1. TOP
  2. 血圧が正常なのにまさか脳卒中体質に!?|ためしてガッテン

血圧が正常なのにまさか脳卒中体質に!?|ためしてガッテン

 2014/10/11 血圧を下げる方法 高血圧の関連症状
この記事は約 3 分で読めます。 1,161 Views
脳卒中

”血圧が正常なのにまさか脳卒中体質に!?”、”その連発の謎!?”・・・・。 

 

これは一体どういうことでしょうか?

 

この謎の「脳卒中体質」は50代から急に増え、60代は4人に一人、70代は3人に1人だそうです。

3年まえから、この脳卒中体質のことがわかってきたそうです。


謎の脳卒中体質は、倒れるまでわからない?

この謎の脳卒中体質は、血圧、ヘモグロビンA1c、LDLコレステロールも全く正常なのに、小さな脳梗塞が、ある場所に何箇所もできていて、倒れるまでそのことがわからないのだだそうです。

 

脳卒中の最大の原因は高血圧と動脈硬化ですから、血圧が正常でも連発するとは、ほんと謎としかいいようがありません。

 

番組で紹介された脳卒中体質の人が倒れたときは、小さな脳梗塞が14箇所もできていました。

 

その脳の場所とは、手や足の運動にかかわる所で、穿通枝という枝分かれした微小な血管です。穿通枝は大きい血管からいきなり小さな血管になるところで、みんな持っているそうです。そしてこの脳卒中体質の人は、そこが詰まったり破れたりしていたのです。

 

また、詰まっているところが増えてくると、倒れやすくなったり、認知症にもなりやすいとのことです。

 

番組で紹介された人はある測り方をしたら、正常な血圧が、上が151mmHg、下が94mmHgと大きく変動してしまいました。

 

そのある測り方とは、座って測り、続けて立って測る図り方です。この図り方で血圧の変動があまりない人は、脳卒中体質ではないとのことです。

 

座って測り、続けて立って測って変動幅が15以上ある人は、脳卒中体質の可能性が高いとのことです。

 

この方法で、ゲストの中村玉緒さん、高橋ジョージさんは問題ありませんでした。が、司会の立川志の輔さんは下の血圧が20も下がったのです。

 

つまり、立川志の輔さんは、血圧変動タイプで、穿通枝に脳梗塞が連発しやすいということになるのです。

 

宮城県三陸町での脳卒中体質の取り組み

東北のある町、宮城県三陸町では、あることをして驚異の成果を上げています。

 

そのあることとは次の3点です。
①減塩に気をつけること。
②毎日、20分の散歩をすること。
③夜中に目がさめないようにすること。

 

つまり、減塩、有酸素運動、熟睡が血圧の変動幅を小さくして、脳卒中体質を防ぐカギだということです。

 

とくに睡眠の質を上げると、血管を柔らかくする効果があるとのことです。

緊張が取れて副交感神経が高まることで、血管が柔らかくなってくるのです。

 

しっかり眠るためには、無理に眠ろうとせず、十分に眠くなってから寝ることが大切ということでした。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

脳卒中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 女性ホルモンはオーガニズム!セックスorひとりエッチ?

  • 向井亜紀の極秘「がん手術ステージ」は?中村獅童の手術の時は?

  • 認知症には水分補給!水の健康効果は計り知れない!

  • ゆるい糖質制限で、心臓病って本当?

関連記事

  • 冷え症に良くて、臭みのない人気の「サンマレシピ」

  • マフラーやタオルで首を温めれば高血圧や美容対策にもなる

  • 首の後ろを押すだけで高血圧や様々な病気が大改善!

  • 年齢別血圧・コレステロール等の正常値は?|ただ下げればいいか?

  • 降圧剤で耳鳴り、頭痛、目のかすみ等の副作用!特に利尿剤は?

  • おからパウダーダイエットはみるみる痩せる?家村マリエ12kg減!