言霊よもやま話

ひとりでも多くの皆さんに「言霊」とは、どういうものか知って頂くために・・・・

私が実際、体験した不思議な出来事やたまたま目に付いた記事などを紹介致します。

言霊よもやま話です。

言霊効果~私の不思議な引寄せ体験

私にも言霊

出典:age3050.com

実は私自身、下の記事を書くにあたって不思議な引寄せ体験をしました。

言霊効果は∞!

言霊効果は∞!最も最強の言霊が「とほかみえみため」

下記の電子絵本「子猫のソイとクリ」を見て、「言霊効果」について書きたいと感じ、了解を取り付けたまでは良かったのですが・・・。

可愛い子猫、アメリカンカールの「ソイ」とスコティッシュフォールドの「クリ」のお話です。 2匹は、仲良くママのお家で暮らしていました。ところが、ある日病気になったソイが死んでしまい、クリは自分のせいかと思い込んでしまいます。 でも、夢の中でソイに会い、元気を取り戻します。

身近な人を亡くし、自分のせいだと自責の念に駆られることがあります。でも、「あなたのせいではないから大丈夫だよ」「もっと人生を楽しんでいいんだよ」と言ってくれる人がいたら救われるんです。亡くなった人(ペット)もこの世で関わった人々への感謝と、残された人々の幸せを願っているのです。大人でも子どもでも、自分を責めて良くない方向へ走ってしまうことがあります。そうならないように、また、そんな心を癒すことができるようにと想いを込めて作った絵本です。

実は、なかなか記事が書けなかったんです。

 

ところが、もうすかっり忘れていたある人の言葉を偶然にも目にして、その人の言っている本当の意味が分かったとたん・・・。

涙が溢れてきて、記事を書くエネルギーが体の底から沸き上がってきたんです。

それから、不思議なことに次から次へと・・・・私の目の前に記事を書く素材が現れるではありませんか・・・・。

 

その言葉とは、ある重症の鬱病患者から贈って頂いた言葉です。

今の全てを受け入れている

出典:twitter.com

初めは受け入れられない話だったのですが、実際減薬すると自分でもかなり危険な事が多く、何回か経験して今の状態を納得しました。でもね。動けないとか色々悲しい事は多いけど、私、この病気にならなかったら人の痛みが分からなかったかもしれないし他の人が私みたいになるのを防ぐ事も出来る。大好きな人達が私みたいな病気じゃなくて良かったって感謝もするし、良い事も多いかもしれません。分からなかった事が分かる。これも幸せの一つかもって・・・

他にも体の病気もいくつか抱えているので40代での死亡確率は50%と言われましたが、今現在、ひきこもりでも病気は悪化してないし、80まで生きるつもりです!私は可哀想な人間ではなく。ある意味幸せな人間かもしれません。こうやって、私の事を聞いて下さって心配してくれる素敵な方も居るんだもん!

私は上の言葉を再度読み返したとき、彼女が私に言いたかったことは・・・。

「今の全てを受け入れている」つまり「これでいいのだ」ということだったんだと胸に刺さったんです。

開き直り

出典:masato-yana

実際のところ、現在、今この時が、私たちにとっていちばん大切なのです。

なぜかというと、幸せを感じるのは今のこの瞬間「中今」しかないからです。

出典;moc.style

実は、先ほど述べた言霊の存在場所は「中今(空)」なのです。

グチを言っている人は、過去から不幸な体験を引き寄せ、未来に不安を見て、今を絶えず不幸な色で塗っているのです。

決して今の自分を愛さず、信じないのです。

 

いまこの瞬間に起こった不思議な出会いとは?

確率論から言ってもあり得ない不思議な出会いとは、写真の大工さんとの出会いです。

いま和室の部屋をフローリングに変え、隣の真ん中の部屋の壁をぶち壊して、ひとつの部屋にする作業をしてもらっているところです。(言霊に基づく結界コンサルティング調査レポートに基づいて)

 

何故あり得ない不思議な出会いかと言いますと、この大工さん、やけに言霊のことについて詳しいのです。

私が今まで学んできた言霊の知識をスラスラ話せるのです。しかも驚くことに、私が手配し、一緒に写真に収めた「大黒柱」「言玉手箱」の出所まで知っておられました。言霊という言葉さえ知らない人が多いのに、この鹿児島の地でそんな大工さんが来られるとは夢にも思いませんでした。

これはどう考えても、言霊の力が引寄せた不思議な出会いとしか思えません。

7月31日のフェイスブックにはこんな記事まで載せてしまいました。

これって何の集まりだと思いますか?

