1. TOP
  2. 血圧を下げる薬草茶なら副作用もなく安心!

血圧を下げる薬草茶なら副作用もなく安心!

正しい血圧の測り方

血圧が下がらず高いままにしておくと、柔軟だった血管はだんだんと硬くなり、破裂しやすい状態になります。

つまり、脳梗塞による麻痺や眼底破裂による失明などを引き起こすのです。

また、高血圧はは心臓への負担も大きく、心筋梗塞を引き起こします。

 

その他にもひどい頭痛や腰痛、肩こり、息切れ、動悸、頻尿などの原因にもなります。

だから、今は自覚症状がないからといって放っておくと、命をも落とすことになりかねません。

高血圧は、別名”サイレントキラー”と言われる恐ろしい症状なのです。

 

でも、ご安心ください。

血圧を下げる薬草茶ー日本山人参(ヒュウガトウキ)なら、血圧は自然に下がってきます。

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

 

降圧剤に頼りすぎるのは危険!

降圧剤副作用

一時的に血圧を下げる対処法としては、降圧剤は便利ですが、降圧剤に頼りすぎると危険です。

それは、体の調和を無視して、無理やり血圧を下げるから、副作用を伴うのです。

しかも、いくら降圧剤を飲んでも高血圧は治りません。

 

主な降圧剤の作用と副作用

降圧剤

■カルシウム拮抗薬

最も降圧剤として使われている薬で、血管を拡げて血液の通る量を増やして、血圧を下げます。

 

副作用は、むくみ、便秘、動悸、頭痛、顔面紅潮、心不全、腎機能障害、肝機能障害などがあります。

 

■ACE阻害薬

血圧を高くするカギを握るアンジオテンシン変換酵素の働きをじゃまして、血圧を上げないようにする薬です。

 

副作用は、せき、発疹、かゆみ、血管浮腫、高カリウム血症、腎機能低下などです。

 

■β遮断薬

緊張やストレスの状態をつかさどる交感神経の働きを抑える事によって、血圧を下げる薬です。

つまり、心臓の心拍出量を減らし、収縮力を弱めるから、血圧が下がるのです。

 

副作用は、不眠、頭痛、めまい、心不全の顕在化、気管支喘息の誘発・悪化、末梢神経の血流の悪化などです。

 

■利尿薬

尿量を増やして体内の水分を減らして、血圧を下げます。

 

副作用は、低カリウム血症、高尿酸血症、再生不良性貧血、腎不全などです。

 

このように降圧剤を飲み続けて、発疹、めまい、ふらつき、貧血、吐き気、頭痛、動悸、息切れなどの副作用に悩む人は多いのです。

 

下記のYutube動画では、「降圧剤は、5倍の死亡率」と言っています。

お年寄りの場合は脳梗塞になる危険も!

脳梗塞

年齢とともに血圧が高くなるのは、血管が硬くなるからです。

血管が硬くなると、血圧を上げないと体の隅々までスムースに血液を行き渡らせることが出来なくなります。

 

そこに、急激に血圧を下げ過ぎると、かえって脳梗塞になる恐れがあるんです。

とくに、温度が急激に変化する季節の変わり目は要注意です。

高血圧を元から下げるには

高齢者の血圧の正常値は?高齢者の高血圧には日本山人参(ヒュウガトウキ)がお勧め!

 

40歳になったら血圧を下げる薬草茶を!

血圧

高血圧の初期の段階は、最低血圧が上がり、最高血圧はあまり上がらないというのが特長です。

それは動脈硬化などで毛細血管(抹消の血管)の抵抗が増しているからです。

 

年齢的に特に気をつけないといけない時期は、40歳代からです。

この時期から血圧が高い人が急速に増え始めます。

 

そこで、血圧を下げる薬草茶を飲むようにすれば、降圧剤を飲まなくても、血圧は次第に下がってきます。

降圧剤のように、副作用の心配も全くいりません。

 

この薬草茶の特徴は、血液をサラサラにし、動脈硬化を防ぐ働きがあることです。

 

降圧剤のように、一時的に血圧を下げるのではありません。

動脈硬化を防ぎ、結果として血圧も徐々に自然と下ってくるのです。

 

健康茶「日本山人参」

日本山人参(ヒュウガトウキ)は、自然の薬用植物ですから、体に優しくゆっくり効きます。

 

ネズミを用いた急性毒性実験においてもまったく異常は認められませんでした。(「日本山人参(ヒュウガトウキ)の副作用は?」のブログ記事をご覧ください。)

 

民間生薬研究会 最前線レポートより

以下は「民間生薬研究会 最前線レポート」より引用したものです。

血圧を下げるお茶ー日本山人参(ヒュウガトウキ)が、血圧を下げたい人にとって、いかに有用な薬草であるか、よーくわかって頂けると思います。

「人は血管から老いる」といわれるように、血管内をスムーズに血液が流れる状態を保つことが健康の条件といえるでしょう。

この血管内皮細胞に傷が入ると血栓ができ、加えて老化現象や生活習慣病、病気の原因となる活性酸素も発生します。

さらに血小板の凝集によって血液の内腔が細くなると、動脈硬化を引き起こします。また動脈硬化は高血圧の一因にもなります。

ヒュウガトウキ(血圧を下げるお茶)を服用することにより、体内物質「PG(プロスタグランディン)」がスムースに働くようにな ります。

この体内物質PG(プロスタグランディン)には血管拡張作用、血小凝集抑制作用、局所の血流増加作用、睡眠誘発作用、動脈を開く作用などがあり、特に「PGI2」と呼ばれる物資は動脈硬化の危険因子を抑制する働きをします。

これら のPGが活発に働くことにより血液の循環は改善され、結果的に血圧が下がります。また過酸化脂質も減少し、血小板を凝集させにくくする働きもあります。

 

※血圧を下げる薬草茶ー日本山人参(ヒュウガトウキ)には、過酸化脂質を低下させる作用があることもわかっています。

 

【健康茶(薬草茶)の関連記事】

蓬莱の健康茶

蓬莱の健康茶(日本山人参)の効果・効能~あなたの3つの恐怖にも!

パニック障害

自律神経失調症は高血圧の原因にも!その効果的改善法!

 






問い合わせ

お問い合わせ






もしお聞きしたいことや悩み等がありましたら、なんでもお気軽にご連絡ください。

私に残された人生、

あなたの健康と幸せのために、少しでもお役に立てたらと思っています。