1. TOP
  2. 体を温めるだけで、膝痛、アトピー、癌等の病気が良くなるのは?

体を温めるだけで、膝痛、アトピー、癌等の病気が良くなるのは?

 2014/11/21 冷え症・冷え症改善 この記事は約 3 分で読めます。 491 Views
体を温める


体を温めるだけで、膝痛、アトピー、癌、高血圧、糖尿病などの病気も改善するというから驚きです。

実際、体を温めてみると期待以上です。

実際、体を温めると

例えば、関節が痛い時、その患部を体温よりも2度くらい高いもので温めると、痛みを根本的に和らげてくれるのです。

痛みを誘発していた関節内の異常をあるものが感知し、それを修復するのです。

 

手術をするのも難しいといわれていた末期ガンの患者さんが、患部を温めることによって進行を食い止め、無事に手術を受けることができ、体力を回復した例がいくつもあるのです。

 

体を温めることで、ガンの患者さんが予想を超えて生き延びた例もあるのです。

 

アトピーに苦しんでいた人が、体を温めることによって症状が軽くなったという報告も相次いでいます。

 

高血圧や糖尿病などの患者さんも、日頃から腹部を温めるようにするだけで、症状が改善される例も多いのです。

 

このように体を温めると病気が良くなるのは、体にはHSP(ヒート・ショック・プロテイン)の働きが備わっているからです。

 

HSP(ヒート・ショック・プロテイン)とは?

HSP(ヒート・ショック・プロテイン)とは、訳すと”熱ショックタンパク質”ということです。

 

1962年に発見された、抗ストレスタンパク質です。

 

私たちの体は、約60兆という膨大な数の細胞で作られています。そして、そのほとんどの細胞がタンパク質からできています。

その細胞に高熱を加えると、細胞内のタンパク質は損傷を受けます。

そして同時に細胞内には、HSPというある種のタンパク質が生まれます。

このHSPというタンパク質には、損傷を受けたタンパク質を元通りに修復する働きがあるのです。

 

つまり、高温という刺激を受けると細胞はその分ダメージを受けますが、同時にそのダメージを修復するための成分も生み出していたのです。

 

体温より2度くらい高めが良い!

さらに綿密に調べた結果、体温よりちょうど2度くらい高いところで活発に合成されるタンパク質にもっとも顕著な抗ストレス作用があり、細胞を修復する能力もかなり高いことがはっきりしました。

 

加わる温度によって、さまざまなHSPが生まれますが、体温より高すぎても引きすぎても、抗ストレス作用は低くなってしまうのです。

 

体を温めて病気を治そう!

体を温めるだけで、膝痛、アトピー、癌、高血圧、糖尿病などの病気がよくなる・・・・。

 

やはり体は冷やしたらいけないのですね!

 

「冷え」は万病の元ともいいますから。

 

ところで、日本には昔から、湯治という習慣がありました。

大昔から「温める」ことは痛みを和らげ、患部を治すことがわかっていたのです。

 

薬草ヒュウガトウキ(日本山人参)と温泉の効能

鹿児島の霧島山奥に湯治にピッタシの温泉があります。

ここの温泉は、毛細血管を著しく広げる作用(九大で確認)があるのです。

 

興味のある方は画像をカチカチしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

体を温める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 絶景冬の露天風呂は高血圧の人や高齢者にとっては入浴事故のもと!

  • 血糖値を下げるお茶なら神草ともいわれる薬草茶を!

  • 総コレステロール値低いと早死に!基準値超250でも健康体とは

  • 咳が止まらない、長引く原因は?なぜか大人のぜん息が急増!

関連記事

  • 恐い内臓型冷え症&冷え症不眠の原因はお尻?|その原因、Xにあり

  • 太ももで話題のベッキーが靴下重ね履き? |いっぷく

  • 真面目な性格の人ほど、心は冷えやすい

  • 若い人もがん!小林麻央の死なぜ?原因はストレス?体内静電気?

  • あなたが恐れているガンは低体温、つまり冷えから・・・

  • 体温の低下でがんが増加!?|週刊新潮