人類進化が生んだ病~

  • 女性だから受けたい大腸内視鏡検査!飲むだけのカプセル内視鏡もある

  • 黒沢年雄のガン手術体験に学ぶ!最近の黒沢さんは?

  • 若い人もがん!小林麻央の死なぜ?原因はストレス?体内静電気?

  • ガンの予防や再発予防に活かしたい驚きの薬草とは?