糖尿病の専門医もビックリした血糖値の改善事例!

血糖値の改善事例

糖尿病に著しい効果のある健康茶があります。

しかも、その健康茶は血糖値が下がることが臨床的にも証明されているのです。

その健康茶を飲み続けたら、2ケ月で血糖値が正常に戻ったというのです。それで、糖尿病の専門医も驚いたというのです。(血糖値の改善事例より)

糖尿病に著しい効果がある健康茶とは?

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

糖尿病に著しい効果がある健康茶とは、ヒュウガトウキという健康茶です。

日本山人参とも呼ばれています。

神草とも言われている門外不出の薩摩の薬草でもありました。

 

糖尿病というのは、インスリン非依存性の成人型糖尿病のことです。

遺伝的要素(両親が糖尿病:57%、片親:27%)と肥満が大きな原因です。

糖尿病と診断される人の95%は(2型)糖尿病です。

 

その2型糖尿病の患者がヒュウガトウキという健康茶を併用したところ、血糖の状態がうまくコントロールできるようになったのです。

しかも、そのことが3ケ所の臨床研究施設でも証明されているのです。

 

水野修一先生によると

健康茶「日本山人参」

なぜ、健康茶で血糖の状態がうまくコントロールできるようになるのか?

そのことについて、ヒュウガトウキ研究の第一人者 医学博士 水野修一先生が「ヒュウガトウキ」のすべてという本の中で、次のように書いておられます。

理由としては、抹消組織でのインシュリン活性を高め、糖代謝を促進するからです。血糖降下作用が証明されているもう一つの生薬に、イチョウ葉のエキスもあります。ヒュウガトウキにはさらに、アルドース還元酵素阻害作用がありますので、糖尿病による末梢神経障害を軽減します。

ヒュウガトウキという健康茶は血糖値を下げて糖尿病状態を改善するのです。

そればかりではありません。

2型糖尿病患者がなりやすいしびれなどの末梢神経障害も軽減する効果があるのです。

 

ただし、糖尿病は治る病気ではありません。

食事療法を怠ってはいけません。

 

水野修一先生は、”必要なときは経口抗糖尿病薬を服用しつつ、ヒュウガトウキを併用するのが良いようです”と言っておられます。

つまり、そのことで、糖尿病による高血糖状態が上手にコントロールされるようになるのです。

そして、血管合併症などの発生も抑制されるのです。