あなたの肥満のタイプは遺伝子検査をすれば分かる!

あなたの肥満タイプは?

あのたを悩ませているその肥満・・・・

どんなタイプかわかりますか?

昨今、遺伝子検査が静かなブームを呼んでいまが、実は遺伝子検査であなたの肥満タイプがわかるのです。真剣に痩せたいなら、自分のタイプを知った上でやった方が効果があります。

 

しかも、遺伝子は変えることができることが、最新の研究で分かっています。

肥満対策をしっかりやって、肥満体質そのものも変えましょう!

あなたの肥満タイプは?

肥満のタイプ

肥満タイプが分かるのがDHC肥満対策キットです。

日本人の96%がいずれにか影響を受けているといわれる3つの肥満遺伝子を調べます。

そして、肥満遺伝子タイプ毎に自分が太りやすくなる要因を調べます。

 

つまり、以下のようなことがわかるのです。

◆リンゴ型~糖質で太りやすいタイプ
◆洋なし型~脂質でりやすいタイプ
◆バナナ型~筋肉がつきにくいタイプ
◆アダム・イヴ型~生活習慣に問題あり?タイプ

 

意外と太りやすいタイプの思い込み違いは多いです。

真剣に痩せたいなら、試してみる価値はあります。

下記は28歳女性の事例です。

検査を受けるまで、自分は、絶対に「洋ナシ型」だと、思い込んでしまった。結果は、「リンゴ型」でした。内心、ええ~っと思いつつ、パーソナルカルテを読んでいくと、納得!真剣に痩せたい人には、本当に試して欲しい!!やってよかったです^^

「脂肪がつきやすい体質だ」「同じ分量を食べても太る人と太らない人がいる」といったように、人間の太り方は、持っている遺伝子によって変わる面が多分にある。人の遺伝子は、2万2000程あるなかで、肥満に関わる遺伝子は60種類程度。なかでも3種類の遺伝子が肥満に対して大きな影響を与えていることがわかってきた。それが、「リンゴ型(β3AR遺伝子)」「洋なし型(UCPI遺伝子)」「バナナ型(β2AR遺伝子)」という肥満の体質区分。この各タイプに応じた、効果的な痩せ方を指南する!

 

どうやって検査するかについては、下記のYutube動画をご覧ください。