1. TOP
  2. お役立ち1
  3. お役立ち2
  4. 高血圧に効果的運動とは?

高血圧に効果的運動とは?

 2013/07/12 お役立ち2 この記事は約 2 分で読めます。 1,027 Views
有酸素運動

運動は運動自体血流の流れをスムースにし血圧を下げる効果がありますが、それと同時に運動することで、減量効果を高めることができます。

節食による減量はリバウンドが大きく、途中で挫折することが多いです。

ところが減量と運動を上手に組み合わせることで、統計的にも減量がうまくいくことがわかっています。

それに運動だけで減量しようとすると大変な努力が必要となります。

カロリー制限と運動を上手に組み合わせることが減量成功の秘訣なのです。

筋肉を伸縮させる等張性運動で血圧を下げる

運動には、力こぶを作る運動である等尺性運動と全身の筋肉を動かす等張性運動の2つがあります。

等尺性運動は筋肉は収縮したままになって血液は流れににくくなりますので、高血圧の人にはあまり向いてはいません。

等張性運動は筋肉を伸ばしたり縮めたりしますので、血圧の流れがよくなります。

等張性運動にはウォーキングや水泳などありますが、高血圧の人には適した運動といえます。

 

ふくらはぎのポンプ作用を促す

心臓より送り出された血液が重力にさからって再び心臓に戻っていくのは、ふくらはぎにポンプ作用があるからです。

そのためふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれています。

静脈には、血液が逆流しないように「ハ」の字の弁がいくつかついていて、ふくらはぎにも弁がついています。

ふくらはぎをよく動かすと、弁の助けを借りながら血液が効率よく心臓へ戻っていきます。

かかとを上げるとふくらはぎの筋肉に圧迫されて静脈は狭まり、かかとを下ろすとふくらはぎの筋肉の圧迫がなくなり静脈は拡張します。

このふくらはぎの動作を繰り返すことで、血液はスムースに心臓へ戻っていきます。

ふくらはぎの筋肉を動かすウォーキングなどをするとこのポンプ作用が活発になって血液循環がスムースに行くようになり、血圧も下がってきます。

 

ウォーキングなどの運動は血液の流れをスムースにするだけでなく、さらに減量や心身のリラックス効果もありますから、高血圧防止には欠かせない要素です。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦お役立ちの注目記事を受け取ろう

有酸素運動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦お役立ちの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 肉食生活は早死に?それとも若返って長生き?

  • 遺伝子検査のメリットとデメリット~あなたの肥満のタイプは?

  • 重度糖尿病「長州小力/森永卓郎」奮戦記!アーシングすると?

  • 超簡単!正しい歩き方のコツ|悪い歩き方をしていると・・・

関連記事

  • 血圧は一日の間にこんなにも変化するものなんだ!!

  • 絶景冬の露天風呂は高血圧の人や高齢者にとっては入浴事故のもと!

  • 血圧はなぜ上がるのか? ピストル血圧には特に注意が必要!

  • 下の血圧が上がってくると?

  • 腸が心や健康を支配し、血圧や肥満とも密接に関係!

  • 血圧を下げるには「リラックス呼吸法+健康茶」だ!