1. TOP
  2. 若作り美魔女の追求で「若作りうつ」増加?

若作り美魔女の追求で「若作りうつ」増加?

 2017/01/04 テレビ健康情報
この記事は約 4 分で読めます。 3,053 Views
若作りうつ

精神科医の熊代亨先生が、40代超の女性に「若作りうつ」が増加していると、話しておられました。(フジテレビ系「ノンストップ!」に出演) 

なんでも原因は実際の年齢より若く見られたい、若作り美魔女になりたくて、あまりにも頑張りすぎた結果のようです。

次の美魔女の動画、年齢を感じさせない美しさです。

世界の美魔女

出典:www.youtube.com

美しすぎる世界の美魔女たち

若作り美魔女と40代「若作りうつ」の関係

美魔女

出典:cumsophia on line in FC2

美魔女とは、美魔女ブームを作った「美STORY」編集長の山本由樹さんによると、次のような意味だそうです。

まるで魔法を使っているとしか思えないほど、年齢を超越した若さと美しさを持ち、経験と知性も輝く、35歳以上の女性。

そして、日々自分を磨く努力を重ねて、人生の中間点で美の頂点に立つ女性。

美魔女という言葉、なぜか人を引き込んでしまう魔力を感じますね!

しかしながら、あまり頑張りすぎると、現実の年齢と自らの理想のギャップがますます大きくなり、心身ともに疲れ果てて、うつになってしまんです。

 

テレビや商品の宣伝などの影響で、巷には”美魔女”の他、”アンチエイジング”、”若さを保ちたい”、”若作り”といった言葉が溢れ、外見だけでアンチエイジングを評価する風潮がはびこっています。

それで、40代超の女性もエステや美容整形と大忙しです。

最近の美容整形は、昔のように単なる美しさの追及というより若さを保ち、老けないために、美容整形をする人がふえているとか・・・・・。

その結果、40代超の女性が、心身ともに疲れ果て、イライラ、不眠、頭痛などの症状を引き起こしているのです。

やはりアンチエイジングの追求は、外見だけでなく内面も追求し、年齢に合ったものを求めないといけないですね!

 

こうした若作りのうつには、「私は永遠に美しい、自分磨き”若作りうつ”」「女ですもの!『恋したい』ときめき若作り」うつの2つのタイプがあるそうです。

 

私は永遠に美しい、自分磨き”若作りうつ”とは?

私は永遠に美しい

出典:ameblo.jp

40歳代の麻衣子さん、周囲からもその若々しさは注目の的で、いつも若く見られていたそうです。



それがたまたま引いた風邪が長引いたことで、ご主人に”もう年だから”というようなことをいわれ、自分の年齢を自覚。

見た目と年齢のギャップに”私ってオバサン!?”と悩み、さらに自分磨きに精をだして、疲れ果てうつに・・・

 

このタイプは、”疲れやすい”、”ケガが治りにくい”、”物忘れ”などの症状があると、私は老けていない、疲れるのは体力がないからとういうことで、もっと鍛えなきゃということで、若作りスパイラルに陥ってしまうのだそうです。

つまり、頑張る→疲れる→もっと頑張る→もっと疲れるという具合に・・・・。

 

共通点は執着気質で、過去の自分に固執する凝り性タイプの人が陥りやすいとのことです。

 

女ですもの!『恋したい』ときめき若作りとは?

恋したい

47歳の志保さん、職場の若いハンサムな男性に恋してしまい、若作りに励み、若い男性に褒められるようにまでなったとのことです。

しかしある日、その男性のお母さんが自分と同じ年だと知って、ショックを受け、以後何もやる気がなくなったということです。

 

こういうタイプは、熊代亨先生いよると思春期が長引いている人で、”いつまでも女として見られたい”ということで心と体のバランスを崩しやすいとのことです。

 

40代超の若作りうつ予備軍チェック!

-shared-img-thumb-N934_jesucya-dewhy_TP_V

次のような人は40代超の若作りうつ予備軍になりやすく、要注意です。

1.スケジュールは常にギッシリ~自分が忙しいことで充実感を得られ、年齢以上に頑張ってしまう。

2.何でも最新じゃないと気がすまない~最新こそ若さの武器と思っている。

3.負けず嫌い~若い人には負けたくない。自分も若かさでは負けないと思いがち。

 

最後に、熊代亨先生は”40代以上の女性に伝えたい!”ということで、

「自分の年齢を無視しない」と言っておられました。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

若作りうつ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 糖質制限メリットと7つの弊害・デメリットとは?

  • リバウンド知らずの最先端ダイエット方法とは?

  • 愛情ホルモンオキシトシンとは?浮気防止にも!でも、不倫には?

  • 朝「目がかすむ、ぼやける、見えない」等の目の不調は?

関連記事

  • ガチガチ肩胛骨の原因と解消法|いっぷく

  • 夏こそ危険!血液ドロドロ「夏の脳梗塞」

  • 市販薬の飲み過ぎが危険!~薬が新たな頭痛を引き起こす!|9月2日みんなの家庭の医学

  • 脂肪燃焼効果を高めるらっきょうフルクタン(食物繊維)!

  • あなたのその夏バテ!原因はホルモンバランスの崩れかも!?

  • ビリバン兄 脳出血で救急搬送|スクランブル