1. TOP
  2. 咳が止まらない!治りにくい大人ぜん息が急増!?|駆け込みドクター

咳が止まらない!治りにくい大人ぜん息が急増!?|駆け込みドクター

 2016/12/28 テレビ健康情報 この記事は約 4 分で読めます。 2,570 Views
喘息

あなたは、風邪は治ったのに咳が止まらない!

そんな心当たりありませんか?

たんなる咳だと放置したら窒息死の危険が・・・・。

それは「大人ぜん息」かも知れないです。

 

大人ぜん息は、年間1800人以上の命を奪い、しかも、レントゲンでわからないというから厄介です。



咳は異物を取り除く防御反応

咳

咳は基幹に入り込んだ異物を取り除こうとする防御反応のひとつで非常に重要なものです。

たとえば、ラーメンを食べたときの咳も湯気を異物と判断するためで、咳で出る空気は2m先まで届くといいます。

そのスピードはなんと約時速300キロで新幹線並みの勢いで飛び出していくというから驚きです。

1分間に5回のせきが続けば約600キロカロリーも消費し、2時間のランニングに相当するといいます。

激しいせきが続けば、肋骨にひびが入ることもあるのです。

 

熱田了先生によると、咳が長期間止まらない場合、肺の異常を示しているサインとのことです。

つまり、咳は異物から体を守ろうとして出るサインなのです。

咳は、刺激によって出ますが、肺炎や気管支炎、逆流した胃酸の刺激、心理的ストレスなどによって出るのです。

そして、呼吸器から分泌される粘液で、ホコリや細菌などを排出する役割がタンになります。

 

危ないせき、大人ぜん息~ここ30年で約3倍に増加!

死亡

ぜん息とは、気管支が炎症によって狭くなる病気です。

 

このぜん息、小児ぜん息という印象が強いですが、大人になってから発症する大人ぜん息の患者が、ここ30年で約3倍に増加しているのです。

7割が大人になってから発症し、しかも、小児ぜんそくより治りにくいのが特徴です。

また診断されにくいため、年間約1800人がぜん息の発作で死亡しているのです。

 

大人ぜん息患者の佐藤さんは、34年前にぜん息を発症し今も発作の恐怖と戦っています。

原因は不明ですが、家具を購入したあとにやたらと咳がでるるようになったといいます。

当初はかぜと診断され、薬を飲んでも治らず症状が悪化し、あわや窒息死寸前・・・・。

「一生懸命呼吸するだけでした」と語っておられました。

 

大人喘息の主な特徴

この恐い大人ぜん息の主な特徴は次の3つです。

こういう症状があるときは、呼吸器内科の専門医に見てもらいましょう。

放置しておくと命さえ危ないです。

①8週間以上咳が止まらない。
②かぜのたびに咳が長引く。
③夜中から明け方に激しいせきが出る。

 

大人喘息が増えている理由

だに

大人ぜん息が増えている理由は、ホコリやカビ、ダニ、ダニの死骸などが含まれるハウスダストです。

その不衛生な環境が一番の原因なのです。

 

そこで、部屋にはどれだけのハウスダストがあるのか、春日俊彰さんの自宅を、日本Wintonの清水晋さんが調査しました。

6畳一間の部屋は、15年間、掃除をしていないきたない部屋でしたが・・・・。

その測定結果は、なんと清潔な状態の2.5倍以上の約8万個(30cm角の空間内)。

さらに、一度も洗ったことがないという万年床で測ったら、1ミクロンのホコリが10万個以上も漂っていたのです。

 

一般家庭で20程度確認できるカビのコロニー(集合体)は一般家庭の約5倍の98、ダニは71匹(1m2)確認できました。

医師陣は、まくらの黒い模様もクロカビでアレルギーを引き起こすと指摘しました。

 

ぜん息の予防には

ぜん息の予防

ぜん息の予防には、ハウスダストを減らし、特に睡眠の環境を清潔に保つ必要があります。

 

ハウスダス以外では、湿度・温度・気圧といった気候の変化や、カプサイシンが含まれる辛い食べ物、タバコ、さらには湿布に含まれるアスピリンによっても、喘息が起こる場合があります。

 

ぜん息かどうかを調べる方法としては、呼気に含まれる一酸化窒素の量を計測する呼気NO検査があります。

不衛生な環境で暮らしている春日俊彰さんのNO量を測定したら43ppb(ぜん息のグレーゾーン20~50ppb)で、ぜん息は十分疑って良いのではということでした。

長引く春日さんのせきの原因は、大量のカビとホコリが原因だったようです。


\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

喘息

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 30,40代でも骨粗しょう症~骨の老化防止にはメラトニンが一番!

  • 下半身型冷え症はお尻のツボ「臀中」や築賓等を押すだけで改善!

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

  • 夏に謎の心臓痙攣(隠れ心臓病)が脳梗塞を招く

関連記事

  • あなたのそのつら~い疲れ目「隠れ斜視」かも?|ためしてガッテン

  • 美肌日本一島根県の秘密は冷凍しじみパワーだった!

  • 伍代夏子さんのしつこい肩こりが解消!その「肩こり改善体操」とは?|みんなの家庭の医学

  • 市販薬の飲み過ぎが危険!~薬が新たな頭痛を引き起こす!|9月2日みんなの家庭の医学

  • 認知症予防に有効な料理のポイント|週刊朝日

  • 遺伝子検査のメリットとデメリット~あなたの肥満のタイプは?