謎の「松果体」を活性化するには太陽凝視が一番!

松果体活性化のコツ

開き直り

出典:masato-yana

松果体を活性化するには大前提があります。

つまり、開き直りの天才バカボンのパパのように「これでいいのだ~♪」と開き直れるかです。

開き直ることさえできれば、”蛇”(常識や固定観念、潜在意識など)が邪魔してくることはなくなるのです。

そして、宇宙の叡智を適正に受け取ることができるようになります。

開き直り心を冷やさないようにするには下記の記事は役に立ちます。

本当はこの世には”いい”も”悪い”もない!

 

そして、ぜひ実践して頂きたいのが穏やかな太陽の光を見ることです。

昼間の強い日差しは避け、朝日の優しい日差しを見つめるのが一番いいです。

 

私がやっている太陽凝視のやり方

太陽凝視で潜在能力を引き出す!

私は、もう10年位太陽凝視をやっています。

最近は近くの神社の高台に早朝行って、太陽凝視をしています。それもただ漠然と太陽をみるのでなく、丹田に太陽のエネルギーを取り込みながらながらやっています。そして併せて、ストレッチや脳脊髄液や神経がスムーズに流れるようなセルフケアも行っています。

太陽凝視をするとき一番注意しているのが目の保護です。

「松果体革命」という本には書いてありませんが、裸足になるかアーシングTabiを履いてやっています。それは太陽の紫外線の害は、大地から足裏を通して、フリー電子が体内に入ってきて中和してくれるからです。それに指で三角形を作ってその中から太陽をみるようにしています。そうすると太陽の光がまぶしくないのです。

もう10年位太陽凝視をしていますが、目が潰れることなどありません。

目が潰れたという人は太陽凝視のやり方に問題があるのです。

また、木漏れ日を利用してやると日中でもできます。

松果体を活性化するという曲まであります。