1. TOP
  2. 首の後ろを押すピンポイント療法!高血圧や糖尿病の病気が治る?

首の後ろを押すピンポイント療法!高血圧や糖尿病の病気が治る?

 2017/07/15 血圧を下げる方法 この記事は約 7 分で読めます。 13,833 Views
首の後ろを押す

壮快という健康雑誌に、首の後ろを押すピンポイント療法で神経の流れがよくなり、糖尿病も治るとありました。

 

鎌倉ドクター診療所院長の松久正という先生が書かれたものです。松久先生によると、首の後ろを押すピンポイント療法は高血圧も大改善するとのことです。

但し、それにはやり方があります。

薬や手術はごまかしに過ぎない!

薬で治るという幻想

出典:hideyukiriha.com

薬で一時的に症状が良くなったとしても、病気が治ることはありません。

ごまかしているだけです。

 

松久 正という鎌倉の院長さんは、現代の医学は薬と手術でごまかしているといいます。

たとえ手術が成功したとしてもそれは一時的なもので、病気が根治することはない。

薬物療法も症状を表面的にごまかすにすぎないというのです。

 

それで、現代医学に疑問を抱いた松久医師は、アメリカで本物のカイロプラクティックである「ガンステッド・カイロプラクティック」を習得されてきたとのことです。

どんな先生なのかは、下記の『ドクタードルフィンの地球人なんでもQ&A』の動画を見ればよくわかります。

残念ながら、先生の治療を受けようと思えば6年待ちだそうです。

 

首の後ろを押すピンポイント療法だけで・・・

首の後ろを押すだけで健康になる

出典:s.webry.info

首のうしろを押すピンポイント療法だけでなぜ健康になるのか?

それはは、神経のつまりを大掃除するからです。

薬も手術も用いずに、手を使って神経の流れを正すだけで、肩こり、腰痛、耳鳴り、めまい、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風など)が改善します。

さらに、ガン、先天性疾患、膠原病、内臓疾患、脳梗塞の後遺症、斜視、アトピー性皮膚炎といった病気にも好結果が出ているとのことです。

 

私は自分で栽培している薬草を毎日飲んでいますので、68歳の今でも血圧は正常ですが、松久先生が主張しておられる「現代の医学は薬と手術でごまかしている」という点については大賛成です。

そいうことも含めて先生が「神経の流れを正せば、血圧は自然に下がる」という説明に非常に興味を持ちました。

薬も飲まず首の後ろを押すだけで、本当に高血圧が治るのなら、こんないいことはありません。

 

高血圧で悩んでいる方のためにも少しでもお役に立てればと思い、以下先生の高血圧に関する説明を載せておきます。

通常、血圧が上がるのは、脳や心臓、筋肉の細胞など体の細部にじゅうぶんな血液を送るために自然に起こる、体にとって必要な反応です。

もともと神経の流れが乱れ、体の構造と機能に異常をきたすため、血圧を上げる必要が生じています。その乱れを正せば、自然に血圧は下がります。

それには神経の流れを整えられるピンポイント療法が役立ちます。足のしびれも、現代医学では治らないとされていますが、同様に取れていくはずです。

 

糖尿病と神経の流れ【壮快より】

神経の流れ

松下先生は、糖尿病と神経の流れについて次のように書いておられました。

糖尿病は、神経の流れが悪化して体の細胞への指令が乱れることにより、インスリンに細胞が適切に反応しなくなったり、膵臓がインスリンを適切に分泌しなくなったりすることで起こります。

そのため、血糖値を下げる薬を飲んだり、インスリンを補充したりするのではなく、まずはその神経による指令を正さなくてはなりません。

ピンポイント療法は、自分で簡単に神経の流れを正すことができる、最強の健康法です。

これを継続することで体に正しい指令がいくようになり、糖尿病をはじめ、あらゆる病気が改善し体調がよくなります。

つまり、神経のつまりが原因で、すい臓のベータ細胞がインスリンを適切に分泌しなくなっている原因だというのです。

それで、安易に血糖値を下げる薬を飲むのではなく、まず首の後ろを押して、神経の流れを正す必要があるということです。

 

耳の後ろを押して血糖値が大幅に改善!

