1. TOP
  2. 薬草茶ヒュウガトウキのすべてがわかる!Q&A20選

薬草茶ヒュウガトウキのすべてがわかる!Q&A20選

Q&A cubics

このQ&A20選で薬草茶ヒュウガトウキのすべてがわかります。

 

「ヒュウガトウキのすべて」という本や健康雑誌などに基づいて、Q&A形式でまとめてみました。

 

参考にして頂けたらと思います。


 

Contents

薬草茶ヒュウガトウキの効果・効能Q&A

ヒュウガトウキは血圧を下げる効果があると聞いたのですが?

A:大いに効果が期待できます。

降圧剤

降圧剤のようにすぐ飲んで血圧を下げることはありませんが、飲んでいると次第に血圧は下っていきます。

それは、血液をサラサラにし、動脈硬化も防ぐ働きがあるからです。

詳しくは、「降圧剤は危険!血圧を下げる健康茶」の記事をご覧ください。

 

ヒュウガトウキは血糖値を下げる効果があると聞いたのですが?

A:大いに効果が期待できます。

糖尿病

ヒュウガトウキを服用したら各種臨床テストの結果、血糖コントロールが速やかに、かつ完全にうまくいくことが多ったという事例が報告されています。

また、高血糖の結果起こる糖尿病性抹消神経障害を防ぐこともわかっています。

詳しくは、「糖尿病が危ないぽっちゃり主婦!」の記事をご覧ください。

 

ヒュウガトウキは気管支喘息やアトピー、リウマチ等にも効果があると聞いたのですが?

 

A:大いに効果が期待できます。

咳

ヒュウガトウキには、炎症のもとであるロイトコルエンB4とC4を抑制する働きがあることがわかっています。

従って、気管支喘息やアトピー、リウマチ等にも効果が期待できます。

詳しくは、気管支喘息やアトピー、リウマチ等のステロイド剤の副作用が心配な方はお読みください!」のブログ記事をご覧ください。

 

ヒュウガトウキは冷え性にもよいと聞いたのですが?

A:大いに効果が期待できます。

冷え

ヒュウガトウキは毛細血管を拡張し、血流を改善する働きがあります。

それで、冷え性だけでなく肩こりや足のむくみなどの改善にもつながります。また副交感神経を高めてストレスも緩和する働きがあります。

詳しくは、「冷えなんて病気のうちにもいらない?|日本山人参(ヒュウガトウキ」のブログ記事をご覧下さい。

 

健康な人が飲めば、ますます元気になるのでしょうか?

A:同じ年齢の人に比べてとても元気な人が多いです。

健康な人でも、風邪を引きにくくなったとか、疲れなくなったなどの喜びの声を多数いただいています。

ホルモンの分泌が盛んになって血液循環がよくなりますので、同じ年齢の人に比べてとても元気がよい状態が続くことも事実です。

ヒュウガトウキは、まさに不老長寿(アンチエイジング)の妙薬とも言えるようです。

健康な人でもヒュウガトウキをおおいに飲んで、より健康な毎日をお過ごしいただきたいと思います。

 

ヒュウガトウキは美容やダイエットにも役立ちますか?

A:美容やダイエットにも役立ちます。

美容やダイエット

詳しくは、「40代からの美容やダイエットに!~日本山人参(ヒュウガトウキ)」の記事をお読みください。

上の画像をカチカチしてください。

 

ヒュウガトウキはメタボにも効果があると聞いたのですが?

A:大いに効果が期待できます。

メタボ

メタボというのは、おヘソ周りが男性で85cm、女性で90cm以上の人が該当します。

加えて、血圧、血糖値、中性脂肪の3つの項目のうち、2つが該当する人がメタボと診断されます。

驚くことに、ヒュウガトウキただひとつで、血圧、血糖値、中性脂肪の3つを下げる効果があることがわかっています。

詳しくは降圧剤は危険!血圧を下げるお茶日本山人参」「糖尿病が危ないぼっちゃり主婦!しかも重症化している?」の記事をご覧ください。

 

ヒュウガトウキは更年期障害にも効果があると聞いたのですが?

