スタミナ不足を解消するにはミトコンドリア!

スタミナ不足

40歳を過ぎるころから、誰もが次のようなスタミナ不足の自覚をするようになります。

「若い時ほど無理がきかなくなった」「毎日の買い物がな~んだかちょっとしんどい」「家事をするのがすご~く面倒」・・・・

ところが、その鍵を握っていたのはミトコンドリアだったんです。(「ためしてガッテン」で放映)

 

だから、スタミナ不足を解消するにはミトコンドリアを活性化することだったんです。

スタミナはミトコンドリア次第

出典:asaichi

実は、スタミナがあるかないかは細胞の中にあるミトコンドリア次第だったのです。

ミトコンドリアが年とともに減ってきて、そのことがスタミナ不足の原因になっていたのです。

surprise-98460_640

しかも、認知証やがんになりやすくなるのも、ミトコンドリア不足が原因だったと言うのです。

それで、ミトコンドリアを増やすことこそが活力の決めてだったのです。

 

エネルギーを作り出す

ミトコンドリア

スタミナのもとミトコンドリアはひとつの細胞に数100個~3000個あります。

 

ミトコンドリアは、食事から摂取した脂と糖、呼吸から得られた酸素を使って、ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作り出す重要な働きをしています。

つまり、ミトコンドリアが作るATPの働きによって、腕の筋肉や心臓の筋肉、脳の神経がちゃんと情報を伝えられるようにしているのです。

ATPは私達の体のエネルギーなのです。

ミトコンドリアが1日に作るATPは50キロにも及びます。

ATPを作るミトコンドリアがなければ私たちは生きていけないのです。

 

太陽にあたると発癌しにくい

安保徹先生

出典:dailyrootsfinder.com

安保徹先生によると、太陽の光にしっかり当たっていると発癌しにくくなるといいます。

それは、癌はストレスで悪化した内部環境に適応するためにミトコンドリアを削る遺伝子変異だということがわかったからです。

つまり、安保先生が言うにはミトコンドリアを削る遺伝子変異が発癌の仕組みだと言うのです。