血圧を下げる薬草なら副作用もなく安心!

血圧を下げる薬草茶なら副作用もなく安心!

降圧剤に頼りすぎるのは危険です。

副作用を伴い、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなっています。

だから、血圧を下げる薬草があったら、副作用もなく安心なのにと思っていました。

探してみたところ、下記のようなスゴイ薬草がありました。

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

出典:ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

降圧剤に頼りすぎるのは危険!

降圧剤副作用

降圧剤は一時的に血圧を下げる対処法としては非常に便利です。

ところが、降圧剤に頼りすぎると危険です。

それは、体の調和を無視して、無理やり血圧を下げるからです。

副作用を伴います。

しかも、いくら降圧剤を飲んでも高血圧は治りません。

 

主な降圧剤の作用と副作用

降圧剤

■カルシウム拮抗薬
最も降圧剤として使われている薬で、血管を拡げて血液の通る量を増やして、血圧を下げます。

 

副作用は、むくみ、便秘、動悸、頭痛、顔面紅潮、心不全、腎機能障害、肝機能障害などがあります。

 

■ACE阻害薬
血圧を高くするカギを握るアンジオテンシン変換酵素の働きをじゃまして、血圧を上げないようにする薬です。

 

副作用は、せき、発疹、かゆみ、血管浮腫、高カリウム血症、腎機能低下などです。

 

■β遮断薬
緊張やストレスの状態をつかさどる交感神経の働きを抑える事によって、血圧を下げる薬です。

つまり、心臓の心拍出量を減らし、収縮力を弱めるから、血圧が下がるのです。

 

副作用は、不眠、頭痛、めまい、心不全の顕在化、気管支喘息の誘発・悪化、末梢神経の血流の悪化などです。

 

■利尿薬
尿量を増やして体内の水分を減らして、血圧を下げます。

 

副作用は、低カリウム血症、高尿酸血症、再生不良性貧血、腎不全などです。

 

このように降圧剤を飲み続けて、発疹、めまい、ふらつき、貧血、吐き気、頭痛、動悸、息切れなどの副作用に悩む人は多いのです。

 

下記のYutube動画では、「降圧剤は、5倍の死亡率」と言っています。

 

高齢者の場合は

脳梗塞

血圧を下げるには、まず血流の改善が必要です。

血圧が高いということは、知らず知らずのうちに動脈硬化が進行しつつあるということでもあるのです。

60歳代の約60%以上、70歳以上の約70%以上が高血圧にかかっているとされています。

でも、これはある意味自然の成り行きといえます。

それは高齢者の場合、動脈硬化で血管がもろくなっているからです。

だから、血圧を上げないと、必要な血液を体の各細胞に回すことができないのです。

 

体が高血圧を必要としているのに、血圧が高いからと慌てて降圧剤を飲んで急激に血圧を下げるのは危険です。

急激に血圧を下げ過ぎると、かえって脳梗塞心筋梗塞になる恐れがあるんです。

救急車

血圧が急に下がると、各細胞に血液が十分行き届かなくなるばかりか、血流が滞って血管が詰ってしまう危険性があるからです。

そういう意味では、高齢者の場合、血流を改善しながら血圧を下げていくことが極めて重要です。