水ほど体に大切なものはない~認知症や頭痛も改善!

水ほど体にとって大切なものはないです。

考えてみればこれは当然と言えば当然です。

人間は水から生まれ、その体、とくに脳細胞は水でできていると言ってもいいほどだからです。

水ほど身体に大切なものはない

 

しかも、認知症改善のカギもやっぱりたったんです!
水を飲ませるようになってから、認知症の患者が夜、暴れなくなりました。また、布施博さんのお母さんの認知症も、水を飲むようになってから、驚くほど改善したというのです。

介護の現場を知り尽くした医学博士が認知症は水だけで治る!」という本を書いておられます。

 

その上、身体の水不足は頭痛の原因にもなっていたというから驚きです。

「冬の脱水と頭痛の臨床事例」から、アトピー専門の治療院の先生ー阿部 英雄さんが解明しておられます。

水ほど身体にとって大切なものはない

体内の水

出典:logostron.com

私たちの身体の約70%は水でできています。

しかも、脳の90%は水でできているのです。

この事実から言っても、いかに脳にとって水が欠かせないか一目瞭然ではないかと思います。

出典;www.pluswellness.com

 

また、このヒトの身体に欠かせない水は人類の進化や記憶とも深く関わっています。

私たち人類の祖先を辿っていくと、海の中で誕生したことがわかります。量子場脳理論では、脳の中の水分子の場に記憶が折りたたまれていると言われています。

 

そんな驚愕すべき水の力は、古代から宗教的儀式にも用いられてきました。

いわゆる聖水と呼ばれるもので、キリスト教の儀式では洗礼や祝福等に用いられています。

現代社会においては、その健康効果が注目され、水素水、波動水、ミネラルウォーター、還元水・・・と巷に溢れています。

 

もっとも注目すべき水の事実は、放射能にも効果があることが判明しています。

日本では何故かあまり知られていないのですが、チェリノブイリ原発後、放射能で高濃度に汚染されたにも関わらず、その地域にある「特定の泉」の水を飲んでいた人々には健康被害がなかったというのです。

「別天水」という水は、上の奇跡の水の構造も明らかしながら、人間の意識進化にも影響を及ぼす水です。

書籍を購入するには登録が必要ですが、興味のある方は買って読んで見てください。amazonで購入できます。

 

認知症患者が水を飲むようにすると・・・

みずをのむおじいさん

認知症は、脳の細胞に病変があり脳が萎縮しているから、もう治らない・・・・と諦めてしまいがちです。

でも、認知症患者が水を飲むようにすると、驚くほど認知症が改善します。

必要な水の量は1日に1500ccです。

 

さらに、1日に1500ccの水を飲むのに加えて、次の3つをやれば、認知症の3分の2は治ります 。
・運動をさせる 
・ちゃんと食べさせる 
・朝、水を飲ませて、定まったときに便が出るようにする。

 

このことを発見し、理論として確立されたのは、国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁先生です。

出典:www.gunjix.com

1966年 日本医科大学卒業。東京医科歯科大学医学部整形外科所属、整形外科およびリハビリテーション医学を研修。1978年 東京医科歯科大学整形外科講師。1991年 日本医科大学教授。2004年 国際医療福祉大学大学院教授。介護予防・自立支援パワーリハビリテーション研究会会長。日本自立支援介護学会学会長。日本ケアマネジメント学会理事。富山・在宅復帰をすすめる研究会会長。医学博士、専門分野は高齢者介護、ケアマネジメント。

竹内先生は、1973年から特別擁護老人ホームにかかわり、おむつはずし運動などを展開。

80年代からは在宅高齢者のケア全般に関わり、介護の現場を知り尽くしたお医者さんです。

 

竹内先生と田原総一郎氏との対談形式の「認知症は水で治る!」という本を読んで、衝撃とさまざまなインスピレーションを受けました。

非常にわかりやすく、認知症との関わりが全くない人でもぜひとも読んでいただきたい本です。

 

布施博の母親も水で認知症改善!

布施博

出典:noriwl.com

12月22日の爆報THEフライデーでは、母親の認知症介護に苦しむ布施博さんの姿が映し出されました。

ところが母親に毎日1500ccの水を飲ませるようになってから、母親の認知症に大きな変化が現れるようになりました。

今まで介護で尽くしてきた井上和子さんを全く認知できていなかったのが、認知できるようになったのです。そして、撮影中には口にしなかった自分の子供の頃の話をするようになり、布施博さんの手紙まで書いたのです。

 

認知症患者に水を飲ませると改善するというのは竹内孝仁さんの本で知って、私も実際体験していましたが、テレビを見て改めてその力を再確認しました。

奇跡的改善と言えるのではないかと思います。

 

水分補給が一番大事!

