血圧をラクに下げるには?

高血圧患者は、全国に約4000万人いると言われていますが、自覚症状があまりないため、治療に専念している人はほんのわずかです。

しかも治療に専念している人でもその大半は、薬に頼っているのが現実で、高血圧に関する事実さえ知らない人が多いです。

そんな人ためにNHKためしてガッテン「脱・高血圧の超常識」の雑誌をお勧めします。

その雑誌によると「高血圧」の落とし穴として「薬を飲んでいるから大丈夫」「まだ少し高めくらいだから大丈夫」だと思ってはいけないと書いてあります。

それは新事実として、突然死のリスクが高い(検査では発見しにくい)「仮面高血圧」の可能性が大きいからだそうです

高血圧で元気な人が突然死ぬ!なぜ?

 

具体的には、血圧を下げ、突然死を防ぐためには、薬に頼るだけではダメで、高血圧の7つの新事実をまず知れば、血圧をラクに下げることができます。

それで、高血圧の7つの新事実の概要だけを紹介いたします。

これを頭の片隅にいれておくだけで、いざという時役に立ちます。

血圧を下げようと思ったら、最低限知っておかないといけない知識です。

 

<高血圧の7つの新事実>

血圧対策

①検診や検査で見つからない高血圧があった!

②重要なのは目覚めたときの血圧だった!

③隠れた高血圧が突然死を招く!
→①②③の補足:「仮面高血圧」のひとつでとくに「早朝高血圧」は突然死を招きやすい最も危険なタイプ。検査では発見しにくい。

④睡眠不足は高血圧の序章

⑤呼吸を意識すれば高血圧の予防に効果的

深い呼吸

深い呼吸ができないと・・・でも、できるようになると心も体も変わる!

⑥足のむくみで血流が停滞し、血圧が不安定に

⑦腎臓の働きが弱まると高血圧を引き起こす!