日本の科学者が痩せる脂肪を発見し世界を驚かせた!

Contents

寒冷刺激で痩せる脂肪は増やせる

acf8ea52042a067ce41d6b429e858814_s

痩せる脂肪を増やすためには、適度な寒冷刺激や、カプサイシンを多く含む食品の摂取が推奨されます。

17℃で2時間過ごす体験を6週間継続(平均年齢24.4歳、男性8名で実験)すると、700gの体脂肪が減少したという実験結果もあります。

また斉藤氏は、エネルギー代謝と肥満に関する栄養代謝学を研究テーマに、褐色脂肪組織の重要性を探求しました。

彼の研究は、褐色脂肪細胞が大人にも存在し、体温調節とエネルギー消費に重要な役割を果たしていることを明らかにしました。

 

痩せる脂肪を増やす具体的方法

痩せる

痩せる脂肪を効果的に増やすには、カプサイシンを多く含む食品やトリップチャネルを刺激する食品を積極的に摂ることが重要ですが。

褐色脂肪(ベージュ脂肪)細胞は寒冷刺激で効果的に働くのです。

それと、首・肩甲骨・脇の下・腎臓付近と、限られた場所にしかないのが特徴です。

それで、痩せる脂肪を増やすには、下記の4つの方法が効果的です。

 

冷水と温水を交互に浴びる

冷水と温水を交互に浴びる

出典:news.livedoor.com

褐色脂肪(ベージュ脂肪)細胞が集まる首周りに20℃の冷水と40℃の温水を交互にかけると良いです。

また、温水と冷水が血行を促進しますから、美肌にも良いです。

 

手を冷やす

手を冷やす

出典:www.anlave.com

冷水で手の平をひやすと、褐色脂肪(ベージュ脂肪)細胞を効率的に刺激することができます。

それで、手の平を冷やしたあと、肩肩甲骨周りの運動をするとより効果的です。

 

肩胛骨周りのストレッチを毎日行う

kenkoukotu.com

出典:kenkoukotu.com

褐色脂肪(ベージュ脂肪)細胞は、とくに肩胛骨周りに集中しています。

それで、肩胛骨周りの筋肉を意識してストレッチを行うと効果があります。

肩を回すだけでも効果的です。

 

また、肩甲骨周りは長年の前かがみなどの姿勢により、歪んだり筋肉が硬くなっています。

首コリ・肩コリや腰が痛くなったりなどの原因にもなっていますので、そういう点からも肩甲骨周りのストレッチは重要です。

 

姿勢を正しくする

姿勢を正しくする

出典:www.daiichisankyo-hc.co.jp

姿勢が悪くなると肩胛骨付近の筋肉が固まり、褐色細胞がうまく働かなくなります。

それで、肩を後ろに引くような姿勢をとるようにすれば、うまく褐色細胞が働くようになります。

 

姿勢を正せば、さらに猫背や冷え症、不眠、美容などにも効果が期待できます。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

 

今日の言霊

MAFORAMA参照

お祓いをあげるとき、我々は身体そのものが宇宙の創造・維持・帰趨という広大な宇宙でもあって、我々は声の中でそれを自分に返しています。言葉には力が宿ります。by塩じぃ