1. TOP
  2. お役立ち1
  3. お役立ち2
  4. 血圧の変動パターンを抑えておくと?

血圧の変動パターンを抑えておくと?

 2013/07/02 お役立ち2 この記事は約 2 分で読めます。 467 Views
血圧の1日の変化

血圧の変動パターンを抑えておくと、高血圧に適切に対処できます。

 そこでいくつか「暮らしと健康」より、知識として知っておかなければならない血圧についての興味が湧いた部分をピックアップしてみました。

1日の血圧の変動パターン

1日の血圧の変動には一つのパターンがあって、この変動パターンが正常血圧の人の変動パターンと違う人の場合、注意が必要です。

自分の1日の血圧の変動パターンを知っておけば、ある程度自分の高血圧の対処方法もより適切に具体的に対処できそうな気がしました。

 

正常血圧では一般的に昼は高く、夜になると1~2割低くなるという日内リズムがあり、これを繰り返しています。

ところが、夜になっても血圧が下がらない(夜間非降圧型)、あるいは逆に夜に上がってしまう(夜間昇圧型)人がいます。

 

また起床に伴ってだれでも血圧は上昇します。

7割くらいの人は1日のうちで起床後1時間以内の血圧が最も高くなります。

しかし、異常に高くなる(早朝高血圧)、あるいは夜間からの上昇幅が大きい(モーニングサージ)人がいます。

職場では血圧が高いけれどクリニックで測ると低くなる(仮面高血圧)人もいます。

夜間非降圧型、夜間昇圧型、早朝高血圧、モーニングサージ、仮面高血圧はいずれも心臓病や脳卒中リスクと関連します。

 

夜間型

夜間に血圧が下がらない、高くなる⇒脳卒中や心筋梗塞になる危険性がある。

 

仮面(職場型高血圧)

昼に血圧が高くなる⇒仕事がストレスになっている人が多い。

 

モーニングサージ

 早朝に血圧が上がる⇒脳卒中や心筋梗塞になる危険性が高い。

朝高い人は夜も高い可能性がある。多忙な男性に多い。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦お役立ちの注目記事を受け取ろう

血圧の1日の変化

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦お役立ちの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 40代究極の若返り方法~アーシング&薬草(神草)

  • 肉食生活は早死に?それとも若返って長生き?

  • 遺伝子検査のメリットとデメリット~あなたの肥満のタイプは?

  • 重度糖尿病「長州小力/森永卓郎」奮戦記!アーシングすると?

関連記事

  • 血圧は一日の間にこんなにも変化するものなんだ!!

  • 首の後ろを押すピンポイント療法をしてみたら?薬は飲まなくていい!

  • 血圧・血糖値をよく下げるベスト食品とは?

  • ある薬草が奇跡を起こした?

  • アスパラは血圧やイライラにもいい!|その保存方法と美味しい食べ方

  • チョコレートのスゴすぎる効果・効能~どんなチョコがいいか