血糖値

実際、薬を飲んでも下がらなかった糖尿の血糖値が、

”首の後ろを押したら見事正常化した”という症例も掲載されていました。

その一部を紹介します。

・・・それから、月に1回施術を受けることになり、その間は、”ピンポイント療法”を自分でやるように勧めてくれました。

ピンポイント療法とは、複式呼吸をしながら、左右どちらかの首の後ろを押すという、自分でできる治療法です。

先生に調べてもらうと、私の場合は左側が押すポイントとのことでした。

その日から、私は毎日、朝と晩に欠かさずピンポイント療法を行うようにしています。それ以外には、昼間思いついたときにも、しばしば行うようにしました。

このように、自分で耳の後ろを押していたところ、三ヶ月がたったときの内科の定期健診で、糖尿病の数値が少し下がっていることがわかりました

そして、数値が劇的に改善していたのが、ピンポイント療法を始めて四ヵ月後に受けた検査のときでした。

このとき、血糖値は91㎎、ヘモグロビンA1cは6.6%まで下がっていたのです。

今まで、薬を飲んでいてもなかなか下がらなかったのに、こんなに数値が下がるとは、うれしいやら驚くやらといったところです。

 

ピンポイントの見つけ方

ピンポイント療法のやり方①

出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

①肩の力を抜いて、顔をまっすぐ前に向ける。

②耳たぶの付け根のすぐ裏側を探ると、かたい大きな骨の出っ張り(乳様突起)があるのがわかる。その骨の出っ張りのすぐ下から、1ミリ前方がポイントになる。

③左右の手の中指の先端で、左右のポイントを同時に軽く押してみる。痛みや不快な感覚のある側が、押すポイントになる。

 

乳状突起とは?

乳様突起

出典:tp-lesson.com

耳の後にポッコリと出ている骨を乳状突起といいます。

この骨には非常に重要な筋肉が付着しており、この筋肉に負担がかかり過ぎると様々な痛みや症状を引き起こします。

 

ピンポイント療法のやり方

ピンポイント療法のやり方②

出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

①肩の力を抜いて、顔をまっすぐ前に向ける。

②ポイントのある側の手の中指の先端で、首の後ろのポイントを、ごく軽くふれる程度の力で押す。


③60秒間、ポイントを押し続けながら複式呼吸を行う。腹式呼吸は、鼻から息を吸って(おなかをふくらませる)、口から吐く(おなかをへこませる)。 

 

まとめ

まとめ

脳からの全ての臓器への指令は、首の後ろを必ず通って下へと降りて行きます。

首は脳と体を繋いでいる重要な通り道で、神経をはじめ、頸動脈やリンパ管なども通っています。

それで、神経のつまりや血液、リンパの流れが悪くなると、臓器をはじめとした体のあらゆる部分に悪い影響を及ぼすものと思われます。

 

松久正先生は、神経のつまりがあらゆる病気を招く原因になっているというのです。

首の後ろを押すと、神経のつまりが取れて高血圧や糖尿病だけでなく、心臓病、脳梗塞、ガン、アレルギー病まで治るとのことです。

 

血圧や血糖値の改善には薬草を!

健康茶日本山人参の効果・効能とは?

薬を使わず血圧や血糖値を改善するには、日本山人参(ヒュウガトウキ)という薬草が最適です。

 

私が思うには首の後ろを押しながら、この薬草を飲めばより効果が期待できるのではないかと思います。

健康茶日本山人参の効果効能とは?

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

首の後ろを押す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 女性ホルモンはオーガニズム!セックスorひとりエッチ?

  • パンが食べたい人に!ダイエットパンと太らないパンの食べ方

  • 夫婦生活はスキンシップでラブラブ!40,50代セックスレスだって改善!

  • 50代ぶよぶよお腹が・・・!大場久美子ダイエットと医学博士直伝の体操とは?

関連記事

  • 血圧が正常なのにまさか脳卒中体質に!?|ためしてガッテン

  • 血圧はなぜ上がるのか? まさかピストル血圧?

  • 歯周病菌が肝炎・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など全身疾患の原因とは?

  • 血圧の変動パターンを抑えておくと?

  • ヒュウガトウキ(日本山人参)で血液サラサラ!

  • 血圧を上げるホルモンとは?役に立つ抗血栓点ランキング