意識障害

飲む水の量がたりないと熱がでたり、肺炎になったり、身体的にいろいろな弊害が起こります。

そして意識に支障をきたし、意識障害も出てきます。

 

水分が1~2%なくなっただけで、疲労感、イライラ、頭がぼんやりし、覚醒レベルが低下するのです。

それで水をしっかり飲むと、覚醒レベルが上がって、認知症が治るのです。

あまり水を飲まない生活が習慣化していると、昼間のうちにどんどん水分が出ていきます。

そして意識が少しおかしくなるのがだいたい夕方から夜になります。

 

認知症の人が、夜暴れ、興奮するのは、水が原因です。

そこで1500ccぐらいの水を飲ませると、実際、暴れなくなるのです。

 

熱中症は脱水症で、水が1~2%不足すると意識障害になります。

それで自分が調子が悪いということに気がつかず、ひどい場合は、倒れて病院に担ぎ込まれることになります。

 

水不足で、体は動かなくなるし、熱も出てきます。

水が3%不足すると血液循環が悪くなり、脳梗塞などが起こりやすくなります。

 

食事、排便、運動では

老化物質AGE

出典:shuchi.php.co.jp

食事では、バランスよく栄養を摂り、よく噛むことが大切です。

栄養は、体の健康を維持するために必要で、実際に栄養を考えて食事を改善するだけで状態がぐんとよくなってくる人もいるのです。

排便では、便秘を治して、オムツはずしをすることがポイントです。

便秘は水をよく飲むと治ります。

運動では、別に歩かなくてもいいから、歩行器などを使って歩く練習をすることです。

運動してないと腸の動きが落ちてしまいます。

また、運動している人は認知証になりにくいという研究結果もあります。

 

冬の脱水と頭痛の臨床事例から

出典;阿部先生の臨床事例より

脱水は夏場の熱中症だけではないです

見落としがちですが、冬場は緊張と消耗を強いられる季節でもあるのです。

何故なら冬の気候は、低温・乾燥・高気圧が主な特徴で、体に大きく影響を及ぼしています。

①気温が低い:血流が悪くなる

②湿度が低い:乾燥する

③気圧が高い:緊張する

 

冬の時期では、私たちの体は、その乾燥と寒気の組み合わせによって、大きな負担がかかっているのです。

だから阿部先生の臨床結果によると、体調不良の先駆けは冬場の「脱水」だそうです。

阿部 英雄

出典;www.im-center.jp

初めまして。鍼伮マッサージ師で姿勢改善トレーナーの阿部です。 私は、体のケアに加えて姿勢改善も併用することで、怪我や病気になりにくい体づくりをお伝えさせて おります。 特に、首肩こりやめぐりの悪さによる痒みへの対処が得意です。

 

臨床事例より

出典;阿部先生の臨床事例より

阿部先生によると、次のような患者さんがいたそうです。

10月半ばより首肩まわりの倦怠感を感じる。寝ても疲れが抜けにくく、起き上がりにくい。朝起きるとだるく、布団から抜けにくい。仕事はデスクワークがメイン。夕方近くになると頭が重くなる日が続いている。

 

そしていくつかの観察や質問から次のようなことがわかったそうです。

乾燥する環境での軽度な脱水があると、筋肉を使っていないときには、心臓に負担がかかりやすい。

また、座っている時や冷える時などは腎臓に負担がかかり、腰の重だるさを伴うことがある。

 

脱水になると、どの臓器に負担がかかるのかは、人により変わるそうです。

私たちは、生まれ持って、どこかしらに強さや弱さを抱えて生きているので、その弱さを持つ臓器から反応や症状が起こりやすいのです。

共通するポイントは、負担のかかった臓器の周囲は硬くなることが多いそうです。

 

脱水の対処は水分摂取

出典;阿部先生の臨床事例より

今回は、水分摂取の量や頻度を増やしてもらったそうです。

また、寝る時の湿度管理や椅子からもこまめに立ち上がるなどしてもらい、同じ姿勢を続けない養生をお伝えしたということです。

治療においては、心臓や腎臓へ直接内臓のケアを行い、それに加えてふくらはぎの反射点への刺激を行い、補った水分が全身へ巡るようにする施術を行ったとのことです。

このようなケアの結果、頭痛の寛解だけでなく、腰回りの重だるさや朝の気だるさも徐々に抜けていったそうです。

 

まとめとして、今回の頭痛の大元は、水分不足による内臓への負担や脱水症状だったとのことです。

それで、これらの土台のケアを行ったところ、頭痛そのものが起こりにくい体にすることができたとのことです。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