A:大いに効果が期待できます。

更年期障害

更年期障害というのは、自律神経やホルモンバランスが崩れて、原因のわからない不安や恐怖感、動悸、イライラ、不眠症、パニック障害などの不具合が生じて起きるものです。

そういう点では、ヒュウガトウキはホルモンバランスや自律神経の働きを整える効果があります。

詳しくは、更年期障害で悩む4つの不安や恐怖とは?」の記事をご覧ください。

 

低血糖の人がヒュウガトウキを飲んでも大丈夫でしょうか?

A:大丈夫です。それ以上に血糖が下がることはありません。

低血糖の人にヒュウガトウキを飲ませても、それ以上に血糖が下がることはありません。

ただし低血糖が起こるということは、かなり重大な病気があると考えられますので、その原因をよく検査してもらう必要があります。

ヒュウガトウキを飲むと消化吸収がよくなりますので、むしろ血糖はさがりにくくなると考えた方がよいと思います。

 

冷え性、また生理不順や不妊症にも役立ちますか?

A:冷え性や生理不順にも役立ちます。

冷え症

確かに冷え性にいいようです。

これは血液循環が改善され、手足の血流がよくなって、結果的には手足が温かくなるからです。

冷え性の方の中には痔で悩む人も多いようですが、それらも改善されてきます。

またヒュウガトウキを飲むと、ホルモンバランスが整うので生理不順も解消されることが確認されています。

同様の理由で、不妊症の治療にも役立つ可能性も期待されています。

 

精力も強くなり、元気になると聞きましたが本当ですか?

A:ほんとうです。

ヒュウガトウキを飲んでいると、精力が強くなり元気になります。

男性の場合は、男性ホルモンの分泌が盛んになるみたいです。

女性でも、生理が戻ったという報告が多数寄せられています。

詳しくは、「精力増強剤とは根本的に違う!40代からの性の衰えには・・・」の記事をご覧ください。

 

ヒュウガトウキは便秘にも役立ちますか?

A:排便がスムーズになります。

便秘

ヒュウガトウキを飲むと食欲が出てきて胃の働きが活発になり、腸の蠕動運動もよくなりますので、排便がスムーズなります。

時には消化がよくなり過ぎて、かえって便秘になるという方もいますが、これは一過性のものですので心配ありません。

 

薬草茶ヒュウガトウキの利用の仕方Q&A

ヒュウガトウキはどのように飲むのですか?

A:一般的にはお茶(ティーバッグ)や粒錠(サプリメント)として飲みます。

生産者の方は、天日乾燥させた葉を煎じてお茶として飲んでいるようですが、お茶で飲むと少々苦味があります。

 

最近では、遠赤外線で乾燥させて粒錠にしたものもありますので、とても飲みやすくなっています。苦味が苦手な方におすすめです。

ティーバッグは1包で1、5㍑容器1本分を目安にして、熱湯を注いで3~5分おいてお飲み下さい。

 

ティーバッグの出がらしの活用法はありますか?

A:あります。

出がらしは料理の隠し味としても使えますので捨てないようにして下さい。

詳しくは、「日本山人参茶出がらしの活用法」をご覧下さい。

 

お茶の苦味を抑える方法はありますか?

A:あります。

日本山人参茶(ヒュウガトウキ茶)にコーヒーや塩、ハチミツ等を混ぜて飲むと飲みやすくなります。

また、ほうじ茶などと一緒に飲まれるかたもありますので、いろいろ試してみて下さい。

 

病院で処方された薬とヒュウガトウキを一緒に飲んでも大丈夫ですか?

A:大丈夫です。

むしろヒュウガトウキは病院から処方された薬の効果を高めることが多いようです。

 

ただ血糖降下剤や降圧剤などの血圧を下げる薬と一緒に飲用しますと、現代医薬品の薬が効きすぎて、まれに血圧が必要以上に下がるとか、血糖が正常値近くまで急に下がってしまうことがあります。

 

30分程度時間をずらして飲用するなど、血糖値や血圧を測りながら、その状態に応じて医薬品の量を少しづつ減らしていくのがよいです。

 

ヒュウガトウキは漢方薬や生薬などと一緒に飲んでも大丈夫ですか?