年格好も不揃いで、男4人だけ・・・実はこれは「言霊」が引寄せた集まり・・・・

今後のお互いの人生の門出を祝っての「予祝」と言って言いかも知れません。キッカケは写真の「大黒柱」「言玉手箱」なんです。

<

たまたま私の部屋の内装にきた大工さん、”これは情報も発信しているんですよね”というもんですから、もうビックリしてしまいました。こんなことを知っている人は、鹿児島にはほとんどいないはずです。

それもそのはず「言霊」にめっぽう詳しい大工さんだったのです。しかもそれだけに終わらなかったのです。その大工さんに「十草神宝」の説明ビデオを見てもらったら・・・・その時、「TAKION」というCDもかけていたのですが、それでもう我慢できないほど痛かった膝や腰が良くなったという信じられない話も続いたのです。

もう一人は私の家の改装を担当したリフォーム会社の責任者。その人が私の家の玄関を開けた途端、何かが違うというのです。ひょっとしたら、”それは神社に行った時のような何か清々しい感じじゃないですか”と聞いたら、”そうだ”というのです。

そして、最後の人がこの不思議な出会いのリフォーム会社を私に紹介してくれた人です。

言霊に出会ってから、何回も不思議な出会いを実体験してきましたが、これにはもうビックリしてしまいました。

 

言霊に基づく結界コンサルティングとは?

言霊に基づく結界コンサルティングがどういうものかは割愛させて頂きますが、要するに下記の3点について我が家の立地環境について調べてもらって、評価してもらったのです。

1.住居周辺の影響と状況について

2.建物敷地内の状況と影響について

3.結界時空間創造のご提案

 

とくに断層の影響がー5とショッキングな内容でした。

でも最も高価な提案を採用すると、自宅のケカレチがイヤシロチ化し「パワースポット」になるということが書いてあったので、その提案を採用しました。(提案の中で最も高価なグッヅが写真の大黒柱です。)

お持ちの BETTEN やロゴストロン L と、大黒柱が相乗効果を生み、ご自宅がパワースポットとして周辺地域にさらに良い影響をもたらします。

熊野神社

イヤシロチでするアーシング(砂浴)が一番!

 

体内の小宇宙を宇宙のリズムに合わせる

私が今やっているのは、海岸の砂浜に行って、裸足になって瞑想することです。

本当は鎮魂、魂を鎮めているのですが、はじめてこの言葉を聞く方は瞑想と思って頂いても良いです。

また朝日を半眼で、約10分程度凝視したりもしています。

 

これらの行為は私なりの「体内の小宇宙を宇宙のリズムに合わせる」行為ではないかと思います。

難病に指定されている「潰瘍性大腸炎」という病魔を完全に体から追い出すことも含めてやったのですが、このことも言霊が有効に働いて難病が完治できたのではという気もします。

 

再び還ってきた鎮魂石

鎮魂石

この前、不思議としかいいようのない体験もしました。

波にさらわれた鎮魂石が、また元の場所に還ってきたのです。

いつだったかはっきりとは覚えていないのですが、これは驚きでした。私は鎮魂するときは、いつも海岸の砂浜で裸足になって、大きな石の上に鎮魂石を載せてやるんです。

ところが、この鎮魂石をうっかり砂浜に忘れて、そのまま帰ってしまたんです。翌日、必死に探しましたがどこにも見当たりませんでした。仕方がないともう諦めていたんですが、いつものところに腰をおろして、前を見たら、黒くて丸い光るものがあるじゃないですか・・・・。まさかと思い、駆け寄ってみたら、消えて失くなった鎮魂石だったんです。

実はこの鎮魂石、実家を壊す時、たまたま見つけた鎮魂石です。床の間の神棚に、木の箱に入れられ紙で包んで置かれてあったんです。出てきた場所からいって、両親のものじゃないことははっきりしています。実家はもともとおじいさんの隠居でしたから、おじいさんのものだったかもしれません。そいう意味では祖先の霊がこもっていたかも知れません。

 

様々な言霊効果

言霊効果は∞!

