痩せるホルモンが増えるサバ水煮缶の秘密はその製造方法にあった!

サバ水煮缶はその製造方法から効果的に働く

サバ水煮缶の栄養

出典:話題.biz

サバ水煮缶はビタミン類(B12、B2、B6、D、E)やナイアシン、カルシウム、タンパク質、脂質、亜鉛、リン、銅などを豊富に含んでいます。

もちろん痩せるホルモンの分泌を促す働きのあるEPAもたっぷりと含んでいます。

 

しかも、さば水煮缶の場合は、水や塩水を加工時に使うだけだから糖分が増える心配がないです。

ところが、味噌煮や味付きは調理の過程で糖分が多くなるし、カロリーも高くなってしまいます。

 

さらに、サバ缶などの缶詰は、栄養素が失われにくいというメリットがあります。

とくに極めて貴重なEPA・DHAは熱に弱く溶けやすいので、缶詰以外は栄養素が失われやすいです。その点缶詰は、栄養分がそのまま煮汁などに閉じ込められています。また、骨に含まれるカルシウムやビタミンD、内蔵に含まれる鉄分や亜鉛などを丸ごと摂れるというメリットもあります。

 

サバ水煮缶に含まれているEPA

サバ水煮缶

サバ水煮缶に含まれているEPAは他の食品に比べてダントツです。

EPA含有量

そして山形県のある地域ではサバ水煮缶を毎日のように食べており、実際測定したGLP-1の量はかなり多かったです。

 

でもEPAはあじ、いわし、さんま、さば等の青魚にも多いので、無理してサバ水煮缶だけを食べ続ける必要はないです。

野菜の食物繊維も含めて考えれば、血糖値コントロールはうまくいくのです。