大麦ご飯が慈恵大学病院でも美味しいと大注目!

ほくほくの大麦ごはんにするには

出典:癒し系の・・

出典:癒し系の・・

京都老舗のほくほくの大麦ごはんにする秘密を紹介します。

押し麦が3、米が7の割合で、米は麦との違和感をなくそうと考え、少し大粒のお米でもっちりという食感よりは、むしろパサッとした食感のものを使用するのがコツだそうです。そして、大事なポイントが2時間、浸漬しておくことです。

お米は浸水してから10分ほどで水を吸わなくなるが、大麦はじわじわと水を吸い続け、2時間後にやっと最大浸水時間になります。

そのたっぷりと水を含んだ大麦をガス釜で20分炊き上げ、そして、炊きあがって10分蒸らします。上下に返したあと、さらに蒸らします。ここで、蒸らしは”白米より5分長く”がポイントです。

コツさえつかめば、家庭でもふっくら麦ごはん(大麦)を炊けます。

また、白麦(押し麦の半分)を使うと、給水時間は早く、ふっくら炊けますので、ぜひ試してみてください。