言霊効果は∞!最も最強の言霊が「とほかみえみため」

言霊がどういうものか、どうしたらその効果が得られるにについては上の【言霊効果は∞!最も最強の言霊が「とほかみえみため」】をご覧下さい。

 

すべては奇跡につながる

佐川奈津子

出典:www.love-inchrist.com

私は上の佐川奈津子さんの「すべては奇跡につながる」という動画を見て、彼女の言っている意味が心底理解できました。

鎌倉ドクタードルフィンも三つの言葉のフレーズを唱えると”大宇宙のサポートを最大限に受け取る”と言っておられます。

それで、ドルフィン先生の唱え方も加味して、次のような言霊を発するようにしています。

そして体内から湧き上がってくるエネルギーを、古事記に倣って下から上に底筒男、中筒男、上筒男と廻していくのです。

最初は小さく、最後の筒男では廻しているエネルギーを宇宙のはてにぶつけて瞬時に帰ってくるように・・・・。

★私は新しい時空間を創造した。

★私は神身一如(しんしんいちにょ)となって今を自由自在に生きた。

・今の自分は大丈夫。

・今の自分に感謝。

・今の自分が大好き。

・今の自分をよく知っている。

・今の自分は宇宙のすべて。

★遠津御祖神様、八百万の神々様、この私のいまを愛と奇跡の体験を戻してくださって有難うございます。お喜び様です。嬉しいです

とにかく気持ちがいいので、上のことを毎日やっていたら何だか”愛と奇跡の体験”が実現しているようです。

それでフェイスブックに次のようなことを書いてしまいました。

 

鎌倉ドクタードルフィン診療所院長の「からまった心と体のほどきかた」という本には、次のようなことが書いてありました。

「ありがとうございます」「お喜び様です」「嬉しいです」の三つの言葉のフレーズを、心の中または声を出して唱えれば、大宇宙を大喜びさせ、大宇宙のサポートを最大限に受け取ります。そして、この三つの言葉の後に、前述の天才バカボンパパのつもりで、「これでいいのだ」と唱えます。

これにより、皆さんが地球で生まれてこのかた、親、家族、学校、社会から教わってきた「常識」「固定観念」を消去します。そして、皆さんに必要な知識と情報である大宇宙の叡智が舞い降ります。

 

言葉の力を脳科学者は

脳科学者の茂木健一郎は、「言葉の魔法」という本の中で、次のように言っています。

人間は、脳で幸運を感じています。 だから、幸せ(幸運)かどうかは脳の中をのぞき込むとわかります。うれしいこと、楽しいことがあると、脳内で神経伝達物質である「ドーパミ ン」が放出されます。そして、このドーパミンが「自分」という自我中枢である前頭葉に放出される と、人は幸せを感じるのです。

一方で、偶然の幸運に出会う能力を「セレンディピティ」といいます。 現在の脳科学では、セレンディピティこそが、人間が創造的に生きるための キーワードとして注目されています。人が幸せを感じながら日々生きていくためには、偶然の幸運に出会う能力「セ レンディピティ」が必要なのです。 そこで重要なのが、偶然の幸運に巡りあったとき、それを間違いなく自分のも のとして繋ぎ止めることができるかどうか。それができる人こそ、幸運を呼び込めるのです。

では、この「偶然の幸運」を「必然の幸運」に転換させる方法はあるのか?もちろん、あります。この本を読むと、幸運というイリュージョンを脳内でつくる「言葉の魔法」を体験でき、幸運を呼び込むことがむことができるのです。

イリュージョンとは、幻影、幻覚、錯覚、幻想という意味ですので、ちょっと違うような気もするのですが・・・・。

いずれにしても、脳科学者も「言葉の魔法」ということで、その驚くべき力を認めているのです。

 

クラシック音楽仕込み

焼酎仕込み

出典:www.denen-shuzo.co.jp

あなたは植物を2鉢用意して、「かわいいね」「ありがとう」等のプラスのエネルギーを持った言葉と、「バカ」「枯れてしまえ」などのマイナスのエネルギーを持った言葉をそれぞれにかけると、プラスのエネルギーを持った言葉をかけた鉢が良く育ったという話を聞いたことがありますよね!

