1. TOP
  2. 脳卒中を引き起こすから高血圧は怖い!

脳卒中を引き起こすから高血圧は怖い!

 2013/08/31 高血圧 この記事は約 3 分で読めます。 78 Views


最近、我が家の近くのご主人が脳卒中で亡くなられました。

誰も家におられないとき、突然亡くなられたみたいで、警察官の人から事情聴取されたことから知りました。

ご家族の話しでは、それまでは元気だったとのことです。

このように脳卒中は発作を起こすと命とりになる病気です。

一命を取り留めても麻痺などの後遺症が残ることが多いです。

脳卒中は高血圧と関係の深い病気

脳卒中は脳の血管が、突然障害される病気の総称で、高血圧との関係が深い病気です。

血圧が少々高くても日常生活にはほとんど影響ないですが、突然死を招く原因になりますから、血圧管理はしっかりしたいものです。

 

脳卒中には、血管が詰まる「脳梗塞」、血管が破れる「脳出血」「くも膜下出血」の3つががあります。

高血圧が直接影響している脳卒中としてはラクナ梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。

ただ、くも膜下出血は、血管壁が圧力に弱いという生まれつきの体質に高血圧が加わって起こるという点で、他の2つとは少し性質が異なります。

 

高血圧は心臓の病気の原因にも

高血圧が続くと心臓に負担がかかり、不整脈が起きやすくなります。

「心房細動」という不整脈が起こると、心臓に血栓ができて脳に流れ、脳の血管を詰まらせることもあります。

その意味では、心原性脳塞栓症も高血圧との関係が深いといえます。

 

一方、アテローム血栓性梗塞は、血圧だけでなく、血糖や血中脂質なども、発症に深くかかわっています。

かつて日本では、脳梗塞の大半をラクナ梗塞が占めていましたが、現在は、アテローム血栓性梗塞や心原性脳塞栓症も増えてきています。

 

高血圧は、直接的、間接的に、すべてのタイプの脳卒中に関係しており、脳卒中の重要な危険因子の一つになっています。

脳卒中の予防には、血圧のコントロールが何よりも重要です。

 

脳卒中にオススメの薬草

そこでお勧めなのが日本山人参(ヒュウガトウキ)という薬草です。

日本山人参(ヒュウガトウキ)は、単に血圧を下げるだけでなく、動脈硬化を防止する働きがあります。

どうしても歳をとるにつれて動脈硬化は進行し血圧は高くなりますので、常日頃から日本山人参(ヒュウガトウキ)を飲みながら、軽い運動を心がけていれば、高血圧による脳卒中も防げるのではないかと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 夫婦のスキンシップ効果でセックスレスも改善!特に更年期には・・・

  • 池谷先生の臓器別及び糖質抜きダイエットとは?

  • 小林麻央など若い人もがん!なぜ?原因はストレス?体内静電気?

  • ボロボロ血管を治し、ドロドロ血液をサラサラに改善するには?

関連記事

  • 低気圧による血圧(高血圧)、体調不良を何とかしたい!

  • 血圧を調節している神経とは?

  • 高血圧の人にとって冬の露天風呂ほど危険なものはない!

  • 高血圧のことを理解するには?

  • 40代以上の女性に多い高血圧!薬も効かない謎の高血圧の正体は?

  • 「塩の摂り過ぎ=高血圧」は本当?塩は健康に悪い?