1. TOP
  2. アンジオテンシン変換酵素とは

アンジオテンシン変換酵素とは

健康茶(薬草茶)
この記事は約 2 分で読めます。 472 Views


現在、高血圧発症のメカニズムとしては、レニン・アンジオテンシン系と神経系の関与が明らかになっています。

 

このレニン・アンジオテンシン系は腎臓で調節され、活性化されることで血圧が上昇します。

そして、レニン・アンジオテンシン系にはアンジオテンシン変換酵素が関与しています。

アンジオテンシン変換酵素の働き

レニン・アンジオテンシン系(RA系)

アンジオテンシン変換酵素は血管内皮細胞の表面に存在し、アンジオテンシンⅠをアンジオテンシンⅡに変換する酵素です。

 

レニン-アンジオテンシン系における最初の基質は、主に肝臓で合成されるアンジオテンシノーゲンです。

このアンジオテンシノーゲンは、腎臓で産生されるレニンという酵素によってアンジオテンシンⅠへと変換されます。

アンジオテンシンⅠはさらにアンジオテンシン変換酵素(ACE)によって、アンジオテンシンⅡという物質へと変化します。

そこで、もしも活性型アンジオテンシンⅡという物質が体内で増加すると、非常にはっきりとした強い血管平滑筋収縮作用アンドステロン分泌(副腎皮質で分泌される血圧上昇ホルモン)が起こり、その結果高血圧症が発生するのです。

 

それで、現代医学の分野では、高血圧症の治療には、アンジオテンシン変換酵素阻害剤が多く用いられているのです。

 

ヒュウガトウキが血圧を下げるワケ

健康茶「日本山人参」

実はヒュウガトウキには、アンジオテンシン変換酵素阻害物質を含んでいることが証明されているのです。

だから、高血圧状態になったときに、ヒュウガトウキを飲んでいると血圧は下がってくるのです。

 

さらには、ヒュウガトウキには血管を拡張し、動脈硬化を防ぐ働きやストレスを解消する働きもありますから、血圧を下げるにはもってこいの薬草なのです。


\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゆるい糖質制限で、心臓病って本当?

  • 飽食の時代に栄養失調?夏に不足の栄養補給技|ためしてガッテン

  • コレステロール値が低いと早く死ぬって?総コレステロール値250は?

  • 年齢別血圧・コレステロール等の正常値は?|ただ下げればいいか?

関連記事

  • 免疫力だけ強化しても病気は治らない!病気を治す力=自己治癒力を高めるには?

  • 「更年期障害」の原因は夫からのストレス? 

  • あなたにとっての「幸せ」とは?本当の「幸せな人生」とは?

  • 商品を売るな、『人間関係』を築け!

  • 骨粗しょう症予防の食事に牛乳やチーズは逆効果!?

  • 薬の副作用で苦しんでおられたら・・・|日本山人参(ヒュウガトウキ)