1. TOP
  2. 象足!足首がない!むくみをとり、足首のくびれを作る裏技

象足!足首がない!むくみをとり、足首のくびれを作る裏技

 2017/07/01 ダイエット情報 テレビ健康情報 この記事は約 5 分で読めます。 15,981 Views

足首くびれ!

やはり見ていてもいいですね!

 

でも、見た目の印象だけではありません。

足首にくびれがない人は、むくみで足首がない象足になってしまいます。

象足

出典:blog.goo.ne.jp

象足はむくみや筋肉の衰えが原因です。

そのままにしておくと病気を引き起こすことだってあります。

そこで、サタデープラスで放映されたむくみ解消法やNHKあさイチで放映された足首のくびれを作る裏ワザを紹介します。

【サタデープラス】むくみ解消法

足がむくむと象足になってしまいます。

アゴの下がむくむと二重あごに・・・。

お腹がむくむとぽっこりお腹になってしまいます。

さらに、足がむくむと足からアンモニア臭が出てくるよになり、洗っただけではその不快臭を消すことができなくなります。

 

このように厄介なむくみですが、なんと「あずき茶」がむくみ解消にいいとのことでした。

また、静脈の血流をアップさせることができれば、むくみは解消するそうです。

それには、むくみトリプルアタック!

夏に急増!むくみの新常識【サタデープラス】

 

むくみトリプルアタック

むくみトリプルアタックは、ふくらはぎ→大腿四頭筋→横隔膜の筋肉を動かすことで、ふくらはぎに溜まった水分を確実に心臓へ引き上げていく方法です。

1.椅子に座って、踵を20回、上げ下げする。

2.椅子に座ったまま、足を左右あわせて20回、交互に前へ蹴り出す。

3.胸を膨らませることを意識しながら、深呼吸をゆっくり行う。

 

「足首のくびれ」を手に入れる第1歩は?

ふくらはぎの筋肉

出典:blogs.yahoo.co.jp

足首のくびれを手に入れる第1歩は、まずふくらはぎの筋肉を鍛えることです。

 

つまり、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで「筋肉の持久力」を高めることができます。

軽い負荷で長く筋肉を動かすことで、筋持久力がつき、脂肪が燃えやすくスッキリとした脚になっていきます。

 

例えば、筋持久力を高めるために、自転車でシェイプアップをしている人もおられます。

 

でも、もっと誰でも簡単にできる方法があります。

それは、かかと上げ運動です。

足を肩幅に広げて立ち、かかとを30~50回、上げ下げするだけです。

 

足を左右に大きく広げてやると、さらに負荷がかかって効果があります。

かかと上げ運動は、継続してやることが一番です。

最初はあまり無理せず、慣れてきたら、より負荷のかかる方法へシフトしていくのが良いです。

 

すねの外側にある“前脛骨筋”を鍛えると?

出典:女性の悩み情報ナビ

出典:女性の悩み情報ナビ

美脚の持ち主 カリスマパーツモデル・上口香寿美さんが気をつけていることは、「ハイヒールで早歩き」をすることです。

ハイヒールで早歩きするとふくらはぎに負荷がかかり、美脚を手に入れるためには効果のある方法です。

でも、あまりハイヒールに慣れていない人は、ヒールのない靴で早歩きをやるといいです。

 

さらに、上口さんが、ハイヒールで歩いてパンパンになった脚の疲れをとり、脚のくびれを作るためにしているのが足を上下に動かすことです。

この運動は、ふくらはぎの筋肉をストレッチする効果がある上、すねの外側にある“前脛骨筋”のエクササイズになります。

足を上下することで、前脛骨筋がよく働きます。

前脛骨筋を鍛えることで、ふくらはぎを引き締め、脂肪を燃焼し、脚が長く見えるようになるなど期待できます。

 

ヒールのない靴は、ふくらはぎに負担がかからず、前脛骨筋を鍛えることができます。

歩くときかかとから着地し、つま先で蹴る歩き方をすると良いです。大またで歩くように心がけると、こういう歩き方になります。

 

下の動画も参考にしながら、ぜひ足のくびれを復活してください。

 

なぜ足の裏の筋肉を鍛える必要があるのか?

出典:癒し整体カラーズ

出典:癒し整体カラーズ

足の裏の筋肉・・・、あなたは意識したことがありますか?

 

実は、すらりとした脚の持ち主・バレエダンサーは、足の裏の筋肉を鍛えているのです。

そのわけは、つま先立ちでふくらはぎの筋肉ばかり使っていると、ふくらはぎが太くなってしまうからです。

それを防ぐために足裏の筋肉を鍛える必要があるのです。

 

やり方としては、「エアタオルギャザー」といって、足の指でタオルをたぐりよせるようにして曲げる運動です。

但し、実際やってみて下の動画の方が効果があるような気がしますので、こちらの方も参考にしてみてください。

 

また、足の裏の筋肉が衰えると「回内足」とういう症状が現れることがあります。

回内足とは、かかとの骨が内側にまがって、倒れてくるようになる症状です。

40代以上の女性に多くみられ、足首が太くみえるようになったり、足の横幅が広がったりしします。ひどくなると、痛みがでて、歩けなくなるときもあります。

 

足のむくみは築賓(ちくひん)というつぼ押しをすると効果があります。

詳しくは、「冷え症対策は3つのツボ!築賓、臀中、八風を押すだけ」のブログ記事をご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 太らないレジスタントスターチとは?多く含む食品は?冷たいおにぎり、冷ご飯は?

  • 膣トレ(骨盤底筋・pc筋・8の字筋の鍛え方)、膣マッサージ、膣の神秘

  • 体にいい夏野菜ランキングと病気に効く夏野菜

  • 大腰筋を鍛えるスクワット効果!40代でも美尻でカツカツと!

関連記事

  • 脂肪がつきにくくなる「体内時計ダイエット方法」とは?

  • 夫婦のスキンシップ効果でセックスレスも改善!特に更年期には・・・

  • ぽっこりお腹ダイエット「40,50代下腹部痩せ」のコツ!

  • 今話題の痩せるホルモン分泌方法とは?超簡単!ただ食べるだけ!

  • 若作り美魔女の追求で「若作りうつ」増加?

  • 東尾理子いとこ、りえちゃん63kg激痩せ大変身!そのダイエット法とは?