1. TOP
  2. 高齢者の血圧の正常値は?|高齢者の高血圧には日本山人参(ヒュウガトウキ)がお勧め!

高齢者の血圧の正常値は?|高齢者の高血圧には日本山人参(ヒュウガトウキ)がお勧め!

高齢者高血圧

高齢者の場合、60歳代の約60%以上、70歳以上の約70%以上が高血圧にかかっているとされており、受診率も他の病気を抜いて第1位になっています。

 

高齢になるにしたがって、血管の老化が進み硬くなります。

また、高齢者は食塩感受性が高く、腎臓に障害がある高齢者の場合、食塩の排泄がうまくいかず、血圧が正常範囲まで戻らず、高いまま維持されてしまいます。

 

ところが血圧の基準値は、高齢者も含めて上が130mmHg以上、下が85mmHg以上なら「血圧が高い」と診断されるのです。

 

血圧の正常値の基準値が、若い人と同じというのは、疑問が残ります。

 

実際、少々血圧が基準値を超えても、正常、問題ないと診断されているお医者さんも多いです。

 

また、人間ドック学会が血圧の正常値の範囲を95mmHg~148mmHgと提案したことも、その疑問に拍車をかけます。

 

高齢者の血圧は急に下げすぎると危険?徐々に血圧を下げる日本山人参がお勧め!

高齢者の血圧をコントロールする場合、日本高血圧学界が定めた基準に杓子定規の当てはめるのではなく、個人の体調に合わせて慎重に管理する必要があります。

 

救急車

血圧が高いと、心臓病や脳卒中で死に至るとういうことで、安易に血圧降下剤に手を出すと、副作用として心筋梗塞や脳梗塞になりやすいとの指摘もあるのです。

 

確かに血管が破れる脳出血には血圧降下剤は有効ですが、血圧を下げ過ぎると、本来体が必要としている血流が不足して、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるというデータもあるのです。

 

脳梗塞や心筋梗塞は血管が詰まったり、血液の流れが極端に悪くなって引き起こされますので容易に納得できます。

 

高血圧で体調がすぐれないときは、血圧降下剤に頼るのは仕方がないと思います。

 

でも体調はいいのに、単に血圧が高いという理由だけで、血圧降下剤に頼り過ぎると、自律神経の働きを狂わせ免疫力を低下させ、かえって様々な病気を引き起こす原因になります。

 

血圧降下剤を飲む前に、まず原因となる生活習慣を見直すことが大切です。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)を毎日欠かさずのみ続ければ、徐々に血圧は下がってきます。

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

 

血圧降下剤のように、急激に血圧を下げることはないので、とくに高齢者にはお勧めです。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)には、動脈硬化を防ぐと同時に血管を拡張し、血液をサラサラにする力が備わっています。

 

それで結果として、血圧も下がっていくのです。日本山人参(ヒュウガトウキ)は、血管のスペシャリストとも言える薬草なのです。

 

高齢者の高血圧の特徴は 最高と最低の血圧の差が大きくなる傾向がある

比較的若い世代の初期の血圧は、最低血圧が高くなる傾向がありますが、60歳を過ぎると最高血圧が加速度的に上がっていきます。でも、最低血圧は逆に下がっていきます。

 

これは太い血管の動脈硬化が進んできているからです。

 

動脈硬化が進み、血管が硬くなり弾力性を失うと、血圧を上げないと、全身に必要な血液を十分に巡らせることができないのです。

 

高齢者に高血圧患者が多いのは自然の成り行きといえます。

 

動脈硬化が全身に広がると脳、心臓、腎臓などの主な臓器の血流量は低くなる傾向を示します。脳、心臓、腎臓などの臓器障害や合併症を伴いやすいのも高齢者の高血圧の特徴です。

 

【健康茶(薬草茶)の関連記事】

蓬莱の健康茶

蓬莱の健康茶(日本山人参)の効果・効能

ストレス解消法

逆効果にならない40代からのストレス解消方法とは?

 

更年期障害

40代・50代更年期障害で悩む4つの不安や恐怖とは?

パニック障害

自律神経失調症は高血圧の原因にも!その効果的改善法!



問い合わせ

お問い合わせ






もしお聞きしたいことや悩み等がありましたら、なんでもお気軽にご連絡ください。

私に残された人生、

あなたの健康と幸せのために、少しでもお役に立てたらと思っています。