1. TOP
  2. 子育てを終えた主婦に糖尿病の恐怖とは?

子育てを終えた主婦に糖尿病の恐怖とは?

無理な糖質オフ

子育てを終えた主婦に糖尿病が多いという驚きの事実を、あなたはご存知でしたか?

 

日本国民の約5人に1人が糖尿病かその予備群です。

 

糖尿病は、ご飯、パン、イモ類などやお菓子などの甘いものに

多く含まれる糖質が主な原因です。

 

そして、体内に取り込まれた糖をうまく利用できないと、血液中の糖が溢れ高血糖状態になってしまいます。

 

これが、いわゆる糖尿病です。 

日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡

症状が進行すると失明したり、足が壊死したりするなど、極めて恐ろしい症状を引き起こします。

 

あなたも写真のようには、なりたくないですよね!

 

なぜ子育てを終えた主婦に糖尿病が急増しているのか?

日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡

子育てを終えた主婦に糖尿病が多いと指摘しているのは、しんクリニックの内科医辛浩基先生です。

 

子育てを終えると暇になって、テレビを見ながらお菓子を食べたりするため、ぽっちゃり型の主婦が増えているというのです。

 

太ってきて、肝臓などに脂肪が貯まると、インスリンの効きを悪くする物質が分泌され、血糖値が下がりにくくなるのです。

 

それで、太ってぽっちゃり型になってしまうと、糖尿病になりやすいというワケです。

 

また、主婦の方は糖尿病に気づいた時には、かなり重症化してることが多いといいます。

それは、人間ドックや健康診断の機会が非常にすくないからです。

 

糖尿病の意外な初期症状とは?

歯周病

2型糖尿病は、症状がかなり進行していても、なかなか自覚できにくいものです。

でも、意外な初期症状が出ることがあります。

それは、歯周病や膀胱炎みたいな細菌感染症に対しても大きな影響を与えているのです。

 

あなたのその歯周病や膀胱炎!

ひょっとしたら、糖尿病が原因ではありませんか?

 

また、夜中に3回以上トイレに行く人も注意が必要です。



血糖値が高くなると、血糖のブドウ糖を尿として排出するため、

多尿・頻尿になるのです。

 

糖尿病かどうかの簡単なチェック方法

出典:タニタ電子尿糖計

出典:タニタ電子尿糖計


糖尿病かどうかのチェック方法は、尿糖試験紙で簡単に調べることができます。

食後1~2時間の尿を尿糖試験紙かけて、色が黄色から緑色に変わってくるようであれば糖尿病の可能性があるということです。

 

尿糖試験紙は薬局やドラッグストアで販売していますので、上のような症状がある人は、一度調べてみるといいです。

 

糖尿病と高血圧がお互いに影響し合うと超怖い!!

ガン治療

さらに、40代以降は次第に血圧も上がってきます。

それで糖尿病になったら、まず血圧もチェックする必要があります。

糖尿病患者の約4割~6割の人が高血圧も併せ持っているのです。

 

高血圧も糖尿病も、最初は何の自覚症状もないまま進行しますが、お互いに影響し合ってさまざまな合併症を引き起こす危険性が高まるのです。

高血圧と糖尿病が影響し合うと、高血圧が糖尿病を悪化させ、さらに糖尿病が高血圧を悪化させるという悪循環に陥ってしまいます。

 

そうなると、動脈硬化が進みやすくなり、脳卒中や心臓病などの死に至る病気になる危険性が高まります。

 

また血圧が高いと、糖尿病の合併症である糖尿病性腎症や網膜症も急速に進みます。

 

心臓病や脳血管疾患発症の危険性も、高血圧と糖尿病の両方を併せ持っている人はそうでない人に比べ数倍も高まります。

 

そういう点では、薬草 日本山人参(ヒュウガトウキ)は、高血圧にも高血糖値にも効果的に働きますから、あなたの力強い味方になってくれます。

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

 

血糖コントロールに苦しんでいるあなたに日本山人参(ヒュウガトウキ)を!

日本山人参(ヒュウガトウキ)の奇跡

糖尿病いう病気は一度その症状が出たら治る病気ではありませんが、血糖コントロールさえうまくいけば、普通の生活をおくれます。

 

ただ薬を飲んでもなかなか血糖値が改善せず、血糖コントロールに苦しんでいる人も多いようです。

 

でも心配はいりません。

 

日本山人参草ヒュウガトウキ)を服用したら、各種臨床テストの結果、血糖コントロールが速やかに、かつ完全にうまくいくことが多ったという事例が報告されているのです。

下記の実施検証事例をご覧ください。

 

糖尿病で何故手足がしびれるのか?

痺れ、痛み

人が糖尿病状態となって血糖値の高い状態ー血糖コントロールがうまくいかない状態が続くと、神経血管内皮細胞および周囲細胞内でアルドース還元酵素が働いて、抹消神経内にソルビトールが蓄積し、神経組織が変性を起こしてきます。

 

その結果、自覚症状としてはとくに四肢のしびれ感や、ジンジンする痛みが出現し、検査所見としては神経伝導速度の遅延や振動覚の低下が見られるようになります。

 

すなわち、明らかな抹消神経阻害が証明されるのです。

 

ここでアルドース還元酵素の働きを抑制すれば、グルコースからソルビトールへの変換が抑制され、高血糖の結果起こる糖尿病性抹消神経障害を防ぐことができるというわけです。

 

現代医薬品でも、十数年前からアルドース還元酵素阻害剤が開発され、すでに臨床応用されています。

漢方薬のなかにも同じ作用をもつ漢方が知られています。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)には「末梢神経にソルビトールが蓄積するのを防止する物質」「インシュリン活性を高める物質」が含まれています。

 

それで、手足のしびれの改善はもちろんのこと、お医者さんもびっくりするほどの血糖改善がみられる場合が多いのです。

 

ヒュウガトウキの糖尿病に関する実施検証事例

ヒュウガトウキの糖尿病に関する実施検証事例は下記のブログより確認することができます。

糖尿病の専門医もビックリ~血糖値の改善事例!

糖尿病の診断が間違っていたのかなあ・・・・

糖尿病性の下肢動脈閉塞症の疼痛のひどい患者が劇的に改善した治療法とは?

 

【健康茶(薬草茶)の関連記事】

蓬莱の健康茶

蓬莱の健康茶(日本山人参)の効果・効能

ストレス解消法

逆効果にならない40代からのストレス解消方法とは?

 

更年期障害

40代・50代更年期障害で悩む4つの不安や恐怖とは?

パニック障害

自律神経失調症は高血圧の原因にも!その効果的改善法!

 





問い合わせ

お問い合わせ





もしお聞きしたいことや悩み等がありましたら、なんでもお気軽にご連絡ください。

私に残された人生、

あなたの健康と幸せのために、少しでもお役に立てたらと思っています。