1. TOP
  2. 高血圧には納豆がよい?

高血圧には納豆がよい?

 2013/07/23 血圧を下げる方法
この記事は約 3 分で読めます。 256 Views
納豆


納豆が健康に良いことは誰でも知っていますが、高血圧にも良いと言うことを知っていましたか?

納豆のネバネバした部分には、血栓を溶かす酵素が含まれています。

この酵素はナットウキナーゼといわれ、これを発見した人は倉敷芸術科学大学教授須見洋行さんです。


ナットウキナーゼ発見の経緯

須見教授によると、ナットウキナーゼを発見した経緯を次のように言っておられます。

 血栓溶解剤の研究に没頭しているある日、なんだかむしょうに納豆が食べたくなった私は、近くの店で納豆を買ってきて食べました。

その最中、ふと、人間の血液の粘りと、納豆の粘りが、よく似ていることに気づいたのです。

血栓はたんぱく質でできています。ダイズのたんぱく質を溶かす納豆菌は、ひょっとしたら血栓も溶かすかもしれない。

そう考えた私は、早速、実験をしてみました。
人工的に作った血栓に納豆を乗せておいたところ、18時間後には完全に溶けていることが確認できました。

さらに研究を進めると、この納豆菌の酵素が非常に優れた作用を持つことがわかり、ナットウキナーゼと名づけました。

 

血栓が溶けて高血圧の薬が不要になった

ナットウキナーゼには、血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ溶解する作用があります。

そしてその効果は、血栓溶解剤16万円分に匹敵する効果があるとのことです。

 

このナットウキナーゼの血栓溶解作用は、当然ながら、高血圧にもよい影響を及ぼします。

血栓が溶かされて、血液がサラサラになり、全身の血の巡りがスムーズになれば、そのぶん血圧の上昇がおさえられるからです。

 

しかも納豆は、高血圧を招く一因となっている、悪玉コレストロールの酸化をおさえる作用も持っています。

それだけではありません。

私たちの体の中には、レニンーアンジオテンシン系という、血圧に関連したしくみが存在しています。

アンジオテンシン転換酵素が、アンジオテンシンⅠを、Ⅱに変えることにより、血圧が上昇することが知られています。

納豆には、このアンジオテンシン転換酵素の働きを抑制する作用もあるのです。


 

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

納豆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 脱腸とは?その症状(画像有り)・原因・発見法から手術までがわかる!

  • 糖質制限メリットと7つの弊害・デメリットとは?

  • リバウンド知らずの最先端ダイエット方法とは?

  • 愛情ホルモンオキシトシンとは?浮気防止にも!でも、不倫には?

関連記事

  • 私の手軽で簡単な血圧対策とは?

  • 減塩の決定打!「減塩水レシピ&作り方&他」

  • 下の血圧が上がってくると?

  • ふくらはぎを揉むだけで高血圧をはじめ様々な効果が!

  • 血圧を上げるホルモン&サラサラ血液ベスト22とは?

  • 高血圧を放っておくと?