A:大丈夫です。むしろより良い効果があることもわかってきました。

ヒュウガトウキは単独で使用した場合、さまざまの病気のコントロールが可能になりますが、ヒュウガトウキと他の生薬を組み合わせることによって、よりよい治療効果が出ることもわかってきました。

 

ヒュウガトウキとアガリクス茸

アガリクス茸は現在、日本でガン患者にもっとも多く用いられています。このアガリクス茸とヒュウガトウキの併用により健康効果があることも確認されています。

 

ヒュウガトウキとウコン

日本山人参(ヒュウガトウキ)とウコンを併用することによって、肝臓に対してより高い健康効果がみられます。

 

現在多いC型慢性肝炎においても、よりよい健康効果が期待されます。

 

ウコン、特に春ウコンは、現代医学で肝臓病に最もよく用いられているウルソデオキシコール酸(商品名ウルソ)に類似した薬効があり、併用も可能です。 

C型肝炎の患者さんで、インターフェロンが副作用で用いられないとか効果が診られない場合には、春ウコン単独か、春ウコンと日本山人参(ヒュウガトウキ)の併用が、重要な選択枝になり得ます。

 

ヒュウガトウキとガジュツ

ガジュツは、胃ガンや胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎などのおもな誘因であるピロリ菌の育成阻害作用が証明されています。また胃ガンの術後に併用すると、胃ガンの再発予防に役立つ可能性があります。

 

胃腸疾患のある方におすすめしています。

 

なおガジュツが生体内のインターフェロンを誘導することがわかってきました。

即ち、ガジュツは、強力なナチュラルインターフェロンインデューサーなのです。

 

ヒュウガトウキにもその可能性が推測されています。

 

将来は、ウィルス性肝炎の治療には、ガジュツとヒュウガトウキの組み合わせが良いということになる可能性もあります。

 

ヒュウガトウキとフラギンゴ(イチョウ葉のエキス)

フラギンゴとヒュウガトウキを併用すると、血流改善に対しての健康効果が見られます。

 

フラギンゴは脳細胞の活性と、おそらく再生に関与しているとされています。

 

一方、ヒュウガトウキは脳の血流改善に関与しており、両者が合わさって有益な効果を発揮していると考えられます。

 

ヒュウガトウキは、牛乳やお茶と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

A:牛乳は一緒に飲むことは控えた方がいいです。

牛乳にはタンパク質を含んでおり、ヒュウガトウキの成分が吸収されにくくなりますので、一緒に飲むことは控えた方がよいです。

 

またお茶も、一般的に医薬品を飲むときは控えた方がよいといいますが、漢方や生薬の場合はお茶と一緒に飲むと効果があがるという報告事例も届いています。

 

ヒュウガトウキに関しても同様だと思われますので、お茶と一緒に飲んでもいけないということはありません。

 

最適なのは白湯(人肌程度)です。

 

薬草茶(ヒュウガトウキ)その他Q&A

ヒュウガトウキの良さがわかるまでに、どのくらいの時間がかかりますか?

A:個人によって差ががありますが、たいていの人が2~3週間で何らかの改善効果が現れているようです。

病気の状態や年齢、体のコンディション、他の薬の併用の有無などの条件が個々人で違いますので、一概にこのくらいということは言えません。

 

医薬品ではありませんので、飲んですぐに症状が良くなることはまれです。

しかし、早い人で飲み始めて4~5日、たいていの人が2~3週間で何らかの改善効果が現れることが多いよういです。

 

ヒュウガトウキに副作用はありませんか?

A:重大な副作用は報告されていません。

副作用は詳細につきましては、

「日本山人参(ヒュウガトウキ)の副作用は?」のブログ記事をご覧ください。

 

 

【健康茶(薬草茶)の関連記事】


蓬莱の健康茶

蓬莱の健康茶(日本山人参)の効果・効能~あなたの3つの恐怖にも!



性欲減退

精力増強剤とは根本的に違う!40代からの性の衰えには・・・


 


更年期障害

40代・50代更年期障害で悩む4つの不安や恐怖とは?



パニック障害

自律神経失調症は高血圧の原因にも!その効果的改善法!


 


ストレス解消法

逆効果にならない40代からのストレス解消方法とは?


問い合わせ

お問い合わせ

もしお聞きしたいことや悩み等がありましたら、なんでもお気軽にご連絡ください。

私に残された人生、
あなたの健康と幸せのために、少しでもお役に立てたらと思っています。