1. TOP
  2. 更年期障害って辛いですよねー!|日本山人参(ヒュウガトウキ)

更年期障害って辛いですよねー!|日本山人参(ヒュウガトウキ)

 2014/06/15 健康茶(薬草茶) この記事は約 3 分で読めます。 882 Views
更年期障害


更年期障害の大きな特徴は、不定愁訴(ふていしゅうそ)による「自律神経失調症」です。

 

更年期障害は女性ホルモンの分泌量の低下に伴い、ホルモンバランスなどの影響で、「頭が重い」、「イライラする」、「疲れが取れない」、「寝つきが悪い」、「肩こり、めまい、月経異常」などの体調不良や精神的な不調を引き起こします。

日常生活に悪影響を及ぼしているにもかかわらず、病院の検査では原因がわからない医者泣かせの病気です。

 

本人しかその症状がわからず、他人に理解してもらえない病気というのはほんとに辛いです。

私の同級生で更年期障害の悩みから自殺したという悲しいできごともありました。

その時も周りの人は、本人がそこまで追い込まれていたとは誰一人として気がついていませんでした。

 

そこでぜひ私がお勧めしたいのが日本山人参(ヒュウガトウキ)という薬草です。

日本山人参(ヒュウガトウキ)には、下記に示すようにいろんな作用があることがわかっていますので、それがいいのではないかと思います。


ホルモン分泌を促し、自律神経のバランス改善効果がある日本山人参(ヒュウガトウキ)~更年期障害によるさまざまな体調不良や精神的不調を改善します。

「ゆほびか」という健康雑誌にも掲載されたこともあります。

ヒュウガトウキを飲んで、副交感神経が優位になると、心臓からスムーズに血液が抹消へと送り出されるようになり、抹消への血流がよくなって、手足の冷えも取れてきます。

また、細胞に酸素と栄養がじゅうぶんに供給されます。

それによって、筋肉の細胞の代謝がよくなり、肩こりが解消し、肌もしっとりしてくるのです。

胃の働きが活発になり、腸のぜん動運動もよくなるので、排便もスムーズになってきます。

 

また、ヒュウガトウキには、女性ホルモンの分泌を促す成分が含まれていることがわかっています。このことが自律神経に直接作用することも見逃せません。

 

その他にも女性ホルモンのバランスがよくなることにより、骨粗鬆の改善効果もあります。

また更年期障害と診断するには、内臓脂肪型肥満という検査結果があって初めて更年期障害とされるとのことですが、実は日本山人参(ヒュウガトウキ)には中性脂肪の燃焼を促進させる働きもあるのです。

上の内容は、日本山人参(ヒュウガトウキ)の第一人者 医学博士水野修一先生が書かれたものです。

更年期障害

日本山人参(ヒュウガトウキ)は自律神経の乱れやホルモンバランスを整え、血流の流れを良くしますから、不定愁訴に伴う様々な症状にも多彩な効果を発揮します。

ぜひ原因のわからない不定愁訴に悩んでおられたら、一度試してみてください。

 

詳しくは、
「40代・50代更年期障害で悩む4つの不安や恐怖とは?」
の記事をご覧ください。


>

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

更年期障害

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 下半身型冷え症はお尻のツボ「臀中」や築賓等を押すだけで改善!

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

  • 夏に謎の心臓痙攣(隠れ心臓病)が脳梗塞を招く

  • 夫婦のスキンシップ効果でセックスレスも改善!特に更年期には・・・

関連記事

  • ある薬草を飲んだら、「腰の激痛」もスッキリ解消?

  • 商品を売るな、『人間関係』を築け!

  • 日本山人参(ヒュウガトウキ)の副作用は?

  • 深呼吸してみませんか?心と体に驚くべき改善!

  • 低用量ピルの副作用(血栓)で、5年間で11人死亡?

  • 骨粗鬆症予防食事に牛乳やチーズは逆効果!でも、レモンで?