これは、言霊の力を端的に表す実験なのです。

 

実際、焼酎仕込みの際にも、この言霊の力を応用して製造しているところがあります。

蔵に足を踏み入れた瞬間に聴こえる、ベートーヴェン交響曲第6番「田園」の調べ。それは今日も田苑酒造で「音楽仕込み」が行われている証です。世界にも稀なこの技術が誕生したきっかけは、焼酎造り の現場に流したBGMでした。音楽を流し始めると間もなく、日々の焼酎造りの中でわが子のように常に「もろみ」を見つめ続けていた蔵人たちが、スピーカーに近いタンクだけ一次仕込みの日数が早まることを確認。「もろみ」に起きたわずかな変化を見逃さなかったことで、「音楽の刺激が発酵を促す」という事実がここ田苑酒造で発見されたのです。

ベートーヴェン交響曲第6番「田園」などもプラスのエネルギーを持った言霊なのです。

 

「子猫のソイとクリ」の電子絵本も曲が流れてきます。

静かに聴いていると、自然と涙が溢れてきます。

 

言霊治療より

メールを開けたら、言霊治療より「アタマがカラダの声に耳を傾ける」という興味深い内容のメールが届いていました。

医学博士三木成夫(シゲオ)先生の言葉だと書いてあったので「内臓とこころ」という上の本を早速買い求め、読んでみました。

 

この本で私が最も興味を持ったのは「こころとは、内臓された宇宙のリズム」という一節です。

古代の人々は、内臓(はらわた)が体内に封入された”小宇宙”だと、ごく素朴に宇宙というものを体内に感じ取っていたようです。

ところが、現代の人々は、なにか神秘主義というか、せいぜい幻想の世界に属するくらいにしか考えていません。

脳科学者の茂木健一郎のイリュージョンとういうとらえ方もそのひとつじゃないかと思います。

 

内臓(はらわた)とは大宇宙と共振する小宇宙、つまり「ココロ」なのです。

黄道12宮と人間の照応

出典:eliot-akira

内臓感覚が最も麻痺しているのが文明人ですが、それでも子宮はそのことを敏感に感じ取っています。

おそらく女性の方だったら、このことが感覚的にわかるのではないかと思います。

 

それから、日本人はよく「肝の底から感じ取る」「断腸の思い」「はらわたが煮えくり返る」というような言葉を使います。

これも日本人が”はらわた”の共鳴現象をココロで感じ取ってきた証ではないかと思います。

 

はらわたの声は海馬や大脳皮質にこだまし、言葉となって発せられるのです。

言葉というものは、私どもの祖先が、その豊かな心で生み出し、育み、育てた、まさに人類の宝物です。・・・・目に入り、耳に入る自然の一々を、すべて言葉として、あの左の「ロゴス脳」で受け取る。この日本人の特殊な機能の鍵を握るのが、まさに”コトダマ”の世界なのです。

 

この一文で、私は言霊の力を発揮させるためには、自分の体内にある小宇宙を宇宙のリズムに合わせことが一番だと思いました。

だから、祓い清めて、空の状態になれば、はらわたは宇宙のリズムにより共鳴し、言霊は強力な力となって現実化するのではと思ったりもしました。

そして、実際、私はそのことを私なりの方法で実践してきたのではないかという気もします。(前述「体内の小宇宙を宇宙のリズムに合わせる」)

 

Nスペ人体の神秘より

臓器たちの会話

出典:www.nhk.or.jp

私は、「Nスペ人体の神秘」を視て、やはり人間の体内は小宇宙だと確信しました。

 

その番組によると、脳や心臓が人体の中心なんて考え方はもう捨てよう。

最新の先端科学で体の中は、神秘の巨大ネットワークだというのです。

体の中で、あらゆる臓器や細胞がまるでにぎやかに会話するように、ダイナミックな情報交換を繰り広げているというのです。

 

外科医なら誰でも知っていることですが、体の中の臓器はまるで宇宙空間に浮かんでいる星たちと同様に、体の中で浮かんでいるのです。

そして、各臓器や細胞どうしが意志を持って会話しているというのですから、大宇宙とも会話していたとしても何ら不思議なことではないのです。

わかってしまえば、この世に神秘的なものはひとつもないのです。