コーヒーをよく飲む人は大腸がんのリスクが低い!

Contents

コーヒーは大腸がんに良いという研究結果

出典;www.msn.com

オランダ・ワーゲニンゲン大学のアビソラ・M・オイエレレ氏らの研究チームは、ステージI~IIIの大腸がん患者1719人を対象に食生活などを調査しました。

その結果、1日5杯以上のコーヒーを飲む患者は、1日1杯以下しか飲まない患者に比べて6年間の再発リスクが32%低いことが判明しました。

 

さらに、コーヒーの摂取と全死因での死亡リスクとの関連性も分析されました。

1日5杯以上のコーヒーを飲む人は、1杯以下の人よりも全死因での死亡率が29%低く、2~4杯飲む場合は38%低下していました。

つまり、最適なコーヒー摂取量は1日3~5杯であり、特に4杯飲むと死亡リスクが最も低くなると結論付けられました。