1. TOP
  2. 過酸化脂質って?動脈硬化を助長し、シミの原因にもなる!その予防法とは?

過酸化脂質って?動脈硬化を助長し、シミの原因にもなる!その予防法とは?

 2015/03/05 健康茶(薬草茶) この記事は約 3 分で読めます。 562 Views
冷凍庫と過酸化脂質


現代社会は過酸化脂質の影響を受けやすです。

いま社会問題となっている動脈硬化や糖尿病、痴呆・ガンなどもこの過酸化脂質が原因です。

実はあなたを悩ませているシミの原因も過酸化脂質なのです。


過酸化脂質とは?

過酸化脂質は不飽和脂肪酸(特に、リノール酸、アラキドン酸、リノレイン酸など)が、活性酸素によって酸化されたものの総称です。

つまり、サビた古い油だと考えるとわかりやすいです。

この過酸化脂質が恐いのは、動脈硬化を助長することです。

過酸化脂質は、血管の内膜にある内皮細胞を傷つけてしまうのです。

過酸化脂質が蓄積すると、動脈硬化だけではありません。

糖尿病や、痴呆・癌などの様々な病気の原因となるのです。

肌に関しても、特に、メラニン色素が変質することが知られており、
そのため、しつこいシミになってしまいがちなのです。

過酸化脂質の影響を受けやすい現代社会

過酸化脂質を作る原因としては、ストレスや 喫煙、大気汚染、残留農薬、紫外線などの影響が考えられます。

 

それだけならまだいいのですが、実はこの過酸化脂質、口から過剰にとってしまいやすいのです。

 

カップ麺にカップスープなどインスタント食品です。

特に油で揚げたフライ麺には注意が必要です。

 

でも、もっと身近なところに問題が潜んでいます。

 

それは家庭の冷蔵庫です。

たとえば、食品を冷蔵庫に入れて冷凍保存しておくと、その食品中の不飽和脂肪酸が酸化されます。

そのため過酸化脂質が増えてきます。

 

1ケ月の冷凍保存によって、食品中の過酸化脂質は十倍にまで跳ね上がるという実験結果もあります。

 

このように現代生活は恐ろしい過酸化脂質を過剰にとってしまいやすいのです。

 

日本山人参の効果

そこでオススメしたいのが日本山人参(ヒュウガトウキ)という薬草です。

この薬草茶の動脈硬化などの予防効果については、「健康茶日本山人参の効果・効能とは?」をご覧ください。

 

ここでは、ヒュウガトウキの過酸化脂質による肝障害を予防する働きについて取り上げます。

 

過酸化脂質による肝障害を予防する作用の証明方法

この証明方法は水野修一著「不老長寿の神草ヒュウガトウキ」より抜粋したものです。

まずトウモロコシ油を180度で加熱しながら酸素を約1時間吹き込みつづけます。すると、トウモロコシ油の中の過酸化脂質が約10倍に増えます。この過酸化脂質を大量に含む油を、ネズミに3mlづつ11日間飲ませます。

その結果、肝障害を起こすと上昇する血液中のGOT、GPTの値が明らかに上昇し、肝臓に過酸化脂質やコレステロールが増加してきます。脂肪肝といわれる肝障害が発現してくるのです。

このときヒュウガトウキを、体重1kgあたり100~200mg投与すると、血清GOTの低下傾向や、肝臓に付着した過酸化脂質とコレステロールの低下が起こります。この実験からは、過酸化脂質による肝障害をヒュウガトウキが予防すると考えられるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

冷凍庫と過酸化脂質

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 寝ながら骨盤を締めるストレッチ/産後、下腹、骨盤ダイエット方法

  • 脱腸とは?その症状(画像有り)・原因・発見法から手術までがわかる!

  • 安奈淳自殺未遂の膠原病「全身性エリテマトーデス」!たったこれでけで治る?

  • 低気圧による血圧(高血圧)、体調不良を何とかしたい!

関連記事

  • こんなに大きくなる子宮筋腫!大きくなった子宮筋腫を小さくする方法は?

  • 深呼吸してみませんか?心と体に驚くべき改善!

  • 夜眠れない「つらい不眠症」の5つの解消法とマル秘解消法とは?

  • 日本山人参(ヒュウガトウキ)の究極の栽培方法をめざして!

  • 脂肪肝を減らす最新研究~なんと急激なダイエットはかえって脂肪がつく?

  • 日本山人参(ヒュウガトウキ)の副作用は?